五戸川トウホクイワナ

昨日は国道454号線で秋田県と青森県の県境に泊まった。
雨が時々降っていた。
朝起きると山を下る。
五戸川の源流がある。
川の水量を見ながらこれくらいならイワナが生息できるというところまで下る。
道から落ち込みが見えたので降りていく。
熊笹だらけである。熊笹を右に左にと分けながら少しずつ進む。
落ち込みに熊笹が伸びている。
足で踏んづけたり、退けたりして釣る場所を作る。
50㎝の提灯釣りである。
でも、すぐトウホクイワナが来た。
さすがここには釣り人が入っていないなと思う。
小さいが続けて3匹来た。
元の所にリリースするしかなかったが来なくなった。
上流に向かう。
足もとからさっとイワナが逃げる。
小さい滝があるが滝つぼに流木がいっぱいあり釣る場所がない。
更にこの滝は高巻かなくては上流に行けない。
熊笹をかき分け藪漕ぎする。
滝の上流に出たががっくりである。
滝の上流はなだらかなのである。
それに料岸には熊笹が生えている。
川の中を歩く。
川の中を歩いているとさっとイワナが逃げる。
こんなところで餌を取っているのかと気が付く。
川は砂利石でも敷いたようなところを流れている。
流木でせき止められ落ち込みが出来ていればなーと上る。
ちょっとポイントがある。でも来ない。
いよいよ熊笹が川に生い茂って遡行も出来なくなってきた。
その先にポイントがある。
あそこを釣って終わりにしようとそっと近づく。
やっと小さいトウホクイワナが来た。
8時だが終わりにする。
山道を歩くように川の中を下る。
もっと下流を釣ることにして地図を調べる。
小さい支流に権現ノ滝というのがある。
さらに調べると本流に砂防ダムがある。
砂防ダムを釣ることにして探す。
道からは川が見えない。歩きながら落ち込みの音を聞く。
ここだと藪漕ぎで降りていく。途中から釣り人の足跡が有り楽に降りられた。
誰も入らないだろうと思っていたが地元の人は知っているのである。
落ち込みはコンクリートでできていてだめであるがすぐのところに小さい落ち込みがある。
ビデオをセットして粘る。
10分くらいすると小さいトウホクイワナが来た。
更に10分すると20㎝のトウホクイワナが来た。
また10分で3匹目、40分経つと4匹目が来た。
いずれも小さい。大きいのは釣られたと思う。
その後がこないので終わりにした。
明日は奥入瀬渓流の調子の滝を釣ってみることにする。

五戸川の源流で熊笹をかき分け釣る。
DSCF1578.JPG
トウホクイワナが来た。
DSCF1574.JPGDSCF1575.JPG
小さいトウホクイワナが3匹続けてきた。
DSCF1579.JPGDSCF1582.JPG
滝の上流は砂利を敷いたような流れとなる。
DSCF1584.JPG
更に登っていると熊笹が覆い茂げるようになる。
DSCF1585.JPG
熊笹の間から釣り、引っ張り出す。トウホクイワナである。
DSCF1591.JPGDSCF1587.JPG
本流の砂防ダムの下流の落ち込みを釣る。トウホクイワナが来た。
MAH01072(1).jpgMAH01072(2).jpgMAH01072(3).jpgDSCF1593.JPGDSCF1594.JPG
2匹目は20㎝である。オレンジの斑点になってきている。
MAH01072(4).jpgMAH01072(6).jpgDSCF1601.JPGDSCF1598.JPG
3匹目。
MAH01072(9).jpgMAH01072(10).jpgDSCF1603.JPG
4匹目。
MAH01072(13).jpgMAH01072(15).jpgDSCF1608.JPG
十和田湖による。懐かしい乙女の像を見に行った。新婚の時やってきて以来の54年ぶりである。
DSCF1618.JPG42年8月鯵ヶ沢十和田湖1.JPG

at:五戸川源流記す
   十和田湖湖畔アップ 

根係しながらやっと1匹のトウホクイワナ

昨夜は大湯川の支流の空き地に泊まった。
夜は雨が降ったりやんだりとだったが結構降っていた。
朝もまだ雨が降っている。
ここ連日の雨である。今頃が梅雨なのかなと思う。
この支流は国道の下を流れるので砂防ダムで防護している。
支流を見ると少し濁っている。水が増えている。
小さい砂防ダムがあるのでそこを釣る。
落ち込みの割に水量が多いので流れが速くなっている。
来ない。上流に向かう。
釣り人の足跡がはっきりついている。
驚いたことに小さい砂防ダムが沢山ある。
一つずつ釣り上がる。中には落ち込みのない砂防ダムもあるが飛ばす。
なまじっか砂防ダムが小さいので落ち込みに流木が多い。
根係ばかりする。
この砂防ダムは居ると思ったところでは5つも切れてしまった。
あきらめる。
小さい砂防ダムを10ケ所くらい釣ったが釣られていると見えてこなかった。
根係でハリスが10個切れてしまった。
砂防ダムが針金を使った蛇の目かごに石を入れたものでできており。その針金に流木が引っかかっていると後で気が付いた。
8時半に終わりにする。
大湯川と思ったが本流は禁漁区になっている。
また支流に入る。滝があるとなっているので歩いて登る。
小さい支流の割に立派な滝だが肝心の滝つぼがない。
下りながらポイントを釣っているとやっと1匹トウホクイワナが来た。
斑点がオレンジになっている。
明日は五戸川の源流を目指す。
ガソリンが無くなったので大湯温泉まで下ってきた。ついでに温泉にも入った。

予定していたところは通行止めになっている。理由は熊が出没したからとある。
DSCF1557.JPGDSCF1555.JPG
別の支流で小さい砂防ダムを釣る。来ない。
MAH01068(1).jpg
沢山ある砂防ダムを釣るも根係ばかりである。
DSCF1558.JPGDSCF1560.JPG
支流に有る滝であるが滝つぼがない。
DSCF1562.JPG
下流のポイントでやっとトウホクイワナが来た。オレンジになりかけている。
DSCF1563.JPGDSCF1572.JPGDSCF1565.JPGDSCF1570.JPG
本流は禁漁区になっている。
DSCF1573.JPG

at:国道103号線空き地(秋田県)
   大湯温泉共同浴場「湯都里」(230円:入浴料)アップ

川尻川ボウズ

昨夜は道の駅「おおの」に泊まった。
今朝起きて移動する。
川尻川の中流域である。
河口から4~5kmくらいの所である。
昨日の日記に書いたが20年前に釣りに寄ってアメマスを釣ったところである。
今の時期はアメマスは居ないと思うがイワナが居るかを調べるためである。
周りがコンクリートで固められている。
落ち込みも浅くなっている。
でも釣り始める。
40分くらい粘ったが来なかった。
上流に登ったと考え源流に行くことにして移動を始める。
そしてがっくりする。
今釣ったすぐ上流で護岸の大々的な工事を行っているのである。
源流に向かっていると大滝があるという。
そこを探しながら上がっていく。
目指した大滝に着いた。滝沢大滝となっている。神社もある。
降りていく。水量はイワナが生息できるくらいある。
でも、こんなに民家に近くてはどうかなと釣ってみるが来ない。
滝の落ち込みも小さく浅い。
下流の落ち込みを3か所ばかり釣ったが来ないので8時半に終わりにする。
下ってくる時は護岸工事をやっていた。釣った場所は濁っているのである。
これでは来ないわけだと思う。
でも、さらに下流で釣りをしている人が居た。見ていると釣っているのはヤマメである。
たぶんヤマメを放流していると思う。
ヤマメを放流しているとなるとなおさらイワナは源流に上っていると思う。
明日から青森県に入る。
最初は米代川の源流の大湯川である。
かなりの距離を移動する。
今も移動途中で買い物をしている。

川尻川の中流域で左岸、右岸を釣るも来なかった。上流で工事をしているのも影響していると思う。
20200706184626(1).jpg20200706184626(2).jpg
滝沢大滝である。
DSCF1550.JPGDSCF1548.JPG
釣ってみたが来なかった。
MAH01067(1).jpg
下流のポイントを釣るも来なかった。
DSCF1549.JPGDSCF1551.JPG
沢山のタラノ木がある。山菜取りが知れば喜ぶ。
DSCF1553.JPG

at:三戸町

アメマスのような老イワナ

昨夜は久慈川の支流の戸呂前川に泊まった。
朝起きると少し歩けば小さい支流があるのでそこを釣ることにした。
支流までの道はしっかりと釣り人の足跡が有り楽には入れる。
通常のポイントは釣り人に釣られていないだろうと違う場所を釣る。
特に老イワナが隠居していそうな場所を狙う。
するとすぐに老イワナが来た。
パーマークが無いのである。
まるでアメマスである。
でも小魚を食べるようなダム湖もないし、年を取ったイワナがパーマークが消えたものである。
釣り上がる。
久しぶりに渓流釣りをしている気分なる。
イワナ好みの渓である。
隠居場所と思うところを釣っても若いのが来る。トウホクイワナである。昼寝でもしていたのかなと思う。
上流に行くと魚影が出てきた。
足もとからさっと逃げる。
泳いでいるとイクラを流すと流れがおかしいと逃げてしまう。
この隠居場所にいると狙う。
イクラを入れると出てきたのは予想外の正面だった。
顔があってしまう。
しまったと思ったがイクラのところまで来たが引き返していってしまった。
結構大きい老イワナであった。
それでも4匹確認した時9時になったので下流の本流を釣ることにして下る。
戸呂前川は水量が多く渓流と言うより渓谷と行ったほうが良いくらい岩で囲まれている。
ただし、イワナ好みではない。丸い石でできているため隠れるところがないので雨で増水すれば流されてしまう。
ポイントと思うところを粘る。
20分するとトウホクイワナが来た。
11時まで粘って後がこないので終わりにした。
明日は川尻川を目指す。
あまり大きくはない川であるが20年くらい前のサラリーマン現役のころ北海道への釣行で八戸からフェリーで渡るのに時間があったので釣ったところである。
この時はアメマスが来たのである。
その後どうなっているかを確かめることにした。

支流で隠居場所を釣ると来た。
DSCF1519.JPGDSCF1511.JPG
パーマークがないイワナである。
DSCF1512.JPGDSCF1516.JPG
2匹目である。
DSCF1528.JPGDSCF1522.JPGDSCF1523.JPGDSCF1524.JPG
3匹目である。
DSCF1529.JPGDSCF1530.JPGDSCF1531.JPG
4匹目である。
DSCF1534.JPGDSCF1535.JPGDSCF1536.JPG
ここに居なければ終わりにすると決めて釣るも来ないので支流を止める。
MAH01061(1).jpg
戸呂前川に下ってきて釣る。
20200705213948(1).jpgMAH01063(1).jpg
撮っているつもりのビデオがとれていなかったがトウホクイワナが来た。
DSCF1541.JPGDSCF1542.JPG
支流で高巻く時つかんだ棘のある植物、夢中で藪漕ぎしているとのバラをつかむこともある。
DSCF1540.JPGDSCF1539.JPGDSCF1546.JPGDSCF1545.JPG
みずを鹿が食べている。
DSCF1520.JPGDSCF1521.JPG
昨日東京築地からイクラを取り寄せた。
DSCF1508.JPGDSCF1509.JPG

at:戸呂前川記す
   道の駅「おおの」(洋野町)アップ

過去の釣り動画の整理

7月3,4日の釣り動画を整理したのでアップする。

令和2年7月3日閉伊川刈屋川支流
見出し
20200702183434(4).jpgDSCF1452.JPG20200702193138(5).jpgDSCF1458.JPG
動画(約10分)


令和2年7月4日馬淵川源流
見出し
20200703165831(1).jpg20200703165831(4).jpgDSCF1479.JPG20200703194930(2).jpgDSCF1481.JPG
動画(約8分)


at:久慈市内

ボウズ

昨日は北上川の源流に向かった。
ところがどれが源流かわからない。
源流は東北新幹線、東北本線、国道4号線と通っており、意外と平らなところである。
岩手町となっており民家が沢山ある。
どの川を見ても水路のように流れている。
源流と思うところを目指した。
いわて子どもの森というところがあったのでそこの従業員に北上川の源流はどこか尋ねる。
すると川の道というところがあるそこと思いますという。
地図をコピーしてもらい、向かう。
支流と思って入りかけたところのようである。
入っていくと北上川源泉となっている。
公園のようになっている。
看板があり「弓はずの泉」となっており、平安時代天喜五年(1057年)戦乱が続いている時、炎暑が続き水不足となり兵馬が困っている時。源の義家が弓の「弓はず」で岩を突っついたところ水が出てきたという。これが北上川の源泉と言われるようになったとある。
湧水で水車を回している。
北上川の他の支流も調べるがどこもなだらかで釣りにならない。
北上川の源流はあきらめ、明後日予定している久慈川に向かうことにした。
移動途中で遅くなり腹が減ったので馬淵川の支流である元町川の源流の空き地に泊まる。
朝起きると折角だから元町川を釣ることにした。
藪漕ぎしながら降りていく。
川の水量は良いがなだらかである。
ポイントを探しながら釣りあがる。
足もとの浅いところからイワナが逃げた。
居るのかなと思いながら釣り上がるが来ない。
釣り人が入った形跡はないのでどうしてかなと思いながら釣る。
ポイントで泳いでいるイワナが居た。
そっと上流からイクラを流す。
イクラが近づくとさっと逃げてしまった。
すれているというよりイクラには重りが付いているので流れがおかしいと気づいたようである。
良いポイントがある。ここに居なければ居ないと思うところを釣るが来ない。
もっと上流に上っているのかなと思い。引き上げる。
車で上流に移動してこのあたりかなとブッシュをかき分け入っていく。
がっくりである。熊笹が両岸にびっしり生えていて遡行が出来ないのである。
引き上げる。
9時だが次を釣る気がしなくなったのと買出しがあるので終わりにする。
明日は久慈川の支流を目指す。

北上川の源泉の説明がある。
DSCF1487.JPG
湧き出た水で水車を回している。
DSCF1489.JPGDSCF1490.JPG
元町川の源流を釣るが来ない。
20200704184115(1).jpgDSCF1501.JPG
良いポイントがある。ここに居なければ居ないと釣るも来ない。
DSCF1504.JPG
上流に移動して降りて行ったが熊笹がびっしり生えていて釣りにならない。
DSCF1506.JPG
みずの大きいのがある。小指位である。
DSCF1505.JPG
at:元町川源流

馬淵川源流トウホクイワナ

昨日は馬淵川の源流を目指した。
道から川が離れる所の橋のたもとに泊まる。
橋には馬淵川の名前がある。
朝起きると鶯の声が何羽か聞こえる。
何羽も聞くのは久しぶりである。普通は一羽だけである。
ちょっと上流に砂防ダムが見える。
生い茂った柳の木の間を抜けながら入っていく。
まずまずの落ち込みであるが周りはコンクリートでできており、さらに柳が生い茂っているうえに手前からでは竿が届かない。
誰かが釣るためだと思うが大きい柳の木を切り落としたのが出っ張っているのでその上に上がり釣ることにする。
邪魔な柳の木を切り落とす。
そして釣り始めるがポイントにあとわずか届かない。
それでも何とか粘っているとやっとトウホクイワナが来た。
その後は来ないので終わりにして上流に向かう。
釣り人の足跡がはっきりついている。
ポイントを釣るも来ない。
平原を流れる小川になってきた。
終わりにして下流を釣ることにする。
下流の良い場所がありそうなところは木を伐採している。
水資源保安林との看板があるのになぜ切るのかなと思う。
木の下を川が流れている状況である。
既に切り終わって片付けたところまで下ってくると砂防ダムが見えた。
降りていく。砂防ダムは大きいが落ち込みは小さい。
雨が降っているので傘をさしてビデオをセットする。
釣り始めると一人降りてきて離れた水が少ないところを釣り始めた。
普通は人が釣っていると釣らないものと思うが気にしないようである。
10分くらい粘っているとトウホクイワナが来た。
更に粘っていると釣り人がこちらの落ち込みに来て釣り始める。
餌にぶどう虫を使っている。
自然の渓流釣りで割り込んできて釣るのは初めてである。
ワシは居ないようなのでどうぞと言って席を譲った。
下流に移動して釣り始める。
釣られていないようである。
9時に終わりにした。
明日は北上川の源流を目指す。

馬淵川の源流である。
DSCF1472.JPG
砂防ダムは柳の木が生い茂っている。邪魔なものは切り落とす。
MAH01053(1).jpg
砂防ダムで木の枝に上がり釣る。粘ってやっと一匹釣った。
20200703165831(1).jpg20200703165831(4).jpg
トウホクイワナである。
DSCF1476.JPGDSCF1479.JPG
下流の木が切られている。川が見えない。
DSCF1469.JPG
下流の砂防ダムを釣る。
20200703194930(1).jpg20200703194930(2).jpg
トウホクイワナが来た。
DSCF1481.JPGDSCF1482.JPG

at:道の駅「くずまき高原」

トウホクイワナ

昨日は閉伊川の支流の刈屋川の支流の源流に入った。
雨が降りそうなのであまり奥まで入らなかった。
朝起きるといい天気になった。
奥に入り始めると砂防ダムが二つみえてきた。
奥まで入らなくても砂防ダムで確認できればと釣りに降りる。
水量が多くポイントが無い。
どの川でもそうであるが増水するとポイントが少なくなる。
普段のポイントは増水で流れが速くなりイワナは居られないのである。
でもどこかに移動して餌を取っているはずである。
それを探すのが難しい。
まだ砂防ダムの方が釣りやすいのである。
一つ目の砂防ダムを釣り始めるが流れが速い。
イクラを流しながらポイントを調べる。
20分くらいしてトウホクイワナが来た。
でもその後は来ない。
100mくらい上流にある砂防ダムに行く。
こちらの落ち込みが大きい。
しかし、生息するところは下流のダムとの間は流れが速くてだめなのでこの砂防ダムの落ち込みだけになる。
釣られれば居なくなる。
と思いながら粘っていると小さいトウホクイワナが来た。
更に粘っているとまた小さいトウホクイワナが来た。
親は釣られたと思う。
後がこないので9時に終わりにする。
小さいながらも3匹確認したので奥に入るのを止める。
移動の途中は刈屋川の源流になるのでそこを釣ることにする。
どれが源流かはわからないが源流らしきところに入る。
滝のような音がする。降りていくと砂防ダムがある。
釣ってみたが来なかった。
上流に上りポイントを釣るが来ない。
川はなだらかとなったので10時半に終わりにした。
明日は馬淵川の源流を釣ることにする。

砂防ダムを粘って釣っているとトウホクイワナが来た。
20200702183434(1).jpg20200702183434(2).jpg20200702183434(4).jpgDSCF1452.JPGDSCF1453.JPG
100m上流にある砂防ダムを釣る。
20200702193138(4).jpg20200702193138(5).jpg
トウホクイワナである。
>DSCF1458.JPG
二匹目が来た。
20200702193138(7).jpg20200702193138(9).jpgDSCF1462.JPG
刈屋川の源流の砂防ダム絵を釣るも来ない。
20200702214303(1).jpg
その上流のポイントを釣るも来ない。
DSCF1466.JPG
川がなだらかになったので終わりにする。
DSCF1468.JPG

at:刈屋川源流記す
   岩泉町内アップ

濁流を釣るもボウズ

昨夜は道の駅「区界高原」に泊まった。
雨がかなり降り続いた。
今日は国道106号線沿いにある閉伊川の源流を釣ろうと思っていたが結構開けている。
川もなだらかなようである。
でも、閉伊川は濁流となり増水している。
支流に権現滝とあるのでここを釣るべく入っていく。
滝の上から見ることが出来る。
急峻を流れるような滝である。
濁流増水で結構迫力があるが肝心の滝つぼがない。
そのまま滑り台のように流れているのである。
釣りにならない。
上流はと見ると濁流である。
上流にある支流を釣ることにして入っていく。
支流は木材の切り出しのためか通行止めになっている。
そこから濁ってはいるが何とか釣れそうなので降りていく。
しっかりと釣り人の足跡がある。
車で入れるところはほとんど釣り人が入っている。
あまり渓相は良くない。
ポイントを探しながら釣りあがる。
来ない。
9時半まで釣り上って魚影も見えないし、こないので終わりにする。
終って林道を下っていると木材を切り出ししている人が車で上がってきた。
雨が降っても作業をやるのだと思った。
車で他を釣るべく出ていると更に3台もの車とすれ違った。
狭い林道である。
困ったと思っていると向こうの車がバックしてくれた。
国道に出てさらに違う支流に入る。
入っていると落ち込みが見えた。
あそこを釣ろうと入っていく道を探しているとしっかりと釣り人の入った道がある。
居ないかなと思ったが釣ってみることにする。
3か所ばかり釣ってみたが来なかった。
濁りはだいぶ取れて笹濁り位になっていた。
釣られたと思う。
11時におわりにした。
雨が降る中、濁流を釣ったのか疲れた。
2時間も昼寝をした。
明日もう一日閉伊川の支流を釣る予定である。

支流を釣るが来ない。
DSCF1446.JPGDSCF1447.JPG
小さい支流がある。こちらに避難しているかもしれないと釣り上がることにする。釣ってみたが来なかった。
DSCF1448.JPGDSCF1449.JPG
下りは林道に出る。下っていると切り出している木材が山のように積んである。
DSCF1450.JPG
権現滝である。急峻なところを滑り落ちるように流れている。
MAH01045(2).jpgMAH01046(1).jpg
その上流は濁流である。普段の数倍の水だと思う。
MAH01047(1).jpg
別の立派な支流の落ち込みを釣るも来なかった。
DSCF1451.JPG

at:道の駅「やまびこ館」

過去の釣り動画の整理

釣りをする時ほとんど居そうなところではビデオ映像を撮っている。
その内釣ったところを整理してYuoTubeにアップし、その日の日記に間に合えばアップしている。
上手くタイミングが合わない動画もあるのでここにそれらをアップすることにする。
なにせ走りながらくらいの釣行である。
だぶってアップすることもある。帰ってからチェックしだぶっているものは削除することにする。
令和2年6月14日江合川源流トウホクイワナ
見出し
20200613183418(5).jpg20200613183418(2).jpgDSCF1002.JPGDSCF1025.JPGDSCF1027.JPG
動画(約11分)


令和2年6月15日北上川磐井川産女川源流
見出し
20200614195036(5).jpgDSCF1050.JPG20200614220123(4).jpgDSCF1064.JPG
動画(約11分)


令和2年6月23日和賀川志戸前川源流
見出し
20200622202914(5).jpgDSCF1265.JPG20200622223434(1).jpg20200622223434(9).jpg
動画(約8分)


令和2年6月25日と米代川兄川源流
見出し
20200624180108(1).jpgDSCF1297.JPGDSCF1300.JPGDSCF1306.JPG
動画(約8分)


令和2年6月28日北上川猿ケ石川源流
見出し
20200627205503(3).jpgDSCF1373.JPGDSCF1383.JPGDSCF1388.JPG
動画(約7分)


at:道の駅「区界高原」(宮古市)