天然イワナとアクシデント

昨日は九頭竜川の支流である石徹白(いとしろ)川の源流に向かった。
面白いことに福井県から岐阜県へと途中で県境を越える。
したがって源流は岐阜県になる。
途中は狭い道であるが岐阜県側に入ると途端に道が良くなり集落は有るし、スキー場、ゴルフ場や満天の湯と言う温泉もある。
高原の小川のように感じるようになる。
それでも源流に向かう。
やっと人里から離れた場所でここを釣ってみようという場所を見つけた。
更にちょっと上れば桧峠である。
峠を越すと長良川の支流阿弥陀ケ滝のある前谷川がある。
桧峠の空き地に泊まる。峠は大日ケ岳(1,709m)への登山口になっている。
朝起きると釣り支度して少し下る。
道の脇に車を止めようとして前輪の左タイヤを水路に落としてしまった。
草が生えていて水路に気が付かなかったのである。
過去に同じようにタイヤを落とした人を手助けして上げたことがある。
この時は後輪だったのでジャッキアップしてワシの車で脱輪したタイヤを道路に引っ張った。
先ずジャッキで車を上げる。
ステップのところに隙間があるのでシャベルで地面を掘ってジャッキであげようとしたがステップはアルミでできているのか曲がってしまう。上がらないと判断する。
タイヤのすぐ後ろにジャッキが入る隙間があり何とかあげられそうである。
ジャッキで持ち上げ、山から木の丸太などの切れ端を拾ってくる。
タイヤの下に大きい丸太を入れ、これに小さい丸太を斜めに坂道代わりのようにセットする。
エンジンをかけバックするといとも簡単に上がった。
しかし、1時間の無駄な作業である。
前輪で良かった、後輪だとJAFにヘルプミーしなければならないところだった。
気を取り直し釣りに入っていく。
熊笹や蔓が多いので厳しい。
ポイントを見つけて釣りあがる。
2カ所目で天然イワナが来た。ニッコウイワナと同じようなイワナである。
さらに釣り上がっているとイクラに岩陰から出てきたが食いもせずに引っ込んでしまった。
水が少ないところでは流れも遅い、重りが付いているので自然に流すのはむつかしい。
おかしいときづいたのである。
おなじことが2度ある。
段々とブッシュがひどくなり遡行が厳しくなったので終わりにして下流を釣ってみることにして移動する。
昨日釣り人が居た場所に入ってみる。
砂防ダムがある。
ここなら釣り切られていないだろうと釣り始め、30分粘ったが何も来ない。
釣り上がることにした。
良い渓相である。
しかし、何も来ない。釣られてしまっているのかなと思う。
3か所ばかりやって終わりにした。
明日は石徹白川を下る予定であったが食料の買出しは大野市に出るより白鳥が近い。
長良川の支流の前谷川を釣ることにする。

小さい落ち込みを釣ると天然イワナが来た。
DSCF0441.JPGDSCF0442.JPGDSCF0447.JPGDSCF0444.JPG
釣りあがっているとブッシュだらけで遡行が厳しくなる。
DSCF0449.JPG
下流の砂防ダムを釣るも何も来ない。
00011(1).jpg
良い渓相であるが来ない。
DSCF0454.JPG
脱輪させてしまった。
DSCF0433.JPG
ステップの所を上げようとしたが駄目である。
DSCF0431.JPG
前輪のタイヤの所をジャッキアップした。
DSCF0430.JPG
ジャッキアップして出来た隙間に丸太を入れてバックで来た。
DSCF0436.JPG
終ると水路に入れていた丸太は片付けた。
DSCF0438.JPG
ミンミンセミを捕まえてみた。
DSCF0450.JPGDSCF0451.JPG
東京の築地から取り寄せたイクラを小分けした。一個500円一日の遊び代としては安いと思う。
DSCF0423.JPGDSCF0424.JPG

at:桧峠(標高900mくらい)

0

濁流でも竿を出す

昨夜は九頭竜川の源流に泊まった。
夜はものすごい雨である。
時たまバケツの水を車の屋根に掛けるような雨が降る。
それも明け方まで続き朝になっても雨は降り続いている。
昨日この小さい支流を釣ろうと空き地に泊まったが朝起きてみると濁流になっている。
昨日見た時よりも何十倍もの水量で流れている。
見つけたポイントも激流になっている。
今日はだめかなと川の様子を見ながら下る。
九頭竜川の流れ込みを見る。大河のように濁流が流れ込んでいる。
九頭竜湖に流れ込む川を見ながら下っていると砂防ダムが見えた。
何とか釣れそうなところがありそうである。
雨が降る中支度して入っていく。
ポイントに見えたのは普段は水がないところのようである。
本来のポイントと思うところは泡濁流である。
ひょっとして浅いところに避難しているかもと釣り始める。
激流なので水の流れが乱れている。
釣りには良くない。エサ取りが難しいからである。
30分で対岸側に移動する。
ポイントに見えたところは濁っていてわからなかったが浅すぎて駄目である。
砂防ダムの上流にポイントが見える。
降りて行って釣る。
釣ってみると意外と流れが速い。
それでも10時まで粘ったが何も来なかった。
普段の釣るポイントを探すより増水した時の退避している場所を探すほうが難しい。
現在薄日が出始めたので一日すれば源流の水は直ぐ引いてくる。
明日もう一度同じところを釣ってみたいと思う。

昨日見つけて置いた小さいポイントは激流になっている。
DSCF0407.JPGDSCF0408.JPG
九頭竜湖への流れ込は大河のようになっている。
DSCF0410.JPGDSCF0411.JPG
砂防ダムを見つけ入って行って釣る。手前の淀みを釣った。本来のポイントは泡濁流である。
DSCF0413.JPGDSCF0416.JPG
砂防ダムの上流のポイント、釣ってみたが見た目より流れが早すぎた。
DSCF0412.JPGDSCF0420.JPG

at:道の駅「九頭竜」
0

釣り動画の整理

今日はお盆で釣りは休みにしたが今まで釣った時の釣り動画の一部を整理した。
8月8日
福井県の九頭竜川の支流のHN川の源流で珍しいイワナを釣った時の動画である。
見出し
20190807204925(2).jpg20190807204925(5).jpgDSCF0314.JPG
釣り動画(約6分)


8月12日
岐阜県の揖斐川の支流であるNO川の支流でアマゴを釣った時の動画である。
見出し
20190811210038(1).jpg20190811210038(2).jpgDSCF0384.JPGDSCF0385.JPG
釣り動画(約6分)
.

8月13日
岐阜県の長良川の支流である板取川のさらに支流でアマゴを釣った時の動画である。
見出し
20190812213316(1).jpg20190812213316(2).jpg20190812213316(4).jpgDSCF0390.JPG
釣り動画(約10分)


at:長良川源流
0

お盆に思う

今日15日はお盆の最終日仏様が帰る日である。
釣りをしないで長良川の源流の山の中にいる。
近くに道の駅があることが分かったが車の出入りがあるので騒々しい。
今いるところは廻りが木や草で覆われておりまるっきり自然の中にいるようなもので好きな雰囲気である。電波が届くのでここにとどまることにしたのである。
ワシが子どものころの実家はお盆と正月は旧暦で行っていた。
旧暦は約一ケ月遅れとなるのでお盆は9月、正月は2月だったと思う。
農業にとっては少し暇になるときである。
ワシが就職して東京に出てきて盆と正月に里帰りするのが新暦なのでそれに合わせるように実家も新暦で行うようになった。
ワシの実家の墓にはご先祖様たちと脇に我が家系でこの世に生を得られなかった水子の墓と隅っこにみなしごや身寄りのない人が亡くなって墓のない人たちのための墓がある。
13日はお盆になると家の前に竹を使って小さい櫓のようなものをくみ上げる。櫓はヒノキの枝を使って簡単な小屋のようにする。
ここに仏様を呼ぶのである。
その前には竹を長さを変えて山のように13本並べて立て、松の薪を挟み込む。
火を点けて仏様を迎えるためである。
提灯を持って仏様を迎えに行き、竹で作った櫓に迎え入れる。
そしてお供えを上げてお祈りする。
14日も松に火を点けてお祈りする。
そして15日は仏様を返す日として使った竹のやぐらや松を燃やした竹など全部を燃やして送り火とする。
ここで両親から教わったのが15日は仏様をお送りするのだが山や川には他の仏様が沢山いる。中にはこの世に未練を残して亡くなったり、身寄りのなかった仏様もうろうろしている。この仏様は寂しいので一緒に行こうと連れていかれるので15日は山、川に遊びに行ってはだめだと教わってきた。
信じる信じないは人によると思うが15日の山での遭難死、川での死などの統計上の数字を調べて他の日と比べてどうかなどを分析するのも研究課題ではないかと思う。

at:岐阜県長良川源流
DSCF0403.JPG
0

長良川源流ボウズ

昨日は長良川の源流に移動するべく走り始めたが車が多く早く走れない。
先日泊まった道の駅「ラステンほらど」で19時になったので泊ることにした。
夜中にトイレに起きた時、夜が空いているだろうと思い白鳥の近くにある道の駅「古今伝授の里やまと」まで移動した。1時間で着いた。
驚いたことにこの道の駅には車が沢山止まっているのである。
朝起きてなんとなくわかった。
一つは長良川が近くでアユ釣りの人たちが泊っていること、アユ釣りの人たちのために洗い場が作られている。アユの生き餌用も水を川のように流し、ビクで保存できるようになっている。二つは道の駅では珍しくゴミ置き場があることである。
旅をする人にとってはゴミ捨てが大変なのである。
したがってキャンピングカーが沢山止まっている。
ワシもゴミを捨てさせてもらったが非常に便利である。これで近くにコンビニでもあればもっと集まると思う。
長良川の源流を目指して移動する。
国道156号線沿いに長良川最上流の滝と言う看板がある。
魚留になっているかもと思い、釣りに入る。
長良川の源流にしては意外と水が少ない。
支流が沢山あるので下流の方は水量が多く鮎を釣っているものと思う。
滝には夫婦滝と名がついているごとく二つに分かれている。
落ち込みはたいしたことはないが釣ってみる。
何もこない。
見学者が増えてきたので早々に終わりにして下流を釣ることにする。
釣り下るがあまり良い渓相ではない。
釣り人も入っているようで何もこない。
国道の橋の下にポイントがあるのでビデオをセットして釣る。
釣っているとアマゴが見えた。
しかし、来ない。すれているものと思う。
滝の上流に移動する。
長良川源流と言う碑がある。
車が一台止まっている。釣り人と思う。
橋の上から川を見ると沢山のアマゴが泳いでいる。
大小20匹くらい居るのではと思う。川に降りるのは大変な場所なのでたぶん橋の上からアマゴを放流しものと思う。
釣ってみることにしたが餌を川に入れるとさっと逃げる。
餌を見ただけで逃げるのはよっぽどすれている証拠である。
釣り人が入っている後であるが釣りあがってみることにした。
直ぐのところに立派な落ち込みがある。
粘ってみるが何も来ない。
釣りあがりながらポイントを釣るが何も来ない。
釣りあがるのは川の中である。先人が歩いた後では釣れないので10時に終わりにした。
車に帰ってくると他の釣り人が見に来ていた。時々来ているという。
これではいないと思う。
アマゴの放流によりイワナはずっと源流に上っていると思われる。
明日は15日でお盆の最後の日仏様が帰る日である。
連れていかれないように明日は釣りをやらないことにした。

長良川の最上流の滝である。釣ってみたが何も来なかった。
DSCF0397.JPGDSCF0402.JPG20190813194621(1).jpg20190813195412(2).jpg
下流のポイントを釣るが何も来ない。
MAH00522(1).jpg
長良川の源流碑のある所を釣る。
DSCF0403.JPGMAH00523(2).jpg
ポイントを釣るが何も来ない。
DSCF0405.JPGDSCF0406.JPG
川の渓相はイワナ好みではない。橋の上からアマゴが沢山泳いでいるのが見えた。
MAH00524(1).jpgMAH00524(3).jpg
道の駅「古今伝授の里やまと」では沢山車が止まっている。
DSCF0395.JPG

at:長良川源流記す
アップ(なんと電波が届いている)
0

アマゴ

昨日、入れ歯が欠損したので本巣市内の歯医者を検索して片っ端から電話したがお盆休みですべてだめである。
16日以降でないとどうにもならないようである。
食べるのに少し不便だが食べられないことはないので16日以降まで我慢することにした。
昨夜は遅くなったので関市にある道の駅「ラステンほらど」に泊まった。
今日は長良川の支流である板取川の源流に入ることにした。
以前に一度来ているが禁漁になっているところがある。
支流に入る。
道がなだらかで川もなだらかである。
ドンドン林道を入っていくと工事中になっている。
しかたなしにそこのところで釣ってみる。
ポイントを探すがイワナ好みの場所がない。
釣ってみるとなんとヨシノボリが来た。
長良川は伊勢湾にそそぐ川である。
こんなところまでヨシノボリは来たかと思う。
小さいアマゴが来た。
釣りあがるとアマゴ領域にアマゴが泳いでいるのが見える。
釣るのはやめて上流に向かう。
ちょっと良い落ち込みがある。
ビデオをセットして釣る。
5分くらいで当たりが来たが合わせられない。
失敗したかとさらに粘る。
20分近く粘っていると20㎝ほどのアマゴが来たのである。
更に上流に向かうがポイントではアマゴが数匹泳いでいる。
ビデオに撮る。
釣るのはやめにして釣りを終わりにした。10時になっていた。
下ってきて板取川温泉に入る。
日記を書いていると本巣市内のヤマト運輸から電話が入り、イクラが届いたという。
東京の築地に昨日の7時に注文して今日の昼頃着いたという。早いなと思う。
この後受取りに行く。

ポイントで座ってじっくり釣る。最初に来たのはヨシノボリである。
MAH00515(1).jpgMAH00515(2).jpg
小さいアマゴが来た。小さくても斑点が綺麗についている。
MAH00515(4).jpgMAH00515(5).jpg
杉の倒木がちょっと邪魔であるがポイントを釣る。
20190812213316(1).jpg20190812213316(2).jpg
来たのはきれいな20cmのアマゴである。
20190812213316(4).jpgDSCF0391.JPGDSCF0389.JPGDSCF0390.JPG
殺虫剤で殺したアブである。車を止めるとわんさと車の中に入る。殺虫剤でやっつける。釣っているとやってくるのでタオルで頬かむりをする。
DSCF0393.JPG

at:板取川温泉
0

イワナ釣り場探し

昨夜は本巣市内の道の駅「うすずみ桜の里ねお」に泊まった。
イクラが無くなったので朝築地に塩イクラ1kgを注文するためである。
ところが晩酌をしている時筋の入ったマグロをかんだところガリと思がする。
まさかマグロに骨がと思ったら入れ歯の右半分が折れていた。
最近入れ歯が緩くなったので釣り遠征から帰ったら修理してもらおうと思っていた矢先である。
左側は硬いものをかむと少し痛いのでいつも右側で咬んでいる。
その右側が咬めなくなったのである。
左側で硬くないものを食べている。
ゆっくりかめば何とか食べられる状況なのだが不便極まりない。
インターネットで本巣市内の歯医者を調べ、電話する。
既に20時なのでほとんどが出ない。
出たと思ったらお盆の間は休みだという。
7時に築地にイクラを注文する。本巣市内にあるヤマト運輸のセンター止まりである。
歯の方はしかたないので今日早めに釣りを終えて歯医者を探すことにしてイワナの釣り場を探した。
先ず近いと思う。国道157号線にある根室西谷川を目指す。
ところが災害復旧工事のために集落を過ぎたところで通行止めになっている。
しからば根尾東谷川の上流にある上大須ダムの源流を釣ることで入っていく。
ところが中部電力でダムの上流へは全面通行止めになっている。
しからば少し下流にある。支流を目指す。
ところがこの林道も林道工事のために通行止めになっている。
既に9時になった。
やむなくこの支流を釣ってみることにした。
釣り人の足跡がある。
釣り始めるが何も来ない。
良い落ち込みがある。ここで来なければ居ないと思いながらビデオをセットして釣り始める。
釣っていると小さい魚が流れてくる餌を追いかけては食べているようである。
居るかもと粘る。20分くらい粘っていると20cmくらいのアマゴが来た。
その後も粘ったが小さいのは来ない。
釣りあがると砂防ダムがある。
ここでも30分くらい粘ったが何も来なかった。
釣られたのか、すれているかであろうと思う。
10時半に終わりにした。
イワナ釣りを楽しむところがないのは残念である。

ポイントを座ってじっくり粘る。来たぞ!
20190811210038(1).jpg20190811210038(2).jpg
20㎝の綺麗なアマゴである。
20190811210038(3).jpgDSCF0384.JPGDSCF0385.JPG
砂防ダムを粘ったが何も来なかった。
20190811220548(1).jpg
国道の通行止め。
DSCF0376.JPG
上大須ダム、ロックヒルダムである。
DSCF0380.JPGDSCF0379.JPG
林道も通行止め。
DSCF0382.JPG

at:道の駅「うすずみ桜の里ねお」
0

天然イワナ

昨夜は坂内川の源流にある。夜叉ケ池登山口に泊まった。
2台車が止まっていた。泊りがけで山に登った人だと思う。
釣り準備をして登山道の入り口に行くと登山道の案内地図がある。
本流は結構奥深い。なだらかなようである。
支流があるのでそれを目指す。
坂内川に降りて行く。
水量が意外と少ない。流域面積が少ないのかなと思う。
この分だと本流もあまり深くないかもしれない。
でも、奥まで行かなくても支流でイワナを確認できればいいと支流を釣り始める。
始めは来なかった。釣り人が入っているのかなと思った。
しばらく釣り上がっていると小さいがイワナが来たのである。
それも天然イワナである。ニッコウイワナのようにオレンジの斑点がある。
ポイントでまた小さいが天然イワナが来た。
上流の方に滝のようなものが見え始めたと思ったら30cmの天然イワナが来たのである。
50㎝の提灯仕掛けで何とかあげることが出来た。
そして滝の下で小さいが天然イワナが来た。
滝と言うより崖を水が流れているというような場所なのでこれをイワナが登るか上流側を釣ることにして何とか上流に上がる。
しかしすぐ両岸が岩でできた場所になり、上流に行けなくなった。
行くとすれば先ほど上がった滝下まで下がり大きく高巻かなくてはならない。
4匹確認したので無理をして上流に行くのを止め本流に下り本流を釣ることにした。
本流を釣りあがるが釣り人の足跡がある上に川がなだらかでイワナ好みの場所が無い。
釣っていると山に登っている人たちの話し声が聞こえてくる。
30分で終わりにした9時30分である。
町に食料の買出しに出てきた。

支流を釣りあがっていると小さいが天然イワナが来た。
DSCF0356.JPGDSCF0355.JPGDSCF0353.JPG
次に来たのも小さいが天然イワナである。
DSCF0351.JPGDSCF0352.JPG
滝の手前のポイントを提灯釣りする。
DSCF0363.JPG
30㎝の天然イワナが来たのである。
DSCF0357.JPGDSCF0358.JPGDSCF0360.JPGDSCF0362.JPG
滝の下小さい落ち込みしかなく、小さい天然イワナが来た。
DSCF0364.JPGDSCF0365.JPG
本流を釣るがイワナ好みの場所が無く川はなだらかである。
DSCF0372.JPGDSCF0374.JPG
駐車場に帰ってくると日曜日なのでか11台の車が止まっている。
DSCF0375.JPG
昨日は揖斐川本流の徳山湖に流れ込むところを探したがほとんどの河川は水産動物の採捕禁止となっている。
DSCF0345.JPG

at:道の駅「夜叉ケ池さかうち」

ボウズ

昨夜は足羽川の支流の源流に泊まった。
今日は8月10日ワシの誕生日である。
誕生日くらいは魚の殺傷はしたくないので釣りを止めようかなと思ったが、川を見ると居るかいないかと釣りたくなる。
釣ってすぐリリースするから良いかと釣ることにした。
道から砂防ダムが見える。落ち込みが見えるので降りて行くことにしたが周りは草が沢山生えっていてどこから下りれば良いか探す。
そして草をかき分け入って行く。早朝のため梅雨が付いておりそのままだとビショ濡れになる。暑いが合羽を着て降りる。
下に降りると今度は蜘蛛の巣が沢山ある。
これを棒切れで除けて入る。
釣る場所近くも魚に気づかれないように蜘蛛の巣を退ける。
蜘蛛の巣があると釣りが出来ないのである。
やっと釣りが出来るようになった。
ビデオをセットして釣り始めるが何も来ない。
どうして居ないのかなと考える。
①上ってきていないのか。
②釣り切られたのか。
③もっと源流に上ってしまったのか。
先ず下流を釣ってみる。
3か所ばかり釣ったが来ない。
終わりにして上流を釣ることにして引き返す。
草ぼうぼうの中をかき分け入っていると蜂に耳元を刺された。ハチの巣があったのである。
そのまま釣りに入る。
ポイントを釣りながら上るが何も来ない。
誰も入った形跡もない秘境のような場所だと思いながら釣りあがる。
随分と釣りあがると砂防ダムがある。
なんでこんなところにどうやって作ったんだと思う。
工事用の道路がどこかにあるはずだ、すると釣り人が入っていることになる。
昔は居たが釣り切られていなくなったので釣り人が入らなくなったと判断して9時半に終わりにした。
結果的にボウズに終わり魚を殺傷しなくて済んだ。
終ってから冠山峠を越して揖斐川の源流に向かう。
林道ではあるがまずまずの道である。土曜日で結構車が通る。
道は狭いがところどころに待機所のように空き地があるのですれ違いもむつかしくない。
冠山峠(1,100mくらい)に着くと車が5台くらい止まっている。
冠山(1,257m)への登山口になっているのである。
山を下り揖斐川の源流を目指す。
ところが目指す林道は全面通行止めになっている。
しかたなしに他を探すことにして下り、徳山湖への流れ込みあたりに来ると看板がある。
見てみると徳山湖に流れ込む川はほとんど水産動物の採捕は禁止となっている。
そこで一気に下り揖斐川の支流になる坂内川の源流を釣ってみることにして降りてきた。
揖斐川町にある道の駅「夜叉が池さかうち」に寄っている。
電波があるので日記を書いて置く。
その後坂内川の源流を目指す。

砂防ダムを釣るが何も来ない。
MAH00502(1).jpg
道から見たところであり、左右どこも草だらけである。
MAH00499(2).jpgMAH00499(3).jpg
やっと川に降りたつ。今度は蜘蛛の巣だらけである。
MAH00500(3).jpgMAH00500(2).jpg
ポイントを釣るが何も来ない。
20190809202522(2).jpgDSCF0334.JPGDSCF0337.JPGDSCF0339.JPG
随分と上流にも砂防ダムがあった。何も来ない。
MAH00504(1).jpg

at:足羽川支流の源流記す
道の駅「夜叉が池さかうち」追記、アップ

ヨシノボリが1匹

昨夜は日野川の支流となる芋ケ平川の入って行ったところにある蓮如上人の像がある場所に泊まった。
蓮如上人は比叡山の信徒から追われてここまで逃げてきて地元のおばあさんに助けられ洞穴で過ごし、食事を出してもらったという。出立の時に上人はお礼に6文字の名字をおばあさんにあげたとある。
朝起きてもっと奥へ行こうと少し入ると通行止めになっている。
がっくりである。
他の川に行こうかと考えて居ると滝の音のようなのが聞こえる。
調べると大きい砂防ダムが見える。
折角来たのだから釣ってみることにして降りる場所を探すとしっかりと釣り人がおりた道が見つかった。かなりの人が釣りに下りているくらいはっきりしている。
砂防ダムにつくと落ち込みはコンクリートでできているが高い上から大水などで削られ一部分だけが深くなっている。
水量が多く流れが速すぎるかなと思いながら緩やかなところを釣る。
20分粘ったところで来たのはヨシノボリである。
福井のヨシノボリは肌がつるつるしている。
九州や中国のヨシノボリと少し違う感じがする。
ところがその後も粘ったが何も来ない。
下流の落ち込みを2個所ばかり釣るも何も来ない。
8時半位終わりにしてさらに支流になる谷出川に移動する。
源流まで民家がありコンクリートで水路のようになっている。
ここがだめなら国道476号線は地図上で不通となっていたが林道で峠を越して池田町に抜け足羽川を釣ることも考えて居たが生憎林道は工事中で通行止めになっている。
今日は釣りたい場所に行けなくて不作に終わった。
現在南越前町から越前市を通り迂回しているところである。
越前市内で食料を買い込み足羽川の源流に入り10日は足羽川源流、終われば峠を越して岐阜県に入り11日は揖斐川の源流を釣ることにしている。
8月10日はワシの77才の誕生日であるが多分揖斐川の源流の山の中で泊まることになる。

大きい砂防ダムを釣る。
20190808185357(1).jpg20190808185357(2).jpg
来たのはヨシノボリだけである。ただ、ヨシノボリの肌がつるつるのは不思議である。
20190808185357(3).jpg20190808185357(4).jpg
気が付かなかったが砂防ダムの上から朝日が差し込み逆光でビデオ映像が見えなくなっていた。
20190808185357(7).jpg20190808185357(8).jpg20190808185357(9).jpg
蓮如上人の像がある場所である。世話をしたおばあさんの像まである。
DSCF0331.JPGDSCF0327.JPGDSCF0325.JPGDSCF0326.JPG
残念ながら通行止めで源流に行けなかった。
DSCF0332.JPG

at:越前市内
0