渓流釣りを楽しむ

今日は地元のMG沢に釣りに行ってきた。
車止めは山荘から車で30分ほど行った所である。
釣る場所は片道2時間の山の中に入る。
今朝は冷えこんだ道路表示の温度はマイナス2℃とある。
山道には霜柱が立っていた。
この釣り場所に行くのには熊の生息領域を通る。鈴の音に反応してガー、ガーと熊が鳴く。今は木の葉っぱも無いので見通しが良いが鳴くほうを見ても姿は見えない。
通させてもらうよと通過する。
山に登ること1時間45分、山道の途中からMG沢と本流の合流点まで15分くらい一気に山を下る。
車を6時に出発し、釣り始めたのは8時である。7時目標だったが朝寝坊して1時間遅くなってしまった。
雪どけ水があり、増水していた。水が冷たくウエーダーで入っていてもすぐ足が寒くなる。
この沢は2か所ばかり難所が有るが普通の渓流である。しかし釣りに入るまでが結構大変なのであまり人が入らない。
イワナは既に家族と離れて単独で餌を取り始めている。ここと思うポイントで釣るとイワナが居た。
魚影が有るので楽しみながら釣れた。
日が上がってくると少しは暖かくなった。
上ってきた山道が沢と交差するところが有る。そこまで行かなくては帰りが大変である。
釣り始めが遅かった分途中を省略しながら釣り上った。
目的の場所に着いたのは15時半であり、30分目標から遅れていた。
いつもはイワナのハラワタをその場で取るのであるが帰りが遅くなると大変なのでそのまま持ち帰った。
車に近くなってくると足の筋肉が吊り始めた。
片道2時間、釣りを7時間半やったので足が疲れたのである。
いつもの筋トレや、ウオーキングが足りないのを実感した。
帰ってきてイワナを数えると20匹の釣果である。
2匹は晩酌で焼いて食べ、他はお客さんのための燻製を作るのに保存した。

MG沢と本流の合流点で本流を釣ってみた。遡行が出来ないくらいすごい水量である。でもイワナが来た。
画像
画像

MG沢を釣る。水量が多い。ニッコウイワナが来た。
画像
画像

立派な落ち込みを釣る。(ビデオ)ニッコウイワナが来た。
画像
画像

一か所目の難所滝が連続して両岸は岩だけである。
画像

日向ぼっこしながら手作りの弁当を食べる。
画像

源流に行くに従って水量は少なくなる。ニッコウイワナが来る
画像
画像

今日の釣果、ニッコウイワナが少なくなり、混血が増えている。
画像


at:山荘

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

たまちゃん
2013年04月15日 12:46
イワナの混血とありますが、混血はニッコウイワナとどのように違うのですか?
釣り好き神子
2013年04月16日 10:29
たまちゃんさん
別途解明を記載しましたので参考にしてください。

この記事へのトラックバック