ニッコウイワナについて

天然のニッコウイワナが少なくなっていることに対して個人的な見解であるが記載する。
ニッコウイワナは昔から生息しているイワナでオレンジの斑点が特徴である。
私が全国のイワナを釣り歩いていて思ったことが有る。
このブログにも書き残しているがイワナの先祖は海に居るウミアメマスでありこれが産卵のため川に上り地球の温暖化のための水温上昇やダムの建設で陸地に取り残されたものがイワナと考えている。
アメマスは白い斑点のみである。
東北から北海道の南西、当たりでは河川に残されたイワナはエゾイワナと言われる白い斑点のみのものが居る。
しかしながら河川で川虫などを食べているうちに川の環境に慣れるとともにたべる餌により段々とオレンジの斑点に変わったものと考える。
ニッコウイワナは関東周辺に居ると言われてきたが段々と東北でも確認している。
中部地方のイワナはヤマトイワナと言われているがやはりオレンジの斑点が有る。
九州、中国、四国地方には既に天然のイワナは居なく養殖したイワナが放流され生息している場所かある。
しかし、近年養殖技術の進歩によりいろんな魚が養殖されている。
イワナもしかりで私の近隣領域には何箇所か管理釣り場が有るが管理釣り場で放流するのは養殖した白い斑点のみのエゾイワナのようなイワナである。
このイワナが管理釣り場から逃れ河川に入りニッコウイワナとの混血イワナが生まれるのである。
それだけなら源流まで滝が有って上れないのであるが、中には放流で上ってきた白い斑点や既に混血になったイワナを釣った後源流に持ち込み放流する人も居る。このようにして混血が増えて行くのである。
天然のニッコウイワナを守るためによそのイワナを放流しないでと看板があちらこちらに立ったが既に遅しである。
個人的には天然のニッコウイワナが好きであるが混血イワナでも生息しているほうが良いと思っている。
人間でいえば地球上になぜいろんな人種がいるかと考えた時、私は環境と食べるものが原因と思っている。
最近は人種交流時代そのうちに準日本人は居るのかという時代になるのと同じと思っている。
ニッコウイワナも混血になるとオレンジの斑点が少なく白い斑点も現れることになる。

13日に釣ったMG沢のニッコウイワナである。このような看板が立てられた。
画像
画像

以降同じMG沢で釣ったものである。左はまだオレンジが目立つが右はオレンジが少ししかない。
画像
画像

ほとんどオレンジが見えない。右は同じ滝壺に居たイワナである。
画像
画像


山荘

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たまちゃん
2013年04月16日 12:57
アメマスが先祖で「蝦夷イワナ、ニッコウイワナ、ヤマトイワナ」それらが、色々な混血をしているのですね・・・ナアールほど合点!
釣り好き神子
2013年04月20日 09:51
たまちゃんさん
>「蝦夷イワナ、ニッコウイワナ、ヤマトイワナ」<
は昔から生息しているものは混血ではないです。陸に閉じ込められたイワナは河川間では交流がないのです。天然イワナで環境と餌により少しずつ変わっているだけです。
混血は人間の手で混ぜたのが原因で生まれます。

この記事へのトラックバック