今年最後の渓流釣り

今日は今年の渓流釣りの最後の日である。
地元で近くではあるが行ったことがないどんなところか初めての場所に挑戦してみた。
滝川の支流である。
昨日の庭木の剪定を遅くまで頑張ったので疲れていたのか今朝目が覚めたのは5時半であった。
6時半出発7時車止めに着いた。歩いて30分で目的の場所に着いた。
支流とは言え水量が多いのには驚いた。
降りたところの落ち込みでイワナが2匹来た。
ところがこの後、遡行が大変である。周りは岩、川の中の岩も大きい。よじ登り岩の上を這いながら進む。
地図で見て厳しいので今まで来ていなかった。
釣り人があまり入らないようなので小さいながらも魚影はある。
すぐに立派な落ち込みが有った。しかし、周りは岩だらけ上流に行けないときょろきょろ探すとロープがぶら下がっているところが有った。
ベテランの釣り人が入っているんだと思うと少し安心した。
釣らないでそのままロープを使ってあがった。
ともかく両岸は断崖絶壁、地図で調べて1.5km行かなければ上に上がれるところがない。渓流釣りで水量が多い河川では1.5km釣るとなるとあまりゆっくりできない距離である。
イワナが居そうなポイントだけを釣り上る。
大きな岩だらけなので右に左に渡渉しなければならない。
雨で増水すると釣りが出来ないと分かった。
弁当もそそくさと食べて上流を目指す。
渓相も良く、水量もあるので面白いくらいイワナが来る。
しかし、午後になると帰りが心配になってきた。
ともかく初めてなので目的の場所まで行かなくてはならない。
16時に目標近くに来たが周りは結構傾斜がきつい山である。
釣りをもう少しやりたかったが終わりにした。釣果はイワナ22匹である。
地図に有る上の道を目指して道なきところを上り始めた。上っていると大岩が有ってあがれない。回り道を探して上る。あせると危険、休み休みである。
道がないところではいつものことだが獣道に助けられる。特に鹿の通る道である。
鹿は大岩の影を住処にしている。
高低差200m位だろうか30分かかって上の道に着いた。
車に着いたのは17時半である。18時を過ぎると急に暗くなる。特に曇り空だとなおさらである。車に着いた時、昔、帰り道真っ暗になり遭難しかけたことを思い出した。
来年は今日のさらに源流を釣ってみたいと思っている。

降り立ったところ合流点のすぐ入口を釣る。
画像

イワナが2匹来た。
画像
画像

周りが岩だけの滝つぼを釣る。ニッコウイワナが来た。ところがこの滝を上るのに一苦労した。
画像
画像

順調に釣り上っていると大きな砂防ダムが有った。なんでこんなところにと思った。滝つぼには流木がポイントに有り釣れなかった。この後2つ砂防ダムが有ったがそこではイワナを釣った。上流はまだ土砂崩れが起きているので砂防ダムを作ったと分かった。
画像

今日の釣果イワナを22匹である。
画像

釣り終わり道路に出て釣り上がった渓流を振り返る。標高1031mの所であった。
画像
画像


at;山荘

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

長野のいごっそう
2013年10月01日 08:47
今年最後の渓流釣りで、22匹の釣果は嬉しいですね。
山荘から約30分の近場に、良いポイントがありましたね。
でも、釣り上がるのが大変そうで、挑戦のし甲斐がありそうですね。
来シーズンが楽しみになったでしょう。
釣り好き神子
2013年10月01日 09:25
長野のいごっそうさん
ちょっと厳しい釣り場です。
気合が入る元気なときは平気です。
お気に入り釣り場に加えました。
来年は源流に挑戦し範囲を広げます。

この記事へのトラックバック