海アメマスは来ず

昨日は釣り人から大物のアメマスが釣れるという厚内漁港にやってきた。
湾内は工事中なので西堤防から外を釣るとよいと聞いてきた。
釣りを終えた人に西堤防を確認し、先端まで行けることを確認した。
遅いので晩酌をはじめ、8時には眠くなったので寝てしまった。
朝、3時に目が覚める。すでに車が4台来ていた。
朝食を食べ準備して堤防を歩く、釣っている人に挨拶する。
皆さんコマイ釣り仕掛けである。
突端で一人ルアーを振っている。手前で釣ることにした。
しかし、よく見ると海は茶色く濁っている。それも遠くまでである。
雨が降ったわけでもないのに何故だろう。
アメマスは濁りが嫌いである。背中の青いのが証拠である。居るのか心配になった。
それに堤防は長くのっぺらぼうでアメマスの好みではないのである。
本当にここに大きなアメマスがいるのだろうかと心配になってきた。
ほかのところに移動しようかとも思ったがせっかく教えてもらったところ、釣ってみることにした。
釣りはじめてすぐルアーの人が引き上げたのでそこに移動した。港の出入り口に近いところである。
しかし、アメマスがいそうな場所ではない。
海の濁りが取れない。引き潮のため港から濁りが出てきているように思える。工事での濁りであろうか。
アメマスをやめてサクラマスを釣ることにした。
勿論、アメマスも居れば来る。
ウキはそのまま使い重りを多くしてハリにはキビナゴを付ける。
キビナゴが深さ50cm位のところを泳いでいるように見せるのである。
ウキを使うので深さは一定となる。
カラフトマスを釣るときに使う方法である。
引いたり止めたりして食わせるタイミングを作ってやる。
遠投を繰り返していると2度ばかりあたりが来て尻尾のほうが切れていた。小物である。大きければ一気に食べてしまう。
ルアーだと尻尾のほうにも針が付いているのでかかる。
二本ハリにしようと思ったがキビナゴには持っているハリが大きすぎてキビナゴの泳ぎが変になるのでやめた。
9時半に終わりにした。
釣り情報はうわさで広がることが多く、大げさになるのが普通である。
自分が見る限りでは厚内川があると思ったが小さい川でアメマスには関係ない。十勝川からは離れすぎている。などからアメマスは居ないように思う。
もし、大物を釣ったのが本当とすれば大物だからこそ十勝川から遠出をしたと思われる。

厚内港の堤防から海アメマスを釣る。手作りルアーでも釣ってみた。
画像
画像

堤防は突端まで500m位ある。テトラは途中までしか入っていなく、先はコンクリートだけである。
画像


at:えりもエリア

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

三面相
2014年07月02日 22:16
ここはかなり大きい堤防があるようですね。
ここ数日完全な海釣りなんですねえ。
こんな日もあるようですがこの後も頑張ってください。
釣り好き神子
2014年07月03日 17:20
三面相さん
どこの港も大きな堤防ですよ。
どれだけコンクリートを使っているのかなと思うほどです。
コンクリートの塊です。でも波であちらこちら削られているんですから波の力はすごいもんです。
でも、防波堤から釣れば楽だなとわかってきました。

この記事へのトラックバック