海アメマスを確認した

今回の釣り行は無事終了しました。この間沢山の人がブログを見に来てくれ大変励ましになりました。最終日はどうだっただろうかと気になることと思いますので日記に書き留めておきます。
今回のアメマス探しの釣り行は海アメマス、アメマス、イワナになりつつあるアメマスを確認することができました。
詳細は別途総集編に取りまとめます。
長い間のご来訪ありがとうございました。

26年7月8日の日記
海アメマスが居た
今回の最後の釣りになった。
5月に北海道に渡った時遊楽部川を見た。すでにサクラマスは上っていた。1匹ずつ単独に居る。
釣り人に聞くとアメマスを釣っているという。
サクラマスのほかにたくさんの魚が泳いでいる。何かはわからない。
アメマスかもしれないし、ウグイかもしれない。
時間があれば後で確かめることにして通り過ぎたところである。
気になることなのでやってきた。
まず、川を見るとサクラマスはすでにペアで泳いでいる。
サクラマスの産卵は7月の終わりから8月にかけて行われるということも今回分かってきた。
小魚があまり見えない。と言うことは5月に見たのはウグイだったとわかった。ウグイが産卵の為にたくさんいたのである。
ウグイの産卵は6月である。
試しに釣ってみた。粘って釣ってやっとウグイが来た。ウグイが少ないということは産卵が終わると海に下る。ほとんどすでに海に下ったということである。
アメマスはすでに海に下っている以上海を釣ってみたいと釣り場所を探した。
河口は砂で埋まっており、周りにはテトラポットがあるので釣りにならない。
遠くに八雲港の突堤を見つけた。
釣り仕掛けを背負って500m位突端まで歩いた。
突端ではすでに一人カレイを釣っている人が居た。自転車で来ていた。
堤防側は漁船の出はいりが多いという。テトラポットのところで釣ることにした。四角のテトラなので何とか釣ることができる。しかし、タモをひも付きしか持って来なかった。
ぶっこみとウキ釣りを始めた。
しばらくするとウキに海アメマスが来たのである。
40cm位のアメマスである。ところがテトラの上に置いた途端暴れて針が外れ、おさらばである。
しばらくするとまた海アメマスが来た、今度は上げているうちに暴れて外れてしまった。
おかしいなと針を見てがっくり返しがほとんどないのである。
ハリを取り換えた。
再度来たのは35cmの海アメマスである。
釣りあげたのは一匹だが3匹海アメマスを確認したので11時に終わりにした。

八雲港の海で海アメマスを釣った。
画像
画像

背中は青い。テトラなので足場は悪いが平らなテトラだから釣れた。
画像
画像

朝、川でアメマスは居なくウグイもほとんどいなくなっていることを確認した。
画像
画像


at:函館フェリーふ頭

日記の中断について
訃報が入りました。
家内の兄が以前から具合が悪かったのですが8日に亡くなったとの連絡がありました。
同じ年です。
函館に向かっています。
明日、朝、函館から大間に渡り、青森県の家内の実家に向かいます。
しばらく日記を書くのを中断します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

長野のいごっそう
2014年07月09日 16:43
今回の北海道遠征は、予期しない形で終了となりましたね。
義兄さんが亡くなったとのこと、心よりお悔やみ申し上げます。
我々と同じ年齢のようで、本当に残念です。
合掌
三面相
2014年07月10日 10:18
義兄のこと心よりお悔やみ申し上げます。
我々もお互いに元気で頑張らなくってはですね。
移動中に地震だったようで少し驚きましたが
津波の心配はなかったようでよかったです。
釣り好き神子
2014年07月10日 22:46
長野のいごっそうさん
沢山のコメントありがとうございました。
義兄とはいえ釣りが好きならと渓流に釣りに行ってイワナを初めて釣らせてくれ、渓流釣りを教えてもらった人です。
同じ年代で自分と同じように自然を愛してきた人です。そして生きてきたところが違うだけで考えるところが違うとずいぶん酒を飲みながらいろんな議論もしてきました。
昨夜は一方的ですが、線香を絶やさないようにしながら夜どおし酒を飲みながら語りあかしました。今日の昼間は十分寝ました。
明日火葬になります。今夜も語りあいたいと思っています。
釣り好き神子
2014年07月10日 22:51
三面相さん
お悔やみありがとうございます。
さらに地震の情報までいただきありがとうございました。
「人のふり見てわがふり直せ」を新たに思い出しているところです。お互いに頑張りましょう。

この記事へのトラックバック