片付けとイワナの生態調査

嵐のごとく去って行った楽しみ、今日は後片付けをした。
来週に高校の関東地区の同窓会がある。
使った食器などは洗ってくれたがこれを天日に干して乾かした。
釣竿も綺麗にして陰干しにして乾かす。
午後はワラビを採った。少なくなってきている。
というよりしばらく採らなかったので伸びているのである。伸びているものを刈り取るとまた出てくるがその時間がない。
一呼吸空いた。
明日は秘密行動を考えている。
もっと早くからやりたかったが時間が取れなかった。
考えていることはイワナの生態調査を自然の河川で行うためである。
釣り人が入らなく、イワナがまだ生息していなく、イワナが生息できる場所を探すのである。
一番は魚留滝と言われる上流である。
イワナが下流から上ってきて大きな滝に出会うと上れなくなる。これが魚留滝と言われている。水量が多ければその上流も生息できる環境にある。このような場所を探すのである。
そこに連れてゆき生態を調べたいと思っている。
山奥に入ることになる。

洗ってもらった食器類を乾燥させた。
画像

釣り竿をきれいにし、陰干しで乾燥する。
画像

ワラビを収穫した。
画像


at:山荘

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

長野のいごっそう
2015年05月25日 08:22
いよいよイワナの生態調査を始めますか。
釣り人の入らない山奥で、イワナが生息できる場所を探すのは大変だと思いますが、楽しみながら頑張って下さい。
釣り好き神子
2015年05月25日 19:31
長野のいごっそうさん
魚留滝はかなり源流になります。
今日のことから峠のほうから入ることも考えたほうが良いなと思いました。
高知県の面河渓谷にあるご来光の滝の上流が良いなと思っていますが、遠すぎます。

この記事へのトラックバック