地元でニッコウイワナ釣り

今日は高校の同窓会で食べていただくためにイワナを釣りに行った。
4時半起きして目指す車止めに着いたのは6時である。
すると一台の車があり一人うろうろしている。釣り人のようである。
聞くと東京から始めてきたが古い本にこの辺りから川に下りられるようになっていたので探しているという。
確かに新しい地図には載っていない。
自分が今ここから下りて釣りをするというと、ついて行っていいですかと聞く。
一緒に急峻なところを下りていく。
雨上がりふと見ると釣り人が降りた後がある。ちょっと手前の空き地に車が止まっていたがその人であろうか。どこに釣りに行ったのだろうかと不安が横切る。
途中東京の人と話をする。ルアー釣りだという。
今までは海釣りでスズキを狙っていたという。昨年から渓流釣りを始めたという。
林道に下りた。このままさらに下に下りると釣る場所があり、釣り上ってもこの林道に出るので楽だと説明する。自分は席を譲りもっと上流から釣ることにした。
ところがその上流から釣り始めるがなんとしたことか先ほどの足跡は自分の前を釣り上っていたのである。
ここまで来て引き返すわけにもいかない。
釣り上ることにした。
ポイントを釣るが来ない。
先行人が釣っていないと思うところを釣る。次のポイントである。
ちょっと小さ目になる。
釣っていなと思われるブッシュの中、50cmの仕掛けで釣る。釣れるとブッシュの中から引っ張り出す。
今の時期はエサ取りが盛んになってきたので深みより,餌が取りやすい少し浅い場所でも来る。
退屈しない程度にくる。
上流から釣り人が降りてきた。釣り下ってきたという。普通は釣り上るのが一般的である。
見るとルアー釣りである。
これで同じ河川で2km位のエリアに4人入ったことになる。
土曜日とはいえこれだけ釣り人が入ればイワナは居なくなる。と思いながらも自分は思いっ切り釣る。
途中日向ぼっこしながら弁当を食べる。川沿いはまだ寒いくらいである。
14時半に終わりにした。小粒ながら12匹キープできた。
9名の同窓会、一匹ずつ焼いて食べ、残り3匹は骨酒に使う。
燻製用は釣れなかった。

ブッシュの中を50cmの仕掛けで釣る。
画像

釣ったぞ!20cm位のニッコウイワナである。
画像
画像

滝つぼを丹念に釣る。
画像

来たぞ!ニッコウイワナ
画像
画像

今日の釣果小粒ながら12匹である。
画像

ミズという山菜であるが大きいのが無くなった。以前は小指くらいの大きさで皮をむき、さっと湯通しすると酒のつまみになっていた。青森の寒いほうは大きい、南の暖かいところは小さい。地球の温暖化の影響と思っている。群生する。
画像
画像


at:山荘

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

長野のいごっそう
2015年05月30日 20:38
釣り人が多いのに、結構釣れましたね。
神子さんは、流石に年季のはいった釣り人だからでしょうね。
釣り好き神子
2015年05月31日 07:21
長野のいごっそうさん
結構大きい川なので釣り残しが出ます。
ポイントのイワナは釣られると数日したら次のポイントで待機しているイワナが入ってきます。
したがってポイントに居ないときは待機しているイワナを釣ったのです。
伊達には年を取っていませんよ。ハハハ

この記事へのトラックバック