ニッコウイワナ釣り(今月5回目)

朝方トイレに起きる。外を見ると星空である。
イワナを釣りに行こうと決めた。
身体を動かして汗をかくと晩酌は美味しいし、夜はぐっすり寝られるので朝も気分が良い。
まだ早いとベットに入りうとうとする。
次に目が覚めた時は少しぼやっとしている。
簡単なところに行くことにした。いつも入って行く下流である。
ようは、林道を車を走らせながら砂防ダムを釣ることにしたのである。
7時頃から釣り始めるが、どこの砂防ダムも入渓しやすいため釣り切られたのか来ないのである。
砂防ダムのあるところに車を止めて降りて行って釣る。3か所釣ったが小さいのが数匹来ただけである。
やはりイワナは源流に行かなくてはと源流に向かった。
砂防ダムの深みには大きいのは居ないとにらんだ。
車を置いて釣り上ることにした。
源流にある砂防ダムは小さいニッコウイワナが来る。
途中の小さな落ち込みで30cmのニッコウイワナが来た。
エサ取りの時期になると大きいニッコウイワナは小さい落ち込みで餌をとる。
大きな砂防ダムだと水量が多いので餌を探すのが大変である。その点小さな落ち込みでは目の前を同じくらいのエサが流れるので見つけやすい。
イワナは流れが苦手、身一つ隠すような岩陰があるところがポイントである。
餌が流れてくるとさっと捕食し元の位置に帰るのである。もとに戻るので当たりもはっきりする。
下流の砂防ダムがだめで源流で釣り始めた時は10時を過ぎていた。
源流で釣れ始めた。
結局目指すところに着いたのは14時になっていた。
でも大小合わせて14匹の釣果である。

源流の落ち込みを釣る。
画像

10時過ぎにやっと一匹目である。
画像
画像

砂防ダムがだめなので小さな落ち込みを狙う。
画像

30cmのニッコウイワナが来たのである。
画像
画像

大岩の落ち込みを集中的に狙う。
画像

やはりイワナである。このような場所に居るからイワナ(岩魚)と言われるゆえんだろうか。
画像
画像

大小合わせての14匹である。
画像


at:山荘

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック