ニッコウイワナ釣りを楽しむ

中津川にニッコウイワナを釣りに行った。
今日は午前中が目標なので入渓しやすい場所である。
5時起床、6時出発、7時車止めに着く。
入って行く途中、ヤマメ領域で二人連れが、イワナ領域で一人居た。
平日でも自分と同じように釣りに来る人がいるのだと思う。
これから行くところには釣り人は居ないだろうなと少し不安になる。
入って行くと誰もいない。一安心する。
30分歩くと降りて行くのが厳しい滝がある。
これに下りて行く。釣り人が入っていると思うが居ると思うのでビデオをセットする。
既にエサ取りが始まっている。ポイントに流すとすぐ来た。
それも立て続けに来る。釣り人が入っていないのかなと思う。
釣り人が入って数日は釣れないが何日か経つとイワナが入ってくる。
と言うより滝があるため上れないのでここにたまっていると思った。
この滝の上流にもイワナが居るし、源流に行くともっと居る渓流である。
以前は源流近くまで車で入れたが今は通行止めになっていて、源流には2時間近く歩かなくてはならない。今日は午前中だけの釣りを楽しむために入り口付近を狙ったのである。
滝の上流を釣る。全然来ない。釣りやすい場所の上入り口なので釣り切られたかなと思うほどである。
しかし、全然来ないのはおかしい。
先ほどの下流には沢山いたのにと考えると、大雨で流されているのだと考えた。
渓相はなだらかで入渓しやすい場所であるが大雨が降るとイワナが退避する場所が無いのである。泳ぎの下手なイワナは流されてしまう。
上流を止め下流に下り、車止め近くまで下ってきた。
いつもはヤマメ領域であるが釣ってみる。
大きな砂防ダム、見ると淀みに稚魚が泳いでいる。ヤマメかなと思って釣ってみるとニッコウイワナの稚魚が来た。リリースすると元来た場所に泳いで行った。やばいと教えるかなとまた釣る。2匹ばかり来ると来なくなった。やはり警戒心が出てくるのである。
その代りヤマメの稚魚が来た。リリースするとすぐ近くの岩に潜り込む。ヤマメを3匹ばかり釣ってやめた。
ポイントを釣る。
ニッコウイワナが居たのである。
やはり、大雨で流されているようである。
一旦大雨で流されたイワナはまた源流に向かう。しかし、滝や砂防ダムがあると一気には上れない。雨で増水した時などを待っているのである。
面白いように釣れる。
昼までに16匹釣った。
腹が減っては釣りもできないとおにぎりを持ってきていたので日向ぼっこをしながら食べた。13時に引き上げた。

降りて行くのがちょっと厳しい。最初の滝つぼを釣る。(クリックで拡大)
画像

ニッコウイワナである。
画像
画像

この場所で8匹釣ったが5匹をキープした。
画像

10cm程度の稚魚が来るが、すでにニッコウイワナである。
画像
画像

車近くまで下ってきて、大きな砂防ダムを釣る。くたびれると岩に腰を掛けて釣る。(クリックで拡大)
画像

今日の16匹の釣果である。大漁となった。お客さん用に保存する。
画像


at:山荘

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

長野のいごっそう
2016年04月20日 20:23
短い時間だったけど、釣りを楽しんだようですね。
釣果も良く、獲物はイベント用ですかねぇ。
釣り好き神子
2016年04月21日 07:46
長野のいごっそうさん
半日コースが良いですね。
昼前に終わるようにすると毎日でも釣れます。
ただし、近場で釣竿を出す程度になります。
イベント用です。
燻製(大)、塩焼きに(中)、から揚げ(小)を考えています。

この記事へのトラックバック