釣りは楽しい

今日は国分川でアカメを釣るべく、昨日教えてもらったボラのいるところに行く。
満ち潮で水位がある上に濁っているのでボラがどこにいるか分からない。あちらこちら探す。
結局ウナギ漁師に教えてもらったところでボラを釣り始める。
小河川のため本流が水位が高い時は水門が閉ざされており、ポンプで水を汲みだしている。
10時過ぎになると本流の潮位が下がって小河川の水が流れ出した。
するとボラが見えだしたのである。
すべて大きい。中には鯉もいるが大きい。
小麦粉を練って餌にして釣り始める。
ウキしたわずか30cmである。
餌が見える。ボラが近づくが見向きもしない。
中にはへんてこりんもいると粘っていると来たのである。
最初来たのは40cmのニゴイである。
さらに粘っていると45cm位のボラが来た。
潮が引くと川底が見えだした。もちろんボラも丸見えである。
食品会社からの排水が流れ出すとボラが寄ってくる。
しかし、ワシが見えるのか警戒しているのが分かる。
こちらから見えるのはボラからも見えるのである。
草むらに身を隠し釣る。
来た。かなり大きい。引っ張られテングスが伸びる。
やばいと思ったときには遅くバラが生い茂ったほうに逃げてテングスがバラにかかってしまった。
外しに入って行くがなにせバラが相手では痛くてしかたない。
車から釜を持ってきて切りながら引っ掛かりを外した。
そして上げてみると60cm位のボラである。
餌にはだめかなと思いながらビクに入れる。
昼近くまで釣ったが警戒し始めたボラは逃げてばかりに来なくなったので終わりにした。
そこに地元のオジサンがボラを釣りに来た。
既に満ち潮で水位が上がり始めていた。
ワシは昼食昼寝をした。
起きるとボラ釣りの人はいたがほかに釣り人がいる。
見に行くとペットボトルを使って釣りをしている。
数日前に大阪から釣りに帰った人と話をしたがその人の息子さんである。
いろんなことを教えてもらう。
国分川で30年も釣りをしているという。
少し弱ったボラとニゴイで釣りを始める。
さらに若い釣り人がやってきた。息子さんと知り合いだという。
チヌを釣るという。キチヌと言ってハラビレが黄色い。
17時近くなった時と思うが息子さんと話しているとガツンと当たりが来た。
錘は切れてしまった。しかしそれっきりである。
餌が豊富な河川では大きいものは深追いしないで行ってしまう。
海から5kmくらいはあるところでアカメがいることが分かった。
川の実態、魚の生態が分かるだけで釣りは楽しい。
まして、釣り餌に良いと思っているウグイがいるという情報も得た。
明日はウグイを釣ってみることにする。
ただし、高知にはウグイの釣り餌のミミズが置いているところがない。
どうするか明日考える。

ボラを釣る。大きいボラが沢山いる。と言っても簡単には釣れない。
画像

アカメが来るのをじっと待つ。
画像

30年もこの川で釣っている息子さん。
画像

45cmのボラである。
画像

40cmのニゴイである。これにアカメが来た。
画像

国分川から高知市内側である。
画像


at:浦戸湾千松公園

この記事へのコメント

三面相
2016年10月02日 08:23
国分川でいい出会いがあったようですね。
釣りにも手ごたえのようです。
今日はまだお天気が良いようですが
この後大雨の予報気をつけて釣ってください。
釣り好き神子
2016年10月02日 21:35
三面相さん
釣り人との出会い。良いものです。
いろんな情報を教えてくれます。
情報はヒントのようなものです。
それをベースに自分の釣りを行っていく。
一歩一歩先進が面白いところです。
晴れている時、風が吹いている時、雨が降って居る時、魚のいる場所や行動が違うところに釣りのむつかしさとその解明に楽しさがあります。

この記事へのトラックバック