イワナ釣りを楽しむ

イワナを釣りに出かけた。
朝から雨が降っている。天気予報では一日雨である。
土砂降りでは増水して濁るので良くないがこれくらいが良いのである。
4時起床、5時出発、6時山に登り始める。
2.5万分の1の地図で釣る場所を探して初めてのところである。
Y沢として置く。
山道があるが古い地図なのであるかどうかわからない。
下流から釣り始めて疲れたところで山道がないとくたびれて大変である。
先に道があるかどうかを確かめるために源流に向かう。
釣り下ることにした。
山道がある。源流に向かい。そこから山を下り沢に下りる。
2時間弱歩いて目的の場所に着いた。
小さい沢である。
水は雨で笹濁り、少し濁っているくらいである。
このくらいだとイワナは警戒しなくエサをくってくる。
地図で見る限りイワナは居るとにらんでいた。
釣り始める。すぐ来た。
ニッコウイワナになりかけである。
ニッコウイワナも来る。
雨が降っているが結構楽しく釣れる。
遡行がちょっと大変なところもあるがゆっくり下る。
沢が小さいので来るのは小粒である。餌が少ないので大きくなれない。
小水するのに合羽などを脱がなくてはならない。雨に濡れているせいもあり寒くなってきた。
また、合羽を着ると和らぐ。用心に1枚着込むのを持ってきたがそこまでは必要ない。
結構釣れるので移動に時間がかかる。
最初釣り始めを下流から考えたところで終わりにしようと目指していたが昼近くなった。
ポイントだけに絞る釣り下がる。11時過ぎに大きな岩陰があった。
昼には少し早いが雨宿りができるのでそこで弁当を食べる。
そして13時に終わりにしようと思ったところに着いた。
イワナのはらわたをさばく。
今日の釣果は小粒であるが31匹となった。
そんなに釣ってイワナが居なくなるのではとご心配されると思うが、そこはしっかりと15cm以下は同じくらいリリースしている。お気に入りの場所になった。
一日雨のため映像が少ない。
13時半に下山開始し、3時に車に着いた。

今日の釣果である。
画像

雨で霧のかかる山に入って行く。道端に桐の花が咲いていた。
画像
画像

源流ではあるがニッコウイワナになりかけが来た。
画像
画像

宿カエルが居た。産卵時期である。
画像

蛇かと思ったがミミズのようでもあるが初めて切る生き物である。雨が降るとこのような生き物が動き水に流されるのでイワナはそれを持っているのである。
画像


at:山荘

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

長野のいごっそう
2017年05月25日 21:23
31匹とは大漁でしたねぇ~。
それも、小さいのを同じ数リリースしているとは驚きですね。
ほとんど入れ食い状態ではないですか。
釣り好き神子
2017年05月26日 07:24
長野のいごっそうさん
4時間くらいですから入れ食いに近いですね。
一部はエサ取りを初めて単独にいますが
まだ滝つぼに家族といるようです。
最初は住処の廻りでうろうろしている小さいのが来て、大きいのが何かあるのと出てくる釣りです。
夫婦で泳いでいるのが見えます。釣ってやると近づくと一匹に気づかれさっと岩陰に隠れました。これは釣れません。
もう一匹を狙って釣りました。20cmほどの雄のイワナです。逃げたのは雌のようです。しつこく釣りません。
若い雄と産卵に励むことになります。

この記事へのトラックバック