荒川本流で釣りを楽しむ

秩父市内の荒川、先日大物釣り大会を行ったところに釣りに行く。
5時起き6時出発7時前に着く、すでに5名ばかり釣っている。
合い間を縫って釣り始める。
ポイントから釣っていた人が居なくなるとそこに移動する。
ワシが見定めたポイントを釣ると33cmのヤマメが来た。
更に粘っているとまた33cmのヤマメが来た。
もういないかなと別のところに移動する。
移動先で30cmオーバーのヤマメが来た。
大物釣り大会の場外であるが上流に良いポイントが有るのでそこに移動しているか確かめるために200m位歩く。
そして釣ってみたが来ない。2か所釣ってみたが来ない。あまり移動はしていないようである。
釣り大会で釣ったところに引き返してきて釣る。
40cmのドナルドソンニジマスが来た。
昼になったので弁当を食べる。
しかし、昼食後は来なかった。
まだ釣っていない下流に移動する。
どこも浅い。ちょっと深いと思うと流れが速い。
小さいニジマスを3匹ばかり釣る。
面白くないので下流をあきらめ、最初釣り始めた場所に引き返してきて釣る。
ここで粘って35cmと30cmのヤマメを釣った。
疲れが出てきたので15時に終わりにした。
今日の釣果は30cmオーバーのヤマメ5匹と40cmのニジマスと20cmのニジマス3匹である。
60cmクラスのニジマスはワシの想定ではもっと深みがある場所に行ったと思う。
60cmクラスになるとイクラは食べないし、川虫など腹の足しにならない。
小魚が餌となる。小魚は今回釣ったような流れのはやい場所には居なく大トロになっているようなところに居る。したがって大きいニジマスはその大トロがある場所に行ったと思う。時間があれば探しに行ってみたいと思っている。
ヤマメは30cmオーバーと大きいが養殖場で餌を豊富に与えれば大きくなる。天然では餌が少ないため3年間では30cmになるのは珍しい。
今日は高々300m位の間を往復したことになるが疲れた。

荒川本流を釣る。
画像

35cmのヤマメが来た。別のところで40cmのドナルドソンニジマスが来た。
画像
画像

今日の釣果である。左5匹が尺ヤマメ、右4匹がニジマス、真中にあるのはヤマメの卵、すでにこのように大きい、やはり魚体が大きいと卵も大きくなる。
画像


at:山荘

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック