イトウは来ず

朝起きると車内温度は7℃である。空が晴れているので温度が下がったと思う。
東からの風が吹いている。
以前釣った場所に下りて行く。
まるっきり川の様子が変わっている。
上流にある橋げたに引っかかった流木が流れを変えたのである。
岸までえぐられて深くなっている。
サンマの切り身で釣り始める。深さは手前で3m位、沖合で4~5m位ある。
深すぎるなと思った。
7時半に3本竿を出すとウグイを釣ることにした。
ところが深くなりすぎてウグイが全然来ない。以前釣った時は結構ウグイが来たのにである。川の形状が変わると魚の生態が変わるという事を実感した。と共にイトウも来ないのではないかと心配になる。
やはり来なかった。深いところには小魚がいないのでイトウも来ないのである。
イトウはたぶん対岸を回遊しているものと思う。
午前中は東風で小波が出来ている程度だった。
昼頃風も止み暖かくなった。よい状態になったと思ったが1時間もしないうちに西風に変わり、さらに強くなってきた。
西風は川の流れと反対なので大波になる。釣りにならなくなったので13時半頃終わりにした。イトウは釣れずである。
ちなみに平成24年6月16日に同じところでイトウを釣った時の動画である。

天塩川の河口を見に行く。初めてである。
河口は濁りが入り、さらに流れが速い。イトウもアメマスもダメだと思う。
明日は右岸側の突端の海でアメマスを釣ることにする。

午前中は東風が吹いているので釣り竿を倒して釣る。
画像

昼頃、風も止み急に暖かくなり下着一枚で良くなった。と束の間西風が強くなりまた寒くなった。
画像

橋げたに引っかかった流木が流れを変えていた。
画像

釣りを終えた後天塩川の河口を見に行く。綺麗な花が沢山咲いている。
画像
画像

天塩川の右岸側の突端に泊っている。夕陽が利尻富士の脇に沈んでいった。
画像
画像


at:天塩川河口

この記事へのコメント

長野のいごっそう
2018年06月17日 10:55
厚着したり薄着になったりと、目まぐるしく天候が変化して対応が大変ですね。
釣り好き神子
2018年06月18日 00:19
長野のいごっそうさん
北風と太陽を思い出します。
身体が変化に対応するだけいいかなと思っています。

この記事へのトラックバック