イトウ釣れず

朝3時半に目が覚める。小鳥の鳴き声が聞こえる。すでに明るくなってきているのである。
東なので夜明けが速い。関東に比べると30分くらい早い。
まだ早いともう一寝入りする。
6時に起きる昼食を食べ目指したところに釣りに行く。
引き潮の上に風が強い。
川の地形が変わっている。水深が水分と浅い。
河口の砂利を取ったのだと分かる。水はけが良くなったのである。
サンマの切り身を餌にしてイトウを釣り始める。
そしてウグイが潜んで居そうな場所を選びウグイを釣り始める。
小さい10cm位のウグイが入れ食いである。しかし大きいウグイは来ない。
ウグイはこの時期産卵期であり、大きいのは深みに産卵に行っている。
イトウはそのウグイを狙って食べている。
川の水がみるみる引いていく。
ウグイを釣っていたところの川底が見えだした。
釣りはじめて30分くらいの時あたりが来た。
いつもイトウを釣るときは竿に鈴をつけているが鈴を持ってくるのを忘れたのである。
来たと思ったときは少し遅かったようである。しばらくやり取りしていたがググーと引かれ暴れれると外れてしまった。合わせが遅かったのである。
たかが鈴とはいえイトウ釣りでは必要なものである。
鈴なしで何時間も竿を見ているわけにはいかない。じっと見ていると目が回って来る。
風がなお強く吹き出した。釣りにならなくなった。15時前に終わりにする。
河口を見に行く。予想した通り河口の砂利を取り除いたようである。
海との間に深みが出来ている。
これで水はけが良くなり浅くなったと分かる。
イトウの生態系が変わったのではないかと思う。
明日はこの河口を釣ることにした。
そして買い物は明日を予定していたが鈴を買うために片路20kmある浜頓別町まで買に行く。

いつも釣るところで釣り始める。風が非常に強く釣りずらい。
画像
画像

ふと見ると蛇がいる。マムシと違い普通の蛇のようである。追っ払おうとすると尻尾をぶるぶるふるわせながら向かってこようとする。ちょっとびっくりする。この野郎と流木を使って叩き殺し川に投げ込んだ。イトウのエサになるかもしれない。
画像

以前は釣っているとイトウが入り込んでいた入り江が川底が見えだした。
画像

河口の砂利が取り除かれ海と一体になっている。河口側と上流側である。
画像
画像


at:猿払川

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

三面相
2018年06月05日 07:23
頑張って釣っていますねえ。
そちら30度越えでかなり暑いようですが
昨日はこちらより暑かったそうですよ。
長野のいごっそう
2018年06月05日 11:00
いよいよ北海道での釣りが始まりましたねぇ~。
鈴を忘れてイトウを釣り損なったり、ワシの大嫌いなヘビに遭遇したりと、色々とありますね。
釣り好き神子
2018年06月05日 22:25
三面相さん
そんなに暑さは感じなかったですよ。
昼間でも長そでを着ています。
釣り好き神子
2018年06月05日 22:30
長野のいごっそうさん
鈴がないために釣れなかったんですからねえ。
向かってくる蛇にはびっくりしました。
ウエーダーをはいているのでかみついても平気だとは思いますがね。

この記事へのトラックバック