イトウを釣った

猿払川の河口で釣ることにする。
ルアーやフライを振っている人が数人いる。
誰も居ない国道の橋の下に入る。
釣り始める前に深さをはかる。2m位である。
猿払川にしてみれば深いほうである。
釣り始めるとまた風が強く吹き出した。
釣り始めたが来ない。退屈しのぎにアメマスが居ないか釣り始める。
しばらく粘っているとあたりが来た。大きい。イトウだと分かる。
磯釣竿でハリス2号である。とてもかなわない切れてしまう。
しかし良いヒントとなる。
川底でなく上層部を泳いでいるかもしれないと考え、仕掛けを変える。
しばらくするとサンマの餌に来たのである。
慎重に対応し、上げてみると90cmである。
サンマの餌にツンツン突っつくのがいる、ウグイだなと思い。餌を小さくしてみると25cmのウグイが来た。ウグイをサンマの餌と取り換える。
するとすぐイトウが来たのである。2匹目も90cmである。
真ん中に投げて置いたサンマに来た。すぐ食わないところを見るとウグイと分かる。
喰うまで待つ。しばらくつついていたがテングスが緩んだ。食ったと合わせる。
上げてみると35cmのウグイである。
これを2本ハリを使って餌にする。
しばらくウグイが暴れて竿がしなったりしていたがいきなり竿が曲がった。
来たと合わせる。これまた3匹目も90cmである。
12時を過ぎたので弁当を食べ始める。
食べていると鈴が鳴る。飛んで行って合わせる。
グングン引くがドラッグを緩め伸ばしたりしながらゆっくり上げると4匹目も90cmである。
水位が下がってくると当たりが来なくなった。15時頃が干潮のようなので14時に終わりにした。
終ってから浜頓別にサンマを買に行く。そして道の駅「さるふつ公園」にある風呂に入る。
以前は古びた風情にある風呂であったが古くなったからと3年くらい前にホテルの脇に作ったという。
明日は海を釣ることにした。

来た!粘ったうえタモに取り込む。
画像
画像

重くて片手ではあげられない。90cmのイトウである。
画像
画像

2匹目
画像

3匹目、35cmのウグイに来た。
画像
画像

4匹目
画像

オスは5月の産卵時のピンク婚姻色がまだ残っている。メスはお腹がぺしゃんこである。
画像

イトウの顔は可愛い。
画像

4匹とも90cmであるが老体である。肌が荒れている。
画像


at:猿払川

この記事へのコメント

三面相
2018年06月06日 08:18
久しぶりにイトウに会えて嬉しそうですねえ。
この辺りはかなり開けたところですね。
長野のいごっそう
2018年06月06日 10:16
北海道上陸後、早速90cmのイトウが4匹とは凄いですねぇ~。
ニヤニヤしている神子さんの顔が目に浮かびますよ。
釣り好き神子
2018年06月06日 22:28
三面相さん
イトウ釣りのだいご味を味わっています。
北海道は海岸沿いを国道が走っており海岸近くは開けています。
釣り好き神子
2018年06月06日 22:30
長野のいごっそうさん
イトウは今が食欲旺盛な時です。
産卵後でお腹を空かしているんでしょうね。

この記事へのトラックバック