海でイトウを釣る

猿払の海でイトウを釣った。
以前にイトウは海の魚であることを証明するために海で釣ったことがあるが今日もう一度確認した。
3時に目が覚めるとすでに明るくなってきている。
夜は19時半ごろまで明るい。
日本の東に位置するので夜明けが速いのはわかっているがちょっと異常なような気がする。
北半球の北に位置するため日が長いのだと思った。
北極のほうに行けば一日中太陽が見えるところがあるという。
4時半に起きる。
海で釣るときはサンマのエサではイトウに見えにくい。生き餌が良いとウグイを釣ることにした。
猿払川ではウグイが釣れるところがないので直ぐとなりを流れている猿骨川で釣ることにした。
あまり大きくはない川ではあるがウグイが居そうな川である。
釣り場所を探して入って行くとルアーを振っている人がいる。
イトウを釣っている。釣れましたかと聞くと昨日は釣ったんだが今日は来ませんと言う。
側でウグイを散り始める。狙った通りウグイの入れ食い状態である。
1時間ばかり釣って15~20cm位のウグイを20匹くらい釣った。
この時椅子が壊れてしまった。
車の中で食事やパソコンを使う時にも使っている。
生かしびくに入れて猿払の海に運ぶ。
釣り具も運んだが忘れ物をしたと車に取りに来て海に行くとかごに入れて置いた弁当をカラスに食べられた。ご飯とお新香を残しておかずをぜんぶ食べてしまったのである。
以前釣り餌を食べられたことはあったが弁当は初めてである。
カラスは釣り人のところに行けば何か食べるものがあると記憶しているようである。
8時半頃からイトウを釣り始める。
すぐに鈴が鳴る。
合わせられなかった。針が小さいなと思う。
自宅近くの釣具店ではハリスが6号くらいの針付きは売っていなかったので浜頓別で買ったのであるがここでもちょっとはハリが小さかった。
20cm位のちょうど良いウグイであるがその割にハリが小さいので係りが悪いのである。
2回目に来た時は慎重に合わせて釣り上げた。80cmの肌のきれいなイトウである。
潮が引いていく。後が来ない。
昼近くなったので終わりにしようかなと思っていると鈴が鳴る。
またしても合わせられない。
夕方潮が満ちてくる時釣ることにして12時前に終わりにした。
昼寝をして浜頓別に椅子を買に行く。ついでに車のルームライトの玉切れ等買うことにした。椅子を3か所探したが売っていなかった。
16時頃帰ってきたがどうも疲れている。重い荷物を背負って砂浜を歩いたからである。
釣る気がしないのでさるふつ公園の風呂に入りに行く。サウナで汗を流しさっぱりした。
明日もう一度海で釣ることにした。

イトウが来た。慎重にタモに取り込む。
画像
画像

釣ったぞとポーズをとる。と暴れる。
画像
画像

手から落ちてしまい。ハイさよならとなる。
画像
画像

タモに取り込んだ時写真を撮った。肌が綺麗な80cmである。
画像
画像

猿払の海で釣る。3本がイトウ狙い、1本はアメマスを狙うことにした。
画像



at:猿払川

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

三面相
2018年06月07日 08:39
そうなんですか海なんですか
釣りのことは知らないことが多いです。
椅子がないのは不便ですねえ。
長野のいごっそう
2018年06月07日 10:51
釣り逃がしながらも、楽しんでいるようですね。
疲れもあるようですが、後期高齢者ですので、ノンビリと楽しんで下さい。
釣り好き神子
2018年06月08日 01:40
三面相さん
イトウを海で釣ったのは2回目ですがイトウが海に魚だという事の証拠です。
椅子は流木を拾ってきて使いました。
釣り好き神子
2018年06月08日 01:44
長野のいごっそうさん
釣りを楽しみながら運動もしています。
重い荷物を背負って砂地を歩くなんてきついですよ。
普段より運動しているので体が慣れるまで注意が必要ですね。

この記事へのトラックバック