イトウは来たが釣れず

朝起きると寒い。北風が吹いている。
海で釣るために隣の川の猿骨川にウグイを釣りに行く。
昨日の少し上流で釣り始める。
釣れていたと思ったら急に釣れなくなった。
イトウが回遊してきたのである。
見ていると波紋を作りながら下ってくる。
この川はあまり大きくはなく深さもあまりない。
イトウは浅い岸辺のほうをウグイを探しながら泳いでいるのである。
後から後から波紋を作りながら群れでやってくる。
10匹くらい下って行った。波紋から考えるとあまり大きくはない。
しばらくするとウグイが釣れ出した。
しかし、20分くらいすると河口まで300~400m位の所なので折り返してイトウが上ってくるとまた釣れなくなった。
そして上っていくとまたウグイが釣れ出した。
釣り仕掛けを持ってきてウグイを餌にしてぶっこんで置けばイトウが釣れたかもしれない。
1時間半ばかりかかって15匹くらい釣ったので終わりにして猿払の海に移動する。
重い釣り具と生かしたウグイをもって砂地を歩く。きつい。休み休みとなる。
8時半から釣り始める。
今日は北風なので向かいから吹いている。これが冷たいのである。
昨日の経験から釣り針を大きくした。
しばらくすると鈴が鳴らなくテングスがたるんでいる。急いであげたが外されてしまった。
川で釣るときは、餌を銜えると沖に向かうので鈴が鳴る。
しかし、海は広いので餌を加えると岸のほうに向かうものもいる。この時は鈴は鳴らないのである。
そしてイトウはおかしいと吐き出してしまうのである。
合わせが遅いと外されてしまう。
寒いので少し離れたテトラポットの陰から様子を見る。
またしてもテングスが緩んだ、急いで駆け付けたがまたもや外されてしまった。
その後は全然あたりがない。
11時頃海をあきらめ先日の河口に移動する。
あまりにも寒いのでセーターと取りだし着込む、それでも寒い。
車内にある温度計を見ると12℃であるが外は北風が寒く体感温度からすれば10℃以下だと思う。
15m位離れた車の中から様子を見る。
鈴が鳴る。
駆けつけたが外されてしまった。
合わせるのは瞬間の差である。
寒いので食いが悪いこともある。
16時まで粘ったが釣れなかった。
寒いので風呂に入り体を温めた。
晩酌後パソコンに向かったが眠く、少し休憩しようと横になるとぐっすり寝込んだようである。
明日はどうするか天気を見てからにする。

ウグイを釣る。
画像
画像

目の前をイトウが波紋を作りながら泳いでいる。一度目の前に60cm位のイトウが泳いできてビクに入れてあるウグイを食べようとした。ワシに気が付いたのかあわてて逃げて行った。
画像

ウグイを生かしびくに入れて移動する。
画像

ハリを大きく作った。
画像

海で2回来たが合わせられなかった。
画像

河口で1回来たが合わせられなかった。
画像


at:猿払川

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

三面相
2018年06月08日 07:12
30度越えで扱いと思っていたら
10数度とはまた寒いんですねえ。
今時に寒くて震えてるとは大変ですね。
長野のいごっそう
2018年06月08日 10:55
北海道のどこら辺にいるのか? とインターネットで猿払村を検索してみました。
北海道のほぼ最北端に近い所ですね。
寒いようですが、夏風邪など引かないよう気を付けて下さいね。
釣り好き神子
2018年06月08日 21:33
三面相さん
寒くて震えながらも釣りをしています。
好きなことだからできることです。
これも身体の鍛えになっているでしょう。
釣り好き神子
2018年06月08日 21:37
長野のいごっそうさん
イヤー北極(少しおおげさかな)に近いと寒いなーと実感しています。
半ズボンを持ってきましたが必要なかったかなと思うほどです。
股引を引っ張り出してきています。

この記事へのトラックバック