イトウを釣った

今朝も起きると寒い。どんより曇っている。
猿払川の初日に釣ったところを釣ることにした。
潮カレンダーを見ると長潮である。水位の変化が少ないと川を釣ることにした。
ウグイを猿骨川に釣りに行く。今日は東風だが寒い。
川は小波が立っている。川面を見ると嫌な予感がするが釣ることにした。
昨日のことも有ってイトウの釣り仕掛けを2本用意してきた。
とりあえずウグイを釣るまでサンマで釣り始める。
ウグイを釣るが全然来ない。何故だ!
寒いせいか小波があるせいかと考える。たぶん小波の生だと思う。
何故か風が吹くと小魚は釣れなくなる。
1時間粘ったがウグイは来ず川カレイなどの変わった魚の稚魚が来た。
終わりにして猿払川の初日にウグイを釣った場所に移動する。
冷たい向かい風である。
釣るも小さいウグイばかりである。
エサにならないとあきらめ、サンマで釣ることにした。
幸いなことに水位が下がっていない。
9時半から釣り始める。
一向に来ない。
11時頃訪ねてきた二人連れがいる。
自宅の隣町の上福岡からきた人である。
一人は山に登るのが好き、一人はイワナを釣るのが好きと言う。
ルアーを持っている。2人ともイトウを釣るのは初めてと言う。
あまり詳しくは聞かなかったが話していると鈴が鳴る。
上げてみると丸々とした90cmの雄のイトウである。
2人は初めてみたという。
2人はまた機会があればお会いしましょうと帰っていった。
弁当を食べその後も釣っていたが寒くて震えだした。
13時半に終わりにした。
明日はアメマスを釣ることにしている。

イトウを釣った。
画像

上福岡から来ていた人が巻き尺で寸法をはかってくれます。90cmでした。
画像

まだ婚姻色の残ったオスです。老体なのか肌は荒れています。
画像
画像

記念写真を撮ってくれるというのでハイポーズ、しかし暴れます。ハイサヨナラです。
画像
画像

朝、ウグイを釣りに行った猿骨川である。
画像

ウグイは来ずに川カレイと名前を知らない小魚が来ただけである。
画像
画像

別の所でもウグイを釣ったが駄目であった。
画像

退屈しのぎに撮った。寒くて冬の格好、大きいイタドリである。
画像
画像

毎晩泊っている場所である。元道路であった場所で行き止まりになっており、周りに木が沢山あり防風林にもなっているし小鳥のさえずりも聞こえ自然的でよい場所である。
画像
画像


at:猿払川

この記事へのコメント

三面相
2018年06月08日 22:08
物凄く寒そうですねえ。
台風が発生しました。
北海道まで行くそうですから気を付けてください。
長野のいごっそう
2018年06月09日 10:51
本当に寒そうで、冬の服を着ているようですね。
今回の遠征は、イトウの釣果が多いように思いますが・・・・・。
ところで、イトウは美味しい魚ですかね?
釣り好き神子
2018年06月09日 20:59
三面相さん
10℃以下の感じです。
股引をはいても寒いです。
冷たい北風で海が荒れるよりは南から来る暖かい台風で荒れるほうがましです。
釣り好き神子
2018年06月09日 21:04
長野のいごっそうさん
イトウは北のほうにしか生息できなくなっています。まずはイトウ狙いをしています。
イトウは幻の魚と言われています。まだ食べたことはありません。すべて丁寧に扱いリリースです。

この記事へのトラックバック