のべ竿でイトウを釣る

今朝もまだ寒い。今日は海アメマスを釣ることにしていた。
朝食後海に行くと冷たい東風が強く海はあれている。
河口のほうには土曜日とあって釣り人が居る。
普段働いている人達であろう。
毎日がサンデイのワシは遠慮することにして風も影響の少ない山の中に入ことにした。
サロベツ川の上流に向かう。後で釣ることにしていたところである。
目指したところに1時間くらいかかって着いた。岩の下流にえぐられてできた結構広い深みがある。7時半から釣り始める。
大物でイトウ、ドナルドソンニジマス、ウグイ狙いである。
本流竿を使う。ハリスは3号の通しである。
1時間ばかり粘っていると来た。
グングン引き込む。大きい。
新しく買った本流竿、デングスの3号を考えながら竿を操る。
上げてみると60cmのイトウである。
のべ竿でイトウを釣ったのは初めてである。
今回の一つの目標を達成した。
更に釣っていると下流から3人連れのルアーマンが上がって来る。川の中をじゃぶじゃぶ歩きながらである。あれでは釣れないなと思っていたらこともあろうにワシが釣っている深みにまで入ってルアーを振り始めた。それはないだろうと言おうとしたら止めた。
ルアーを振り込むのは良いとしても水中に入られては魚が逃げてしまう。
「水中では音の伝達が良い。したがって水中を歩けば魚はすぐ気が付く。ルアーやフライマンが水中に入り釣っているが先ず釣れないと思う。魚は水中を歩く音が聞こえるだけでなく人の足が見えるのである。」
3人連れが居なくなって1時間はだめだろうとあきらめた。
50分くらいすると小魚が餌を取り始めた。やっと自然に戻ったと釣る。
そして1時間後に来たのである。
ものすごい引きである。
右に左に走る。
上げてみると50cmのドナルドソンニジマスである。
11時まで釣って今日は終わりにする。
豊富の町に買い物に行く。不便であったがホームセンターで折りたたみの椅子を買った。
豊富温泉に入る。380円である。
明日は日曜日なので山の中にいることにする。

来たぞ!タモに入りきらない。浅瀬に寄せ手でつかむ。
画像
画像

タモに入りきらない60cmのイトウである。
画像
画像

ポーズを撮る。丁寧にリリースする。
画像

また大きい当たりが来た。ドナルドソンニジマスである。
画像
画像


at:サロベツ川

この記事へのコメント

三面相
2018年06月10日 08:16
順調に釣ってるようですねえ。
でもかなり寒そうです。
安い温泉があって嬉しいですね。
長野のいごっそう
2018年06月10日 08:25
どの世界でもマナーの悪い人がいますね。
マナーを守りながら、気持ち良い釣りを、続けて下さい。
釣り好き神子
2018年06月10日 17:57
三面相さん
6月と言うのに何でこんなに寒いだろう。
半ズボンは必要なかったくらいです。
温泉が多くていいですよ。今回は釣る楽しみを少し削って出来るだけ入るようにしています。
釣り好き神子
2018年06月10日 18:01
長野のいごっそうさん
人が釣っているところにわざわざ入ってこなくても釣る場所は沢山あるのにと思います。
土・日曜日は働いている人のために席を譲り人が釣らないところを釣っています。
ansan
2018年06月26日 18:46
じゃぶじゃぶしても大きいイトウ釣れました!
ansan
2018年06月26日 21:25
イトウも丁寧にリリースとか書いてますけどまず持ち方が魚にダメージ与える持ち方してますね!
ansan
2018年06月26日 21:36
そもそも、区間を遡行していたのに追い抜いて釣りを始めてマナーが悪いのはどちらでしょうか?
釣り好き神子
2018年06月27日 19:18
ansan さん
いろいろご意見ありがとうございます。
・イトウの持ち方を教えてください。
・どちらが先に釣り始めたかはわかりません。
ansan
2018年06月28日 14:41
まず、リリースを前提とする魚の全身を水から出すことは基本的にありえません。イトウを抱きかかえるような持ち方や地面に置くことなど論外です。なぜなら、低水温域に住むむ鱒類は非常に皮膚の弱く、体表の粘膜が僅かに傷ついたり、体に砂等が付着しただけでリリース後に高確率で病気にかかってしうからです。また、魚が暴れるような持ち方は、魚の内蔵へのダメージも懸念されます。
このようなことは海外の釣り文化が進んでいる国では常識ですよ。
私はイトウ釣りの際はラバーコーティングネットを使用し、保護グローブを着用し、写真撮影をする際も水中の魚に手を添えて支えるだけの持ち方をしていますよ。
あなたは傷ついた魚でも自力で泳いで帰っていけばリリースしたことになると思っているかもしれませんが、それは大きな間違いです。
この指摘を受け入れられないのであれば、今後一切イトウ釣りを自粛してください。
ansan
2018年06月28日 14:49
また、エサ釣りを否定するわけではありませんが、イトウは他のマス類と比較して体力の消耗が激しく酸欠になってしまうのかとても弱りやすい印象があります。自身はパワーのあるタックルを用いてヒットしたらすぐに回収、素早く写真をとり元気なうちにリリースできるよう心がけています。
お一人での釣行ということもあり、ビデオ撮影するのは自由ですが、イトウを水からなるべく出さないよう配慮すべきです。
ansan
2018年06月28日 14:54
また、遡行に関してですが、一点で粘り続ける方をあまり見たことが無かったため経験不足ということもありましたが、自身が区間を遡行する際は前後の橋に釣り人であろう車があった場合はその人が遡行している場所には入らないようにしています。
こちらも時間をかけ遡行しているので、どちらが早く入ったかということは確かにわかりません。しかし、後から遡行して来た人があの広く大きい淵のような場所で後から釣りをすることに一方的にマナーが悪いというのは如何なものかとおもいます。
魚が音に敏感というのなら、こちらも釣りしていいかどうか確認したくても大きな声を出せませんよ。
釣り好き神子
2018年06月28日 16:46
ansanさん
ありがとうございました参考にいたします。
このブログを1日に多い時で300人が見ています。釣り人もいることと思います。
お互いに釣りのルールを勉強することは良いことだと思います。
釣りで先人が居るかを確認しています。
釣り人が居るのに釣るほど野暮ではありません。
ルールはわきまえています。
話す声は魚には聞こえません。
歩く音とか人影には敏感です。特に水中は音が伝わります。渓流釣りで最も気を付けることです。
Tsan
2018年07月04日 16:09
初めまして!立派なイトウGETおめでとうございます!私も去年からフィッシュグリップ持参でイトウ釣りに挑戦しています。なかなか釣れませんがあの引きは病みつきになるものがありますね。味は泥臭くて食べれたものではありませんが…
釣り好き神子
2018年07月04日 20:03
Tsanさん
ブログを見ていただいてありがとうございます。
挑戦を続けてください。
イトウはまだ食べたことはありません。
地元の漁師と話をすると昔は食べていたと言います。決して悪い味ではないと言います。
海に居るイトウなら泥臭くないかもしれませんが魚を食べるのは好きですがどうもイトウだけは食べる気がしません。
絶滅の危機に迫られているからと思っているからだと思います。

この記事へのトラックバック