海アメマスは来ず

昨夜は尻別川の河口近くの海岸に泊った。
朝起きると風は吹いているが波は意外と静かである。
支度をしてあらかじめ釣る場所を決めて置いた砂浜に降りて行く。
遠くでルアーを振っている二人連れが居る。
以前に春だったと思うがアメマスを釣った場所である。
今回はサンマの切り身とエビとキビナゴを使う。
魚が居ればどれでも食べると思う釣り方である。
7時釣り開始となる。
すぐにサンマに小さい当たりが来た。
エサ取りである。
しばらくしてあげてみるとサンマがないのである。
何かが居ると心配になりほかの2本を上げてみる。
どれにも餌が無いのである。
時たま鈴も鳴らない位につんと来る。
上げると餌が無い。
エサ取りが始まる。
小魚がいれば大きい魚が寄ってくると粘り強く餌を変えながら釣り続ける。
朝いたルアーマンは帰り、近くに3人のルアーマンが釣り始めた。
風が少し強くなったからなのかこの人たちは30分くらい釣っていたが帰っていった。
一度鈴が鳴らずに糸がたるんだ。餌を加えて手前に来たのだ。
駆け寄るがはずされてしまった。
たぶん40号の重りを引っ張るとはサケに違いない。
重りでおかしいと吐き出したようである。
その後もエサ取りばかりで10時半に餌がなくなったので終わりにした。

天気は良いが風が強かった。上げてみるとことごとく餌が無くなっている。
画像
画像

3本の竿の遠投を繰り返すので結構運動になった。
画像
画像


at:尻別川海岸

この記事へのコメント

三面相
2018年09月18日 19:55
その周辺で頑張っていたんですねえ。
景色が良くって気持ちがよさそうですが
餌を盗られたばかりですか
まだまだ釣り紀行は続きますか。
釣り好き神子
2018年09月19日 17:44
三面相さん
天気も良く暑くなく寒くなくです。
残り少なくなってきました。
後、1週間になりました。

この記事へのトラックバック