サバもどきを釣る

昨夜は道の駅「よってけ!島牧」に泊った。
今日も大平川の海でアメマスを釣ることにした。
見ると波が小さい。
湾外で釣ることにする。
遠くから見ると波が無いように見えたが近づくとうねるような波が寄せている。
用心のためにセーフティージャケットを着てきた。
しばらく釣っていると小魚が寄ってきたようである。
タイミングを合わせて釣るとサバかなと思った。
しかし、よく見ると口が大きいし、背中がやけに青い。
知らない魚なのでサバもどきとして置く。
小魚が来たと喜んだのは良いが後から後から来る。エサ取りになってしまった。
大きい餌なら来ないだろうと昨日釣り具屋で買っておいた大女子で釣る。
ところがこれにも飛びついてくるのである。
尻尾をかじられる。まだエサがると続ける。お腹を食べられる。頭の部分が残った。
これで釣ると釣れたのである。
見ると目の前を群れで泳いでいる。
アメマス釣りどころではなくなった。
10匹くらいリリースしていたがキープして、から揚げにでもしようと考えた。
アメマス釣りからサボもどき釣りになってしまう。
キビナゴでは大きすぎてなかなか合わせられない。
お女子は7切れくらいにキビナゴを3つくらいに切って釣る。
それでも半分くらいは餌を取られる。
渓流釣りのようにウキ無しのほうが良いと目印を付けて目の前で釣る。
何匹か来たが来なくなった。群れで回遊している証拠である。
沖合で釣る。
入れるとやってくる。素早い。口が大きいので針が小さいからかからないようである。
それでも12時まで釣って20匹くらい釣った。
川ではらわたを取る。胃袋にキビナゴや大女子が入っている。
矢張り餌をみんな食べていたのでアメマスまで行かなかったことになる。
海釣りはエサ取りが困るのである。

外海で釣る。
画像
画像

来たと思ったらサバもどきである。
画像
画像

画像
画像

目の前で釣る。
画像
画像

面白いくらいやってくる。
画像
画像

今日の釣果である。
画像


at:大平海岸

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

三面相
2018年09月21日 17:59
鯖に見えますねえ。
青空が広がっていて
気持ちがよさそうです。
今は旨い酒を飲んでるでしょうねえ。
釣り好き神子
2018年09月21日 19:45
三面相さん
釣った時はサバだと思ったんですがどうもサバと違うようです。
アジが産卵時期になると海岸い寄ってきて1時間に100匹釣ったことがありますがそれと似ていますね。この魚も産卵時期と思います。
もう少し午後まで頑張ればこの魚を追い求めて大きい魚が来たと思いますが疲れてしまって持続できませんでした。
椅子を持って行くのを忘れて午前中立ちっぱなしでした。
天気がいいので釣りを楽しんでいます。
晩酌はいつもと変わりません。

この記事へのトラックバック