ニッコウイワナは来ず

今日は浦山川の源流に釣りに入った。
浦山川は秩父で一番町よりにあり、渓流のようになっており、車で入れ、入渓や遡行もむつかしくないため東京などからの釣り人が多い。
特に3月の解禁時は大賑わいとなる。もちろん、ヤマメの放流量も多い。
ワシも渓流釣りを始めた頃は良く来ていた。
イワナを釣るようになって来なくなっていた。
今日は久しぶりに源流でイワナを釣ろうと目指したのである。
ヤマメの放流場所を過ぎ、管理釣り場を過ぎて源流に向かう。
車で行けるところまで行った。
ところがすでに一台車が止まっている。
車のガラスを見ると水滴がついている。今日来たのではないなと分かる。登山者かなとあたりを見ていると少し入ったところでキャンプしている人が居る。
泊込で釣っていると分かる。ワシと同じように自然を楽しんでいるようなので邪魔をしないで下流を釣ることにした。
釣りあがるが何も来ない。
場所を変えようかなと思ったころにヤマメが来た。
こんなところにまでヤマメが居るのかなと思った。
よく考えてみるとすぐ下流に小さいが管理釣り場がある。そこから逃れてきたのだと分かる。
イワナ狙いとヤマメ狙いで釣っているとイワナは来ないがヤマメが来出した。
ヤマメを5匹釣ったところでイワナは居ないと終わりにした。9時半である。
支流がある。こちらを釣ってみることにして移動する。
下る途中で過去にヤマメを釣ったことのある砂防ダムに降りてみた。
大きくて深かったが、砂で埋まり狭く浅くなっている。
折角降りてきたので釣ってみる。
粘っているとなんとイワナが2匹来た。養殖イワナである。管理釣り場から逃れたものと思われる。
次は支流に入って行く。支流と言ってもどちらが本流なのかなと思うほどである。
通行止めになっているところまで行って川を見る。
立派なイワナ好みの渓流である。
降りて行く。見るとヤマメが目の前で餌を取っている。
ここもヤマメを放流するのかな、それとも上ってきたのかなというところである。
それでもイワナが居ないか釣り始める。
ヤマメは餌を流すと逃げてしまう。
そのうち小さいヤマメが来出した。
何匹か釣っているうちに20㎝ほどのヤマメが来た。
あとは小さいヤマメが来るだけなので12時に終わりにした。
町に買出しに出る。
車屋から電話が入っている。
今日車の修理は終わったが車検に出しているので明日7時に届けますとなった。
荷物の整理と入れ替えの準備のために隠居宅に帰ってきた。

浦山川の源流を釣る。
画像

ヤマメが来る。
画像
画像

来るのはヤマメばかりである。
画像
画像

下流の砂防ダムを釣る。なんと養殖イワナが来た。
画像
画像

それも2匹来た。
画像
画像

支流にヤマメが泳いでいるのが見えた。竿を出した途端に逃げた。
画像

ヤマメがいるようだが来るのは小さいヤマメである。
画像
画像

何匹目かにやっと20cmのヤマメが来た。
画像
画像


at:隠居宅

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック