天然イワナを見つけたぞ

昨夜は石鎚山の登山口の駐車場に泊まった。
雨が降り、霧が濃くかかって寒い。
長そでシャツにジャージを着こんだがまだ寒い。
車の暖房を入れる。
本当は石鎚スカイラインの途中で泊まることにしていたがインターネットが使える場所にした。
石鎚スカイラインは20時~7時までは閉鎖される。
朝ゆっくり起き朝食を食べて釣り支度していると7時に開門となる。
仁淀川の上流は面河川となっている。
面河川の源流には御来光の滝と言う日本滝100選がある。
この滝までは2回ばかり釣りに入っており、片道3時間くらいかかっている。一度は滝の上まで釣りに上がった。
しかし、滝の上はなにも釣れなかった。
滝の下は落ち込みが無くだめで下流でアメゴを釣っている。
今日は支流を釣ることにした。
結構谷が深いので大変と思ったが釣り人が入った跡があり、意外と楽に川に降りられた。
すぐのところに砂防ダムがある。
こんなところにどのようにして作ったかなと思う。
落ち込みを釣るとイワナが来たのである。
それもニッコウイワナと同じようにオレンジの斑点がはっきりしている。
天然(昔から生息している)イワナである。大発見となる。
何匹か釣ってもういないかなと思ったが老イワナが居るかもと隅っこを釣ってみると居たのである。
更にオレンジの斑点が濃い。これぞ天然イワナだと確信した。
この砂防ダムは鉄でせき止めており、魚道が無くイワナとて上れないと思う。
この上流にイワナが居ればダムができる前から生息していたと考えられるので確かめることにした。
ダムを高巻上流を釣るが何も来ない。
しばらく行くと小さい落ち込みだが岩に囲まれており上流に行けない。
やむなく高巻くことにしたが急峻なためかなり上まで上がる必要がある。
一歩一歩上っていると上に道らしきものが見えてきた。
そのまま上がってみる。
林道がある。車は通れないが歩くことはできる程度である。
時間を見ると9時半である。
イワナを確認したので終わりにしようかなと思って休憩していると下から3人連れの女性が上ってきた。山登りだと言って登って行った。
この道は続いているということが分かったのでもっと上流に行ってみることにして歩き始める。
30分くらい上ったところで滝のような音がする。
調べると砂防ダムがある。この道を使って砂防ダムを作ったんだなと分かる。
落ち込みは見れないが釣ってみることにして急峻な山を下りる。
降りてみるとまずまずのポイントが有る。
ここに居なければ源流にはイワナは居ないと釣り始める。
イワナが来たのである。
これこそ昔から生息しているイワナだと思った。
オレンジの斑点が濃くニッコウイワナのようである。
小さいのも居た。生息し続けていると確信した。
11時まで釣って10匹以上確認した。
西日本でニッコウイワナのようなイワナを釣ったのは初めてである。

砂防ダムを釣る。
画像
画像

来たのはイワナである。
画像
画像

それもニッコウイワナのような天然イワナである。大発見である。
画像
画像

何匹か釣ってもういないかなと思ったが老イワナが居るかもと隅っこを釣ってみると居たのである。
画像
画像

砂防ダムの上流に小さい落ち込みがあったが高巻く必要がある。
画像

元林道を歩いて登り砂防ダムに降りて釣る。
画像
画像

ここにもイワナが居たのである。
画像
画像

ニッコウイワナと同じである。
画像
画像


at:道の駅「みかわ」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック