イワナは来ず

6月23日の日記
桜島SAで6時に起きる。
SAはゴミが捨てられる。
車内のゴミを整理して不要なものは捨てる。
7時出発となる。
えびなICで降りて川内川の源流に向かう。
入り口のところに入漁券扱いの看板がある。1日500円と安い。
聞くと近くにはヤマメを放流しているという。
ワシはヤマメでなくイワナを探している。源流に行きたいのだが行けるか聞く。
たぶん行けると思いますと若い人の返事、ともかく源流に向かう。
10kmくらいはいると通行止めになっている。
その奥にある支流を目指してあまり使っていない荒れた林道を歩き始める。
しかし、15分も歩くとカーナビにはあったが林道が無くなった。
山の中を歩くがブッシュで歩けない。
やむなく本流に降りてポイントを釣る。
来るのはヨシノボリばかりである。
下流にあった支流を釣ろうと引き上げようとしたときふと下流の深みを見る。
大きな魚影が見えた。
イワナのようだ。
ビデオをセットし釣り始める。
来るのはヨシノボリである。エサ取りである。
何匹か釣っているとヨシノボリが来なくなった。
更に粘っていると15㎝ほどのヤマメが来た。
養殖ヤマメである。ピンクの斑点はない。
次に来たのは30㎝のウグイが来た。
このあたりから魚が警戒し始めた。
来たと思ったら逃げてしまうのである。
それでも粘っていると25㎝のヤマメが来た。
その後が来なくなった。
12日近くなったのでその場で弁当を食べる。
下って車で下り小さい支流を釣る。
ここもヨシノボリである。
歩いて上流に行く。
結構段差がありここまではヨシノボリは来ないだろうと釣るとイワナのポイントで来るのはヨシノボリである。がっくりし終わりにする。

ヤマメが来た。
画像
画像

30㎝のウグイが来た。
画像

画像
画像

25㎝のヤマメが来た。
画像
画像

支流の落ち込みを釣るとヨシノボリである。
画像
画像


at:川内川源流

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

甥っ子
2019年06月25日 09:52
エサ取りのヨシノボリって言う魚は食べても美味しくない魚ですか?きれいな川に住んでいる魚ですから焼き魚にしたら美味しいんじゃないかと・・・
釣り好き神子
2019年06月25日 17:35
甥っ子さん
ヨシノボリは見るからに美味しくなさそうです。
でも一見北海道にいるイトウの稚魚に似ています。塩焼きに出来るほど大きいのはいません。大きくても15cmくらいです。
唐揚げにして食べると美味しいかもしれません。
群れで泳いでいるのでその気になれば沢山釣れます。

この記事へのトラックバック