チヌは来たがアカメは来ず

今日は浦戸湾の奥にある国分川で釣ることにして少し上流に向かう。
湾から5~6kmくらい入ったところで釣ることにした。
満潮なのか水位は高い。
高いところから見下ろすようにして釣り始める。
オキアミ餌を投げては寄せ餌を投げ流してを繰り返す。
浦戸湾の潮の動きが伝わってくる。流れが速くなったかと思うと遅くなる。
そして水位が下がっていく。
2時間位粘って水位が1mくらい下がった時に当たりが来た。
結構大きい引きである。
チヌだそれも大きい。
田茂がないと上げられない。
満潮の時は届いていたタモが届かない。
一段下のコンクリートに降りてすくう。
45㎝のチヌである。
早速、餌にしてアカメを釣り始める。
小物釣りを続ける。
ボラが時々餌を突っつくが釣れない。
ボラは警戒心が強く、口が大きい割には餌を一気に飲み込まないのである。
食パンを買って来ればよかったと反省する。今までの経験から食パンのほうが食べる気がする。
11時頃に30㎝のウグイが来た。
これを餌で釣ってみたいと思った。
しかし、昼で釣りを終わることにしていたので車に道具を取りに行ったりしていると時間がないリリースする。
結局12時まで釣ったがアカメは来なかった。
朝方、満潮の時はボラの跳ねがあちらこちらで見られた。
こんなにボラがはねているという事はアカメは居ないと判断した。
アカメが居ればはねたりしないのである。
釣っている時黒い影が時々あったが鯉のようである。ボラが逃げないで泳いでいるからである。
昼食昼寝をして車屋に後尾灯の取り換えに行く。30分で終った。
明日から吉野川源流、仁淀川の源流と続ける。
町に出るのは8日になる。
これから山に入る。

国分川で釣る。疲れると座って釣る。
画像
画像

チヌが来た。タモが届かない。
画像
画像

45㎝のチヌである。アカメの餌にする。
画像
画像

ウグイが来た。
画像
画像

車の後尾灯を取り換えた。
画像


at:道の駅「633美の里」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

甥っ子
2019年06月06日 19:37
45㌢のチヌをエサにするには大き過ぎませんか?先にウグイが来てくれてたなら良かったのにね?チヌはエサにするより刺身か塩焼きの方が良かったような?でも川で釣れた魚はちょっとではありますが。夕方波介川沿いに犬の散歩したのですが、40㌢くらいのボラがゆうゆうと泳いでました。鯉同様ボラにも天敵がいないのでしょうか?波介川にはアカメはいないでしょうから。
釣り好き神子
2019年06月08日 14:01
甥っ子さん
45㎝のチヌではメーター級のアカメでないと来ないだろうね。
その点で国分川では駄目とは思っていた。
魚も心得ており、小さいさ魚は大きい餌には見向きもしないし、大きい魚は小さい餌には見向きもしないが今までの釣り経験からです。
チヌを刺身とも思ったが国分川は汚いね。食べる気がしない。
浦戸湾も濁っているし、流れ込むどの川も濁ってている。浦戸湾は昔の東京湾がそうだったようにヘドロの海になってしまうね。
波介川のボラは良いが浦戸湾に運ぶのが難しい。
国分川ボラが沢山跳ねて居た。でも釣れない。餌は何が良いのかなあ。鯉も沢山泳いでいる。
ナマズをドジョウの餌で釣っているおじさんがいた。食べるんですかと聞くと、何日か真水で泳がし、泥をはかしてからと言う。

この記事へのトラックバック