思う事・感じること

毎日のように山の中で夜を過ごす。
自然の世界に居るためである。
朝はまだ鶯の鳴き声が聞こえてくる。
夜は川の流れ、動物、鳥や虫の鳴き声を聞きながら過ごしている。
決して静かとは言えない。
動物、鳥、虫の鳴き声は時間帯によって変わってくる。
夕方になると特に鳴きだす。
お互いにどこにいるかわからない。鳴き声でいる場所を教えているようである。
そして家族がそろうと鳴くのを終わりにする。
現在20時であるが川の流れの音以外は聞こえてこなくなった。
今は雨が降っている。
雨が降っていなければ鹿の鳴き声が聞こえだす。
夜行性の動物が動き出す。
特に今頃は鹿の繁殖期なので愛を確かめるようなヒー、ヒーと甘い声でなく。
ワシはイワナの生態を調べたくてあちらこちらと探し回っているが自然界に浸っていると動物たちや植物たちまで気候の変化などの環境変化に追いつけないでいることが分かってきた。
その中で不思議に思うのはカエルである。
カエルは田んぼに居るイメージしかなかった。
しかし今回標高1,000mくらいのところで泊まっているとカエルの鳴き声が聞こえてくる。調べると赤っぽいカエルである。
カエルは水たまりでも産卵し、オタマジャクシが生まれる。
そして共食いしながら1~2匹がカエルになれるという。
標高1,000mに居るカエルはどこに産卵するのであろうか。
ここでふと思った。カエルはそのうち人間のように立って歩くように進化するのではないかと感じている。
釣りをしていてヨシノボリがよく来る。
それもヤマメが上れないような源流に居る。
イワナの性格に似ていると思う。
いや、カジカの方に似ている。
現在まで、カジカは北海道の最源流でしか釣ったことが無い。
カジカはイワナより源流に居るのである。
滝などは這い上がるのではないかと言われる。
その点で現在ヨシノボリはイワナの生息領域まで上ってきている。
カジカのようにさらに上るのではないかと思う。
昔から沖縄ではヨシノボリが釣れていた。
九州では標高1,000mの川にまで上っている。
ヨシノボリは関東では見かけない。
ヨシノボリとて元は海の魚である。
しかし、だんだんと海岸に沿って北上しながら河川に生息するのが北上しているのは間違いないようである。
他の魚も同じように思う。
ヨシノボリの次はボラではないかと思う。
昔からボラは沖縄で川の上流にいた。
高知の実家の近くの川にもボラが居る。昔は居なかった。
スズキ、チヌ、アカメなども真水のところに上がってきている。
他にもまだ居ると思うがこれらの内どれかは川の源流に上るようになるように思う。
九州で渓流釣りをしていて熊笹が枯れているところが沢山ある。
これも気温の上昇により途絶えているのかなと思う。
北海道には熊笹や柳の木が渓流沿いに多い。
南国には柳の木も見当たらなくなっている。
自然の息吹を感じながら感じること、思う事、考えることを書き残すことにした。
釣り遠征から帰って整理する。

at:九州の1,000mの山の中で記す
道の駅「原尻の滝」アップ(現在土砂降りの雨が続いている。動く気がしない)
0

この記事へのコメント