イワナと遊ぶ

昨夜はSH川の源流に泊まった。
今日は山を越えて島根県を釣ることにして移動する。
日本海に流れ込む川の源流であるKE川を釣ることにした。
源流側から下っていく。
ちょっと下ったところに支流があり砂防ダムが見える。
釣りに入って行く。ポイントとしてはまずまずの所とビデオをセットして釣り始めるが来るのはヨシノボリだけである。
終わりにして砂防ダムの上流に上る。
ところが上流でも来るのはヨシノボリである。
渓相もイワナ好みでないので終わりにする。
もっと下流にも支流があるので移動する。
ところが本流に一台、支流の入り口に1台と釣り人らしき車が止まっている。
だめだと先ほど釣った支流の本流の上流に移動する。
砂防ダムが見えたので降りて行く。
立派な落ち込みでない。
釣り始めると来るのはまたもやヨシノボリである。
何だと思ってヨシノボリを3匹目を釣ってあげる時に大きい魚が追いかけてきた。
イワナだと思った。
ヨシノボリを餌にしていると分かる。新しい発見である。
釣ったヨシノボリをハリにかけ川に入れてみる。
すると来たのである。
追いかけているのが見える。イワナに間違いない。
ヨシノボリが大きいのか飲み込めないでいる。
しばらくそっとしておいて引っ張ったので食ったかなと上げると吐き出してしまった。
ヨシノボリに歯型の跡が付いている。
小さいヨシノボリを釣ることにした。ところがこの時に限って小さいのがこないのである。
ひょっとして小さいヨシノボリは食べられてしまっているのかなと思う。
イクラでイワナを釣ってやろうと粘るが来るのは大き目のヨシノボリである。
イワナは大きいヨシノボリは食べられないのかなと思う。
小さ目のヨシノボリが釣れると生き餌にしてイワナを釣る。
ヨシノボリを追いかける。
3匹くらいイワナがいるようだ。
また、食った。しばらく飲み込むのを待つ。
尻尾の方から銜えているが尻尾の方からだとヒレが逆向いているので飲み込めないのでは、ヨシノボリが弱ったらいったん掃き出し、頭から飲み込むのかなと考える。
泳がしながらイワナが追いかけているのを見ていると頭から飲み込もうとしているようにも見える。ヨシノボリの顎にハリを掛けてあるのでテングスがあり飲み込めないのかなと考える。
テングスを緩める。
しばらく待っているとイワナが泳ぎだした。飲み込んだかなと上げてみると吐き出されてしまった。
3回同じことを繰り返したが結局釣り上げられなかった。
3匹がそれぞれ来たが一度失敗するとおかしいと気づいたようである。
その後は来なくなったので終わりにした。
2時間近くイワナと遊んだことになる。
・イクラで釣ってもヨシノボリしか来ないのはイワナが居てもヨシノボリを食べていてイクラに見向きもしない。(このことは東北でアメマスを探している時イクラで釣っていたが見ているとアメマスはイクラに見向きもしなく小魚を追いかけている。隅っこでイクラでハヤを釣り餌にして今日のように釣ったことがある。この時は小さいハヤを餌にすると飲み込み0.4号のハリスで45㎝のアメマスを釣ったことがある)
という事が分かった。

支流の砂防ダムを釣る。ヨシノボリが来た。
MAH00405(1).jpgMAH00405(2).jpg
砂防ダムの上流を釣るも来るのはヨシノボリだけである。
IMG_0705.JPGIMG_0709.JPG
IMG_0708.JPGIMG_0710.JPG
本流の砂防ダムを釣る。来たのはヨシノボリである。
MAH00406(2).jpgMAH00406(3).jpg
ヨシノボリを餌にして釣る。来たと思ってあげるとのみこんでいなかった。3回やったが駄目だった。
20190715202950(1).jpg20190715202950(2).jpg
ヨシノボリに歯型の跡が付いている。大きすぎて飲み込めないのである。
20190715202950(3).jpg

at:KE川源流記す。
益田市内アップ
0

この記事へのコメント