ヨシノボリに乗っ取られる

7月17日の日記
昨夜は奥匹見峡を目指して向かったが途中にある道の駅「サンエイト美都」で19時となり腹が減ったので無理をしないでここに泊まることにした。
今朝6時に起きて朝食後奥匹見峡に向かう。
昔、一度釣りに来ておりその時は下流の方でイワナを釣っている。
駐車場から奥の大竜頭(三の滝)落差50mまで1.1km40分とある。
釣り支度して上り始める。
半分までは楽だがその後が急峻となり石段を上ることになる。
大竜頭に着いたのは50分かかっていた。
前回も釣れていないが滝つぼを釣ってみる。
矢張り来ない。
途中の滝が厳しすぎると思うし、もし上ってきても岩だけの落ち込みで隠れる場所が無いので大雨が降れば流されてしまう。
釣り下る。
イワナが居そうな場所を釣るが何も来ない。
魚切と言う滝がある。表現上から魚留となっているところである。
落ち込みは浅く良いポイントではないが以前にここで結構大きいイワナを釣っている。
期待して釣ったが何も来なかった。
下りながらポイントを釣るとヨシノボリが来出した。
以前来た時はヨシノボリはいなかったと思う。
かなりいる。
小さ目のヨシノボリを餌にしてイワナを釣ってみるが来ない。
何処を釣ってもヨシノボリである。
ポイントをよく見ているとヨシノボリが渓流魚のように餌を取っている。
今までのヨシノボリのイメージはちょっと深みのある淀みで群れで泳いでいるという事であったがもはやヨシノボリの天下になっているのである。

落差は50mの大竜頭(三の滝)である。
IMG_0712.JPGIMG_0713.JPG
釣ってみるが何も来ない。
MAH00414(1).jpgMAH00414(2).jpg
立派な落ち込みを釣るが何も来ない。
IMG_0716.JPG
魚切と言う滝の落ち込みを釣るが何も来ない。
MAH00415(2).jpg
更に下流のポイントを釣るとヨシノボリが来出した。ヨシノボリを餌にイワナを釣るが来ない。
IMG_0720.JPGIMG_0721.JPG
ポイントを釣る。ヨシノボリが来る。
20190716231045(1).jpg20190716231045(2).jpg
20190716231045(3).jpg20190716231045(4).jpg
山道からポイントを見るとヨシノボリが渓流魚のように餌を取っている。
MAH00418(1).jpg
不思議に思ったのはミズと言う植物が大きくはないが沢山生えているという事である。埼玉県の渓流当たりでもあまり見かけなくなった。
IMG_0718.JPGIMG_0719.JPG
釣り動画を整理したのでアップする。


at:奥匹見峡駐車場記す
道の駅「ゆうひパーク浜田」アップ

0

この記事へのコメント