天然イワナが居た

昨夜は広島県と島根県の県境近くにあるKT川の源流に泊まった。
日本海へ流れ込む河川の源流にある支流である。
まだ雨が続いていたのであまり奥に入らないでいた。
晩酌しているといつのまにか雨はやみ蛍が飛んでいた。
一匹捕まえたが小さい蛍である。掌で写真を撮ろうとすると飛んで行った。
今朝はすぐのところから見える支流の砂防ダムを釣ることで入って行く。
ミミズが入っていた空箱が捨ててある。釣り人が入っている。
何も来なかった。
車に戻り源流に向かう。道はなだらかで川もなだらかである。
川を見ながらであるが小川のように流れていてポイントがない。
水量が多いが途中にポイントが有る。イワナには水量が多すぎる。居ても多分アマゴだと思い源流に向かう。
結局水が少なくなるところまで行った。
引き返し、二股に分かれているところから林道が脇にある川を釣りあがることにした。
先ず分岐の所で釣るとヨシノボリが2匹来た。
ポイントを探しながら釣りあがる。
小さいポイントを釣ると何かが来ている。小さいようである。ヨシノボリだなと思う。
更に釣りあがっていると砂防ダムがある。
落ち込みは一枚岩のようであまり深くはないがまずまずのポイントである。
ビデオをセットして釣り始める。
最初来たのはアマゴになりかけ(釣り遠征から帰ってまとめの時に説明する)のヤマメである。
つぎに天然イワナが来たのである。
日本海にそそぐ川にはゴキと言う頭にまだらの模様があるのが居ると言うがそれと違うようである。ちょっと白い斑点が大きいような気がする。
2匹目は小さいイワナが来た。
3匹目に大きい当たりが来た。慎重に対応する。イワナだ。
根係もない場所なのでゆっくりしていると突然グンと惹かれた時ハリスが切れてしまった。
ハリスが切れるほどではないと思っていたがハリスにもたまに欠陥品があり弱いのがある。
仕掛けを作り直し、釣っていると4匹目の23㎝の天然イワナが来た。
仕掛けを木に引っ掛けたり地球を釣ったりで仕掛けの作り直しが多かった。
気が付いたら12時になっていたので終わりにした。

支流に有る砂防ダムを釣るが何も来ない。
20190723190441(1).jpg
源流の2股の合流点を釣るとヨシノボリが来た。
20190723202106(1).jpg20190723202106(2).jpg
大きな砂防ダムを釣ると最初養殖ヤマメかと思った。
DSCF0005.JPGDSCF0002.JPG
よく見るとピンクの斑点が現れ始めている。
DSCF0003.JPGDSCF0004.JPG
ついに天然イワナが来た。1匹目。
20190723224232(1).jpg20190723224232(4).jpg20190723224232(2).jpg20190723224232(3).jpgDSCF0006.JPGDSCF0008.JPGDSCF0013.JPG
2匹目。
DSCF0009.JPGDSCF0015.JPGDSCF0016.JPGDSCF0017.JPG
3匹目。
DSCF0026.JPGDSCF0019.JPGDSCF0020.JPGDSCF0022.JPG
ほとんどの場所が高原を流れる小川のようである。
DSCF0001.JPG
釣り動画を整理したのでアップする。


at:KT川源流記す
雲南市内アップ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント