イワナを探して山に登る

今日は五ヶ瀬川の本流はまだ水が多いので支流を釣ることにした。
支度して降りて行く、すぐ下流に本流があるので見に行く。そして釣ってみる。
水が多く、流れが速すぎる。それでもヤマメは居るだろうと釣る。
2度ばかりツンと来たが合わせられない。小さいヤマメのようでイクラ3個では銜えられないのである。
目指す支流に入る。
良いポイントを釣る。ヤマメのあたりが来る。
本流から上がってきていると思い。一旦竿を仕舞、上流に向かう。
いくつか滝を過ぎたのでヤマメは居ないだろうと釣る。
何も来ない。
ヤマメが上ってこれないところはイワナが居なければ何も来ないのである。
簡単に上がれないところに来た。
よく見るとロープが張ってある。しかし、使ったことが無いように朽ちている。
釣り人が入っていない証拠である。
切れると大変だからと高巻くことにした。
一旦下り杉林を目指す。
道なき山を登るのである。
心配なのは枯れ枝や切り株などでウエーダーに穴が開かないかである。
この前高巻いている時に雨がっぱに穴が開いてしまって買い換えたばかりである。
かなり上る。20分くらい上ると山道があった。と言うよりかろうじて山道だなと思うくらいである。
がけ崩れの場所などは注意して通る。
何とか上流に行けた。
滝を上るだけに30分くらいかかった。
川を見る。立派な落ち込みが沢山ある。
しかし、イワナ好みではない。
イワナの隠れる岩がないからである。
いくら深くても大雨が降れば流されてしまうし、産卵する場所でない。
3か所ばかり釣ってみたが来ない。
10時半に終わりにした。
食料を買いに高千穂町にやって来た。明日どこを釣るか明日考える。

五ヶ瀬川の本流を釣ってみた。
MAH00341(1).jpgMAH00342(2).jpg
支流のポイントを釣るとヤマメの当たるが来ただけである。
MAH00343(1).jpg
道なきところを山に登る。ブッシュを避け、杉を伐採したところを上る。
IMG_0556.JPGIMG_0557.JPG
素敵なポイントのように見えるがすり鉢状になっている。
IMG_0559.JPG
野イチゴが食べ頃になっている。
IMG_0554アップ.JPG
町に出る時道端にヤマメの養殖場がある。「ヤマメ養殖発祥の地(昭和39年)やまめの里漁業生産組合養魚場」とある。黒っぽく見えるのがヤマメの群れである。
IMG_0565.JPGIMG_0568.JPG

at:道の駅「高千穂」
0

激流を釣る

雨が通りすぎたようである。昨夜は降らなかったような気がする。
6時に目が覚める。
7時に出発する。
今日は宮崎県に入り五ヶ瀬川の源流を釣ることにして移動する。
五ヶ瀬川では昔イワナを確認しているので期待した。
目的の場所に着たのは9時頃である。
源流に昔の国道、今は廃道のようになっているところを落石に気を付けながら入って行く。
止まっては川の様子を見る。
濁りは取れてきているが水量がかなり多い。
カーナビが頼りである。
源流に入って行ったが道からだんだん離れる。
本当の源流に入る道はない。
途中で滝のような音がするところに降りて行く。
2段になった大きい砂防ダムがあった。
下流の落ち込みにやっと降りられた。
釣り仕掛けが捨ててある。釣り人が入っているのである。
落ち込みはすごい勢いで、釣る場所が無い。
隅っこにわずかに何とか釣れるかなというところを釣ることにしてビデオをセットする。
水しぶきがひどいのでビデオが濡れないように山の上から撮ることにする。それでも水しぶきが飛んでくるので帽子をかぶせる。
釣り始めるが、流れが速すぎる。
それでも1時間近く粘った。
ビデオを止め、ひょっとしてと小さい淀みを釣ると小さい養殖ヤマメが来た。
もっと水が引いてからでないと釣りにならないと11時に終わりにする。
一晩源流に泊まり明日もう一度釣ることにした。

砂防ダムの落ち込みを釣る。疲れると倒木に馬乗りになり座って釣る。
MAH00340(1).jpgMAH00340(3).jpg
隅っこの小さい淀みを釣ると小さい養殖ヤマメが来た。
IMG_0546.JPG
養殖ヤマメである。
IMG_0544.JPGIMG_0543.JPG
入って行くとき障害物があれば退けて入る。
IMG_0540.JPGIMG_0541.JPG
五ヶ瀬川の激流を釣った時の動画を整理したのでアップする。


at:五ヶ瀬川源流記す
道の駅「高千穂」アップ
0