養殖ヤマメ

昨日イクラがまだ届いていなかったのでもう一に近くで釣ることになった。
イクラが残りすくなくなっているが五ヶ瀬川の源流に向かう。
途中の五ヶ瀬川の水の量を見るとずいぶんと少なくなっている。
この前激流を釣ったところに泊る。
今朝起きて山を下る。
砂防ダムにつくと水量は半分くらいになっているがまだ水量は多い。
でも、イワナが居てもおかしくない水量である。
釣り始める。水量が多いと時間がかかる。
最初来たのはヨシノボリである。
ポイントに居たのである。
ポイントに居るという事はイワナが居ないのではないかとなる。
イワナやヤマメが居るとヨシノボリは隅っこの淀みのようなところで餌を取っている。
でも、粘っていると小さい養殖ヤマメが来た。
ヨシノボリがまた来た。
しかし、次のあたりが来た。イワナかなと思った。
でも、上げてみると20㎝の養殖ヤマメだった。
イクラの餌が無くなったので8時半に終わりにした。
イワナは居ないようである。
もっと源流に行けば居る可能性はあるが結構奥に歩いて入らなければならない。
高千穂に帰ってきてイクラを受け取る。購入費を送金する。
明日は九重連山周辺を釣ることにしてこれから移動を始める。

砂防ダムの落ち込みを釣る。
MAH00365(1).jpgMAH00365(3).jpg
最初来たのはヨシノボリである。
IMG_0607.JPGIMG_0610.JPG
小さい養殖ヤマメが来る。
IMG_0612.JPGIMG_0613.JPG
大きい当たりが来た。
MAH00365(7).jpgMAH00365(8).jpg
20cmほどの養殖ヤマメである。
IMG_0615.JPGIMG_0616.JPG
イクラが届いた。まだ凍っている。
IMG_0619.JPG

at:道の駅「高千穂」
0