天然イワナ

昨夜は坂内川の源流にある。夜叉ケ池登山口に泊まった。
2台車が止まっていた。泊りがけで山に登った人だと思う。
釣り準備をして登山道の入り口に行くと登山道の案内地図がある。
本流は結構奥深い。なだらかなようである。
支流があるのでそれを目指す。
坂内川に降りて行く。
水量が意外と少ない。流域面積が少ないのかなと思う。
この分だと本流もあまり深くないかもしれない。
でも、奥まで行かなくても支流でイワナを確認できればいいと支流を釣り始める。
始めは来なかった。釣り人が入っているのかなと思った。
しばらく釣り上がっていると小さいがイワナが来たのである。
それも天然イワナである。ニッコウイワナのようにオレンジの斑点がある。
ポイントでまた小さいが天然イワナが来た。
上流の方に滝のようなものが見え始めたと思ったら30cmの天然イワナが来たのである。
50㎝の提灯仕掛けで何とかあげることが出来た。
そして滝の下で小さいが天然イワナが来た。
滝と言うより崖を水が流れているというような場所なのでこれをイワナが登るか上流側を釣ることにして何とか上流に上がる。
しかしすぐ両岸が岩でできた場所になり、上流に行けなくなった。
行くとすれば先ほど上がった滝下まで下がり大きく高巻かなくてはならない。
4匹確認したので無理をして上流に行くのを止め本流に下り本流を釣ることにした。
本流を釣りあがるが釣り人の足跡がある上に川がなだらかでイワナ好みの場所が無い。
釣っていると山に登っている人たちの話し声が聞こえてくる。
30分で終わりにした9時30分である。
町に食料の買出しに出てきた。

支流を釣りあがっていると小さいが天然イワナが来た。
DSCF0356.JPGDSCF0355.JPGDSCF0353.JPG
次に来たのも小さいが天然イワナである。
DSCF0351.JPGDSCF0352.JPG
滝の手前のポイントを提灯釣りする。
DSCF0363.JPG
30㎝の天然イワナが来たのである。
DSCF0357.JPGDSCF0358.JPGDSCF0360.JPGDSCF0362.JPG
滝の下小さい落ち込みしかなく、小さい天然イワナが来た。
DSCF0364.JPGDSCF0365.JPG
本流を釣るがイワナ好みの場所が無く川はなだらかである。
DSCF0372.JPGDSCF0374.JPG
駐車場に帰ってくると日曜日なのでか11台の車が止まっている。
DSCF0375.JPG
昨日は揖斐川本流の徳山湖に流れ込むところを探したがほとんどの河川は水産動物の採捕禁止となっている。
DSCF0345.JPG

at:道の駅「夜叉ケ池さかうち」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

甥っ子
2019年08月11日 17:29
やっぱり今日は良い事ありましたね?イワナの30㎝ってキスに置き換えたら何㎝くらいになるんでしょうか?たぶん、いままでイワナは釣った事ありません。アメゴは50年くらい昔に両親、妹と東京に行った時、高尾山?やったかなあ?山登りの帰りに釣り堀で釣ったような?
釣り好き神子
2019年08月11日 21:34
30cmはどの魚でも同じや、頭から尻尾までの長さじゃけん。
キス釣りではまだ30㎝は釣ったことはないのう。
高尾山当たりの釣堀で釣ったのはワシが言っている養殖ヤマメだね。
アメゴと言う呼び方は四国地方、九州、中国地方はアマゴと言う。
いずれもピンクの斑点が付いているのが特徴で中部地方まで居る。
関東から東はパーマークだけでまだピンクの斑点はない。
でもいずれピンクの斑点が現れると思っている。