ヨシノボリが1匹

昨夜は日野川の支流となる芋ケ平川の入って行ったところにある蓮如上人の像がある場所に泊まった。
蓮如上人は比叡山の信徒から追われてここまで逃げてきて地元のおばあさんに助けられ洞穴で過ごし、食事を出してもらったという。出立の時に上人はお礼に6文字の名字をおばあさんにあげたとある。
朝起きてもっと奥へ行こうと少し入ると通行止めになっている。
がっくりである。
他の川に行こうかと考えて居ると滝の音のようなのが聞こえる。
調べると大きい砂防ダムが見える。
折角来たのだから釣ってみることにして降りる場所を探すとしっかりと釣り人がおりた道が見つかった。かなりの人が釣りに下りているくらいはっきりしている。
砂防ダムにつくと落ち込みはコンクリートでできているが高い上から大水などで削られ一部分だけが深くなっている。
水量が多く流れが速すぎるかなと思いながら緩やかなところを釣る。
20分粘ったところで来たのはヨシノボリである。
福井のヨシノボリは肌がつるつるしている。
九州や中国のヨシノボリと少し違う感じがする。
ところがその後も粘ったが何も来ない。
下流の落ち込みを2個所ばかり釣るも何も来ない。
8時半位終わりにしてさらに支流になる谷出川に移動する。
源流まで民家がありコンクリートで水路のようになっている。
ここがだめなら国道476号線は地図上で不通となっていたが林道で峠を越して池田町に抜け足羽川を釣ることも考えて居たが生憎林道は工事中で通行止めになっている。
今日は釣りたい場所に行けなくて不作に終わった。
現在南越前町から越前市を通り迂回しているところである。
越前市内で食料を買い込み足羽川の源流に入り10日は足羽川源流、終われば峠を越して岐阜県に入り11日は揖斐川の源流を釣ることにしている。
8月10日はワシの77才の誕生日であるが多分揖斐川の源流の山の中で泊まることになる。

大きい砂防ダムを釣る。
20190808185357(1).jpg20190808185357(2).jpg
来たのはヨシノボリだけである。ただ、ヨシノボリの肌がつるつるのは不思議である。
20190808185357(3).jpg20190808185357(4).jpg
気が付かなかったが砂防ダムの上から朝日が差し込み逆光でビデオ映像が見えなくなっていた。
20190808185357(7).jpg20190808185357(8).jpg20190808185357(9).jpg
蓮如上人の像がある場所である。世話をしたおばあさんの像まである。
DSCF0331.JPGDSCF0327.JPGDSCF0325.JPGDSCF0326.JPG
残念ながら通行止めで源流に行けなかった。
DSCF0332.JPG

at:越前市内

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

渓流人
2019年08月21日 20:50
それヨシノボリではなくアブラハヤですよ。
釣り好き神子
2019年08月22日 15:48
コメントありがとうございます。
他の人からも言われています。
ワシが一番初めに釣ったのは沖縄だったか九州だったか定かではありませんがその時地元の人に聞いた名前です。
それからずっと使っています。
いずれヨシノボリと言う名で生態をまとめることも考えて居ます。
統計データを取るために名前は変えないで行きます。
あしからず。