ボウズ

昨夜は足羽川の支流の源流に泊まった。
今日は8月10日ワシの誕生日である。
誕生日くらいは魚の殺傷はしたくないので釣りを止めようかなと思ったが、川を見ると居るかいないかと釣りたくなる。
釣ってすぐリリースするから良いかと釣ることにした。
道から砂防ダムが見える。落ち込みが見えるので降りて行くことにしたが周りは草が沢山生えっていてどこから下りれば良いか探す。
そして草をかき分け入って行く。早朝のため梅雨が付いておりそのままだとビショ濡れになる。暑いが合羽を着て降りる。
下に降りると今度は蜘蛛の巣が沢山ある。
これを棒切れで除けて入る。
釣る場所近くも魚に気づかれないように蜘蛛の巣を退ける。
蜘蛛の巣があると釣りが出来ないのである。
やっと釣りが出来るようになった。
ビデオをセットして釣り始めるが何も来ない。
どうして居ないのかなと考える。
①上ってきていないのか。
②釣り切られたのか。
③もっと源流に上ってしまったのか。
先ず下流を釣ってみる。
3か所ばかり釣ったが来ない。
終わりにして上流を釣ることにして引き返す。
草ぼうぼうの中をかき分け入っていると蜂に耳元を刺された。ハチの巣があったのである。
そのまま釣りに入る。
ポイントを釣りながら上るが何も来ない。
誰も入った形跡もない秘境のような場所だと思いながら釣りあがる。
随分と釣りあがると砂防ダムがある。
なんでこんなところにどうやって作ったんだと思う。
工事用の道路がどこかにあるはずだ、すると釣り人が入っていることになる。
昔は居たが釣り切られていなくなったので釣り人が入らなくなったと判断して9時半に終わりにした。
結果的にボウズに終わり魚を殺傷しなくて済んだ。
終ってから冠山峠を越して揖斐川の源流に向かう。
林道ではあるがまずまずの道である。土曜日で結構車が通る。
道は狭いがところどころに待機所のように空き地があるのですれ違いもむつかしくない。
冠山峠(1,100mくらい)に着くと車が5台くらい止まっている。
冠山(1,257m)への登山口になっているのである。
山を下り揖斐川の源流を目指す。
ところが目指す林道は全面通行止めになっている。
しかたなしに他を探すことにして下り、徳山湖への流れ込みあたりに来ると看板がある。
見てみると徳山湖に流れ込む川はほとんど水産動物の採捕は禁止となっている。
そこで一気に下り揖斐川の支流になる坂内川の源流を釣ってみることにして降りてきた。
揖斐川町にある道の駅「夜叉が池さかうち」に寄っている。
電波があるので日記を書いて置く。
その後坂内川の源流を目指す。

砂防ダムを釣るが何も来ない。
MAH00502(1).jpg
道から見たところであり、左右どこも草だらけである。
MAH00499(2).jpgMAH00499(3).jpg
やっと川に降りたつ。今度は蜘蛛の巣だらけである。
MAH00500(3).jpgMAH00500(2).jpg
ポイントを釣るが何も来ない。
20190809202522(2).jpgDSCF0334.JPGDSCF0337.JPGDSCF0339.JPG
随分と上流にも砂防ダムがあった。何も来ない。
MAH00504(1).jpg

at:足羽川支流の源流記す
道の駅「夜叉が池さかうち」追記、アップ