釣り動画の整理

今日はお盆で釣りは休みにしたが今まで釣った時の釣り動画の一部を整理した。
8月8日
福井県の九頭竜川の支流のHN川の源流で珍しいイワナを釣った時の動画である。
見出し
20190807204925(2).jpg20190807204925(5).jpgDSCF0314.JPG
釣り動画(約6分)


8月12日
岐阜県の揖斐川の支流であるNO川の支流でアマゴを釣った時の動画である。
見出し
20190811210038(1).jpg20190811210038(2).jpgDSCF0384.JPGDSCF0385.JPG
釣り動画(約6分)
.

8月13日
岐阜県の長良川の支流である板取川のさらに支流でアマゴを釣った時の動画である。
見出し
20190812213316(1).jpg20190812213316(2).jpg20190812213316(4).jpgDSCF0390.JPG
釣り動画(約10分)


at:長良川源流
0

お盆に思う

今日15日はお盆の最終日仏様が帰る日である。
釣りをしないで長良川の源流の山の中にいる。
近くに道の駅があることが分かったが車の出入りがあるので騒々しい。
今いるところは廻りが木や草で覆われておりまるっきり自然の中にいるようなもので好きな雰囲気である。電波が届くのでここにとどまることにしたのである。
ワシが子どものころの実家はお盆と正月は旧暦で行っていた。
旧暦は約一ケ月遅れとなるのでお盆は9月、正月は2月だったと思う。
農業にとっては少し暇になるときである。
ワシが就職して東京に出てきて盆と正月に里帰りするのが新暦なのでそれに合わせるように実家も新暦で行うようになった。
ワシの実家の墓にはご先祖様たちと脇に我が家系でこの世に生を得られなかった水子の墓と隅っこにみなしごや身寄りのない人が亡くなって墓のない人たちのための墓がある。
13日はお盆になると家の前に竹を使って小さい櫓のようなものをくみ上げる。櫓はヒノキの枝を使って簡単な小屋のようにする。
ここに仏様を呼ぶのである。
その前には竹を長さを変えて山のように13本並べて立て、松の薪を挟み込む。
火を点けて仏様を迎えるためである。
提灯を持って仏様を迎えに行き、竹で作った櫓に迎え入れる。
そしてお供えを上げてお祈りする。
14日も松に火を点けてお祈りする。
そして15日は仏様を返す日として使った竹のやぐらや松を燃やした竹など全部を燃やして送り火とする。
ここで両親から教わったのが15日は仏様をお送りするのだが山や川には他の仏様が沢山いる。中にはこの世に未練を残して亡くなったり、身寄りのなかった仏様もうろうろしている。この仏様は寂しいので一緒に行こうと連れていかれるので15日は山、川に遊びに行ってはだめだと教わってきた。
信じる信じないは人によると思うが15日の山での遭難死、川での死などの統計上の数字を調べて他の日と比べてどうかなどを分析するのも研究課題ではないかと思う。

at:岐阜県長良川源流
DSCF0403.JPG
0