イワナを見るだけに終わる

昨夜は道の駅「細入」に泊まった。
夜、歯を洗面所で磨いていると洗面台に蜂が飛んできた。見ていると目の前の洗面台にある。水滴を使って足で羽を洗い出した。
直ぐカラスの行水を思い出した。カラス(鳥はすべてと思う)も良く水で行水するのである。
鳥の行水は身体に着いた虫などを洗うためであるが蜂は何の為なのかな。
かなり丁寧に洗っている。
洗い終るとワシにどうと言わんばかりに目の前に飛んできたが刺すつもりはないようでそのうち出て行った。
蜂だってワシが居るのはわかっている。手を出さなければ襲ってこないのである。
今日はすぐ近くにある宮川の支流猪谷川に常虹の滝と言うのがあるのでそこに行ってみることにした。
先ず滝を通り越して上流に向かう。
砂防ダムがあるのでここを釣ってみることにする。
草をかき分け入って行き釣るが来ない。
もっと上流に行ってみようと上がってくると直ぐ上流に車が止まっている。
川崎ナンバーである。行き止まりなので釣り人だと思う。
マナー違反である。
今日は日曜日サラリーマンが釣りに来たのかと思ったがなにせ川崎ナンバー、でも譲ることにして他に移動する。
下りに滝つぼを釣ってみることにした。
結構急峻な川のようなので滝も大きく滝つぼも大きいだろうと短い竿では届かないと思い、本流竿を持って行くことにした。
ところが本流竿の底の蓋が無くなっている。
車の振動ではずれ車の中に落ちてしまったと思う。
止むを得ず修理を考える。ふと目に着いたのが酒の一升瓶のふたである。
コルクは小さくてだめだが外についている金具がちょうどいいので、これをキャップにして使いガムテープでとめてOKとなった。
滝に降りていく。
滝までは柵がしてあり立ち入り禁止となっている。
降りようと思えば行けるのだが滝つぼを見ると小さい。その上高いところから水が落ちているので流れが速くなっておりイワナは居られないと判断し釣るには止めた。
他に移動する。
小さい支流がある。
入っていくとイノシシが死んでいる。ハエや蜂が付き始めているがまだ腐ってはいない。
なんでこんなところで死んでいるのだろうと思う。
その奥にあった砂防ダムの落ち込みを釣ったが来ない。
上流へ高巻くのは大変なようなので終わりにして他に移動する。
三つ目の支流で砂防ダムが見える。
入って行ったが落ち込みがない。その上流に向かう。
獣道がある。これはイノシシではなかと思う。
あまり良い渓相ではない。
ポイントを釣っていると下流から小さいイワナが深みに逃げた。
下流で餌を捕っていたのである。
上っていると山に石垣がある。
なんでこんなところにと思っていると鉄橋が見えてきた。
何だろうと調べると森林鉄道の後のようである。
これを防護するかのように砂防ダムがある。
ここを釣る。
しばらく粘ったが来ない。
場所を変えよとしたら岩陰から20㎝くらいのイワナが上流の逃げた。
岩に隠れたのが見えている。粘って釣ったが来なかった。
ワシの姿を見て逃げたと思う。
10時半になったので釣りを終わりにして鉄道敷の後を下ると道に出るところがあった。
食料の買出しに富山市内まで行ってきた。
釣竿が折れたので予備を使っているがどうもしっくりいかない。
買うことにして上州屋を調べると富山市内にあったのである。

猪谷川の砂防ダムを釣るが来ない。
20190907190546(1).jpg20190907190546(2).jpg
常虹の滝である。
DSCF0886.JPG
二つ目の支流に有ったイノシシの死骸である。
DSCF0889.JPG
三つ目の支流を釣りあがる。
DSCF0890.JPG
山に石垣が出てきた。
DSCF0892.JPG
鉄橋があったのである。
DSCF0893.JPG
鉄道敷の後がある。
DSCF0897.JPG
砂防ダムを釣るが来ない。
DSCF0894.JPG
岩陰にイワナが見えている。
DSCF0895アップ.JPG

at:道の駅「細入」