釣竿を出す

昨夜は小鳥川にある下小鳥湖畔に泊まった。
朝起きて今日は10日だっけと確かめる。釣る場所をと考えたが宮川は9月10日から禁漁になっているのを思い出した。
だめと言うのを釣るつもりはないので終わりにして帰路にしようかと高山市内に向かって走らせていたが、今日が中部地方の釣の最後の日である。
今度来ることもないのでどこか釣りたいと庄川の支流を釣ることにした。
カーナビに道路から離れる支流がある。
川を見ると水量はまずまずだし、道から離れて居れば釣り人が入っていないだろうとここを釣ろうと草をかき分け入っていく。
渓相はあまり良くない。
杉林の中を流れている。大水で流れが変わったものと思う。
しばらくすると餌を入れた途端下流からイワナが深みに逃げた。
イワナが居ると喜んだのもつかの間、その後ポイントを釣っても来ない。
すると林道の橋がある。
あれー車が入れる道があるのかと思った。
そしてその後は釣り人の足跡があるのである。
地元の人は知っており車で入ってきているのかとここに居なければ居ないというポイントを粘ったが来ないので9時に終わりにした。
引き上げて歩いていると車が一台入って行った。どう見ても釣り人のようだった。
もっと源流に行くのだと思った。
今日で中部地方の釣は終わりにして明日は移動日とし、12日は神奈川県の厚木にある谷太郎川管理釣り場を目指す。ここは過去に一度行っているが自然の川を使っているので面白いと思った。13日は何度も言っている山梨県の鹿留にあるFISH ON! SHISHIDOME、14日は小菅村にある好きな釣り場である玉川キャンプ村管理釣り場に行く予定である。

杉林の中を流れている川で、なだらかな川である。
DSCF0919.JPGDSCF0920.JPG
釣りあがっても来なく、ここに居なければ居ないと粘ったが来なかった。
DSCF0923.JPG
釣りの最後に可憐な花に慰められた。
DSCF0921.JPG

at:道の駅「ななもり清見」

イワナが居るか調査

9月9日の日記
昨夜は道の駅「細入」に泊まった。
朝起きるとイワナの居るところを調べることにする。
と言ってもいないほうが多い現状ではある。
特に今日は砂防ダムの上流を調べることにした。
砂防ダムは魚道がないのが多いがほとんどはイワナは上れない。
したがって砂防ダムを作る前に上っているかを調べることにした。
一つの条件はイワナが生息できる水量があることである。
ここの所雨が続いているので水が増えていることを考慮する。
宮川の小さい支流を地図で見ては調べに行く。
何カ所目かにこの水量なら良いと一つ目の支流として調べることにする。
砂防ダムを見ると落ち込みがない。
その上流に入っていく。
もちろん誰も入ったことのないと思われる支流である。ブッシュだらけだし道もない。
ブッシュをかき分けダム上流に入っていくと結構良い渓相だと思った。
しかし、目の前に滝が見える。
これはだめかと思ったが近づいてみると更に支流に有ったのである。
釣りあがる。
しかし、すぐのところにまた滝があったのである。
滝は何万年も前、イワナが上ってくる前からあるので高い滝があるとイワナは上れない。
ここで断念して下る。
第二の支流を見つける。
ところがこれも落ち込みがない上に降りていくところもない。
周りは急峻な山である。
木をつかみながら上流を目指す。
上流に着くとここも水量は多く、渓相も良いと思った。
しかし、釣りあがるが来ないのである。
何故かを考える。
①支流が急峻過ぎてもっと下流に高い滝があり、上がってきていない。
②居たが大雨で流され砂防ダムが出来たために戻れない。
③居たが以前に釣り切られている。
などであるが下流に下って釣ってみなければいずれも確認出来ない。
という事で今日はイワナの姿も見られなかった。
明日で中部地方の釣は終わりにするがもう一日同じようなことを調べる。

一つ目の砂防ダムの上流である。水量はイワナが生息できるくらい十分にある。
DSCF0898.JPGDSCF0899.JPG
目の前に滝が見える。しかし、近づいてみると支流であった。
DSCF0901.JPGDSCF0902.JPG
釣りあがる。
DSCF0903.JPG
又すぐのところに滝がある。これではイワナは上れない。終わりにする。
DSCF0906.JPGDSCF0905.JPG
二つ目の支流である。ダムの上流に上がる。
DSCF0910.JPGDSCF0911.JPG
良いポイントであるが来ない。
DSCF0913.JPG
ここに居なければ居ないと釣ったが来なかった。簡単に上れなくなったので終わりにする。
DSCF0914.JPGDSCF0917.JPG

at:宮川の小さい支流記す
道の駅「ななもり清見」アップ