無事帰宅(更新)

3月4日に無事帰宅した。
2月29日に出発し3月4日まで秩父の荒川の源流の山の中でキャンプをしながらニッコウイワナを釣り、自然を楽しんできた。ほとんど毎年行っている。
途中でカメラを落としたため写真がないため、ビデオカメラの約6時間の映像をパソコンに取り込んでいる。パソコンのメモリーが不足したためメモリーを整理しながらなので時間がかかっている。整理が出来次第日記を書くことにする。
長くなるので日ごとに日記をまとめることにする。
2月29日の日記
朝5時半に起きる。
朝食を食べて6時半に出発する。
目的地の車止めに着いたのは9時である。
平成29年に一度車止めから荷物を背負って歩いて2時間半かかった場所に行く。
今回は林道の部分を台車で移動することにした。
林道の最初の所はデコボコ道だが途中から舗装道になる。
ただ、ずっと登り道である。
台車を手で押していると手が疲れてくる。
胸を使って押し出すように押す。
休み休みであったが2時間かかり11時にキャンプする場所に着いた。
荷物を背負って歩くより30分短かったことになる。体も楽であった。
3年前にキャンプしたところは昨年の台風で荒れていてテントが張れない。
増水時の流れでできた砂地の大地にテントを張ることにした。
一番困ったのは沢山あった流木が全部流されて、遠くの流木とか山の枯れ木とかを運ばなければならないことである。
とりあえずテントを張り昼のおにぎりを食べて昼寝をした。
14時頃起きて薪集め、たき火用のかまどを作る。
流木を遠くから集めながら放り投げる。行ったり来たりすると疲れるからである。
ただ大きのは担いで運ぶ。
運べる程度の大石を集め椅子にテーブル、かまどを準備する。
16時頃終わりたき火を始めて晩酌をする。
20時頃になると疲れが出てきて眠くなる。弱くなったなと思う。
昔は夜中まで飲んで、ナマオケを歌ったこともある。
バッタンキューで寝る。

林道の通行止めから代車で運ぶ。
00001(2).jpg00001(3).jpg
時々川を見る。大岩が有りここにとどまっていると考えた場所で3日に釣りに来る予定の場所である。
00005(1).jpg
ここから奥へは道がないところに着いた。左奥である。
00006(1).jpg
山に入るために降りていくところを下見に行った。帰りにビデオをセットしてきて入って行く様子をビデオに撮った。
00009(2).jpg00009(5).jpg00009(7).jpg
川を渡りキャンプする場所までビデオを撮った。奥に入る道はなく広いところもないので入り口にテントを張ることにした。
00010(1).jpg00010(2).jpg00010(3).jpg00010(7).jpg
増水時に出来た砂地にテントを張ることにして荷物を出す。そしてテントを張った。
00011(1).jpg00012(1).jpg
汲んできておいた水でお湯を沸かす。
00012(3).jpg00012(4).jpg
ウイスキーでお湯割りにする。
00013(2).jpg00013(3).jpg
天地自然に乾杯する。
00013(4).jpg
刺身は持ち込みのサーモンとブリの柵である。
00013(6).jpg
暗くなることには気分がよくなりまた乾杯する。たき火だけで暖かい。
00015(2).jpg00015(5).jpg

at:隠居宅