やっと来たエゾイワナ

昨夜は阿賀野川阿賀川鶴沼川支流に入った。
林道ドンドン入っていく。
川を見ながらではあるが渓相が良くない。
一枚岩の上を流れている川である。
洗濯板の上を流れているように者である。
落ち込みがないし岩もない。
別の川に変えようかとも思ったがすでに暗くなりかけている。
釣る場所を探せばあるだろうと源流に泊まる。
晩酌が終わっても電波が届かないので釣り動画を整理する。
そして早々に寝た。
夜中に起きると真っ暗闇でなんの音もしなくシーンと静まり返っている。
朝小鳥の鳴き声で目が覚める。
朝食を食べ釣りに降りていく。
降りていくところは釣り人の足跡がかなりついている。
洗濯板のような川を歩きながら釣り場所を探す。
やっとここならいるかなと思うところがあった。
ビデオをセットしここに居なければ居ないと釣り始めるが来ない。
すぐそばにある支流に入る。
こちらの方が釣り人が入らないだろうと思った。
ところが釣り始めると釣り人の足跡がある。
こんなところまで釣っているのかと思った。
それでも釣り上っていると目の前でさっとイワナが逃げた。
ワシの雰囲気が分かって逃げたようである。
すれているなと思う。
ハリを小さいのにする。
釣りあがるが来ない。
釣りあがっていると山の方に道らしきものがあるのが分かる。
下りは楽だなと思うと更に釣りあがる。
段々とブッシュが有り遡行が厳しくなる。
そして念願のあたりが来た。
岩に隠れようとするので引っ張り出そうとするとハリが外れてしまった。
小さいハリの欠点である。
その後は来ないし熊笹が生い茂ってきたのでふとそばの水が少し流れている支流を見ると上の方に土管が見える。やっぱり道があると終わることにして上がっていく。
草が生い茂っているが道があった。
2時間ばかり釣りあがったがこの道のおかげで10分程度で降りてこれた。
地図を見て再度本流で釣る所がないか調べる。
曲がりくねったところがある。
このようなところは岩が多くえぐれているところがある。
移動して釣り始める。
矢張り一枚岩である。
ちょっと良いなと思うところがあった。
慎重に釣るとやっとエゾイワナを釣ることが出来た。ボウズにならなくてよかったと思う。
川の中を釣りあがる。
そして高い砂防ダムがある。
見ると落ち込みが深そうで良い場所である。
ビデオをセットして釣り始める。
釣っていると流れてくる餌をイワナが捕っている。
そこにイクラを流すが食わない。
すれているのである。
少し近くに行こうと思って移動する。
結構大きいイワナが泳いでいるとおもった途端逃げてしまった。
かなりすれているなと思う。
釣ってみたが来ない。
1時間半粘ってもイワナは来なかった。
かなり釣り人が入っていると思う。
終わりにして引き上げてきたが道がつている。
今日は一匹エゾイワナを確認しただけとなった。
これから会津若松に買い物に行く。
明日は阿賀川の支流に入る予定である。

やっと釣ったエゾイワナである。
DSCF0602.JPGDSCF0604.JPG
最初本流を釣るが来ない。
MAH00912(2).jpg
本流を歩いていると支流がある。これに入ることにする。
MAH00913(1).jpg
支流も一枚岩であるが段々と渓流らしくなる。
MAH00914(1).jpg
落ち込みを釣るが来ない。
DSCF0596.JPG
熊笹が生い茂って登れなくなった。
DSCF0598.JPG
終わりにして山道に出る途中で熊笹のタケノコがある。
DSCF0600.JPG
山道かと思ったら車が通れるくらいの道である。入渓もむつかしくなく帰り道があると分かれば釣り人は入る。
DSCF0601.JPG
砂防ダムであちらこちら1時間半も粘ったが居るには居たが来なかった。
20200530221337(3).jpg20200530221337(4).jpg20200530221337(5).jpg
帰り道蛇だと思ったが動かないようだ、近づくと死んでいる、車に敷かれたと思う。
DSCF0608.JPGDSCF0611.JPG
5月30日の阿武隈川源流の釣り動画を整理したのでアップする。(約6分)


at:阿賀野川阿賀川鶴沼川支流記す
会津若松市内アップ