ボウズ

昨日は北上川の源流に向かった。
ところがどれが源流かわからない。
源流は東北新幹線、東北本線、国道4号線と通っており、意外と平らなところである。
岩手町となっており民家が沢山ある。
どの川を見ても水路のように流れている。
源流と思うところを目指した。
いわて子どもの森というところがあったのでそこの従業員に北上川の源流はどこか尋ねる。
すると川の道というところがあるそこと思いますという。
地図をコピーしてもらい、向かう。
支流と思って入りかけたところのようである。
入っていくと北上川源泉となっている。
公園のようになっている。
看板があり「弓はずの泉」となっており、平安時代天喜五年(1057年)戦乱が続いている時、炎暑が続き水不足となり兵馬が困っている時。源の義家が弓の「弓はず」で岩を突っついたところ水が出てきたという。これが北上川の源泉と言われるようになったとある。
湧水で水車を回している。
北上川の他の支流も調べるがどこもなだらかで釣りにならない。
北上川の源流はあきらめ、明後日予定している久慈川に向かうことにした。
移動途中で遅くなり腹が減ったので馬淵川の支流である元町川の源流の空き地に泊まる。
朝起きると折角だから元町川を釣ることにした。
藪漕ぎしながら降りていく。
川の水量は良いがなだらかである。
ポイントを探しながら釣りあがる。
足もとの浅いところからイワナが逃げた。
居るのかなと思いながら釣り上がるが来ない。
釣り人が入った形跡はないのでどうしてかなと思いながら釣る。
ポイントで泳いでいるイワナが居た。
そっと上流からイクラを流す。
イクラが近づくとさっと逃げてしまった。
すれているというよりイクラには重りが付いているので流れがおかしいと気づいたようである。
良いポイントがある。ここに居なければ居ないと思うところを釣るが来ない。
もっと上流に上っているのかなと思い。引き上げる。
車で上流に移動してこのあたりかなとブッシュをかき分け入っていく。
がっくりである。熊笹が両岸にびっしり生えていて遡行が出来ないのである。
引き上げる。
9時だが次を釣る気がしなくなったのと買出しがあるので終わりにする。
明日は久慈川の支流を目指す。

北上川の源泉の説明がある。
DSCF1487.JPG
湧き出た水で水車を回している。
DSCF1489.JPGDSCF1490.JPG
元町川の源流を釣るが来ない。
20200704184115(1).jpgDSCF1501.JPG
良いポイントがある。ここに居なければ居ないと釣るも来ない。
DSCF1504.JPG
上流に移動して降りて行ったが熊笹がびっしり生えていて釣りにならない。
DSCF1506.JPG
みずの大きいのがある。小指位である。
DSCF1505.JPG
at:元町川源流

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

桂浜の龍馬
2020年07月05日 15:16
貴兄の釣りキチには頭が下がります。当方はゴルフ、農作業、自給自足の生活ですが釣りに命を掛ける貴方を心から尊敬します。
釣り好き神子
2020年07月05日 16:07
別に釣りキチとは思っていません。
イワナの生態を調べているだけです。
少しは老後の楽しみになっていますが退屈するよりはいいと思っています。