アメマスのような老イワナ

昨夜は久慈川の支流の戸呂前川に泊まった。
朝起きると少し歩けば小さい支流があるのでそこを釣ることにした。
支流までの道はしっかりと釣り人の足跡が有り楽には入れる。
通常のポイントは釣り人に釣られていないだろうと違う場所を釣る。
特に老イワナが隠居していそうな場所を狙う。
するとすぐに老イワナが来た。
パーマークが無いのである。
まるでアメマスである。
でも小魚を食べるようなダム湖もないし、年を取ったイワナがパーマークが消えたものである。
釣り上がる。
久しぶりに渓流釣りをしている気分なる。
イワナ好みの渓である。
隠居場所と思うところを釣っても若いのが来る。トウホクイワナである。昼寝でもしていたのかなと思う。
上流に行くと魚影が出てきた。
足もとからさっと逃げる。
泳いでいるとイクラを流すと流れがおかしいと逃げてしまう。
この隠居場所にいると狙う。
イクラを入れると出てきたのは予想外の正面だった。
顔があってしまう。
しまったと思ったがイクラのところまで来たが引き返していってしまった。
結構大きい老イワナであった。
それでも4匹確認した時9時になったので下流の本流を釣ることにして下る。
戸呂前川は水量が多く渓流と言うより渓谷と行ったほうが良いくらい岩で囲まれている。
ただし、イワナ好みではない。丸い石でできているため隠れるところがないので雨で増水すれば流されてしまう。
ポイントと思うところを粘る。
20分するとトウホクイワナが来た。
11時まで粘って後がこないので終わりにした。
明日は川尻川を目指す。
あまり大きくはない川であるが20年くらい前のサラリーマン現役のころ北海道への釣行で八戸からフェリーで渡るのに時間があったので釣ったところである。
この時はアメマスが来たのである。
その後どうなっているかを確かめることにした。

支流で隠居場所を釣ると来た。
DSCF1519.JPGDSCF1511.JPG
パーマークがないイワナである。
DSCF1512.JPGDSCF1516.JPG
2匹目である。
DSCF1528.JPGDSCF1522.JPGDSCF1523.JPGDSCF1524.JPG
3匹目である。
DSCF1529.JPGDSCF1530.JPGDSCF1531.JPG
4匹目である。
DSCF1534.JPGDSCF1535.JPGDSCF1536.JPG
ここに居なければ終わりにすると決めて釣るも来ないので支流を止める。
MAH01061(1).jpg
戸呂前川に下ってきて釣る。
20200705213948(1).jpgMAH01063(1).jpg
撮っているつもりのビデオがとれていなかったがトウホクイワナが来た。
DSCF1541.JPGDSCF1542.JPG
支流で高巻く時つかんだ棘のある植物、夢中で藪漕ぎしているとのバラをつかむこともある。
DSCF1540.JPGDSCF1539.JPGDSCF1546.JPGDSCF1545.JPG
みずを鹿が食べている。
DSCF1520.JPGDSCF1521.JPG
昨日東京築地からイクラを取り寄せた。
DSCF1508.JPGDSCF1509.JPG

at:戸呂前川記す
   道の駅「おおの」(洋野町)アップ