イワナ釣りの研究

昨日は雄物川の支流の役内川の源流に向かった。
途中時間があるので秋ノ宮温泉郷により秋ノ宮山荘の温泉に入った。
さて源流を目指したが旧国道は閉鎖されて入れない。林道を入っていく。何か工事をしている。嫌な予感がする。
思った通り目指した支流には工事中に付き関係者以外は通行止めで入れない。本流はと見ると林道には草木がいっぱいで車どころか人も入れない状況である。
しからば新国道で奥に入り目指す砂防ダムに降りられないかを見に行く。
国道で作ったコンクリートの絶壁で降りるところがない。
降りるとすれば先ほど草木で一杯だった林道を少し下ると降りられそうである。
ともかく国道から砂防ダムを探す。見つかった。
でも落ち込みが小さい。
しかし、よく見ているとイワナが泳いでいるのが見える。
でも釣りに降りて近づくとみられて逃げられるところにいる。
役内川の源流はあきらめ次に予定しているところに移動し始める。
途中の県道が通行止めで迂回することになる。
目指した最上川の支流のTS川源流近くに来た時は19時になっている。
腹が減ったので近くの空き地に泊まった。
朝起きると今にも雨が降りそうな天気である。
県道沿いなので車が沢山通っている。
釣り始める。
しばらくは来なかった。
ポイントに入れるとイワナが逃げる。
ここもすれているのかなと思う。
でも次にはトウホクイワナが来た。
先ほどのはいくらの流れが自然ではなかったからだと分かる。
良い落ち込みがある。ビデオをセットして釣る。
釣っているとワシを見に来たかのように目の前を通過する。
釣るなら釣ってみよと言わんばかりである。
良し釣ってやるぞと仕掛けを小さくする。
そして20分くらい粘って釣りあげたのである。
詳しくはビデオを見ていただきたい。

なだらかな川なのでポイントを探しながら川の中を歩く。
雨が降る中釣り上がっているとポイントがある。
しばらくするとトウホクイワナが来た。
まだ居そうなので下流にリリースした。
続けて釣っているとツンと当たりが来たまだいる。
ショックが少ないので又来ると釣っていると下流からイワナが入ってきた。
新しいイワナかなと思ったが先ほどリリースしたのがもどってきたみたいである。
目の前をあっち行ったりこっち行ったりして見えるところを急いで泳ぐ。
そして岩陰に入ってしまった。あそこが住処だなと思う。
まるっきり釣れなくなった。
やばいぞと居たイワナに教えたようである。
小さい川で見えるイワナを釣るのはむつかしいがイワナの動きを調べるのは面白い。
9時半まで粘ったが来ないので終わりにした。
明日は最上川の支流DS川の源流を目指す。

初めのうちは来ない。
DSCF2459.JPG
ポイントでいくらを入れた途端に逃げられる。
DSCF2446.JPG
次のポイントを慎重に釣ると来た。トウホクイワナである。
DSCF2453.JPGDSCF2447.JPGDSCF2448.JPGDSCF2449.JPG
良い落ち込みでビデオをセットして釣る。粘ってトウホクイワナを釣る。
20200806191245(1).jpg20200806191245(2).jpg20200806191245(4).jpgDSCF2454.JPGDSCF2455.JPG
小さい川で釣るのも面白い。
DSCF2469.JPGDSCF2462.JPGDSCF2463.JPGDSCF2464.JPG
近くの休耕田にある蓮の花である。
DSCF2475.JPGDSCF2478.JPGDSCF2481.JPGDSCF2482.JPGDSCF2484.JPG
役内川の支流は通行止めになっている。
DSCF2431.JPG
本流の林道は草木で一杯で行けず。
DSCF2435.JPG
国道から砂防ダムを見る。イワナが泳いでいるのが見える。無理していくのはやめる。
DSCF2436.JPGDSCF2439.JPGDSCF2440.JPG
秋ノ宮山荘の温泉に入る。
DSCF2424.JPGDSCF2426.JPG
玄関わきには50㎝くらいの大きいイワナを飼っている。
DSCF2428.JPGDSCF2429_edited-2.jpg

at:尾花沢市内

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント