3月3日

3月3日の日記
朝6時に起きる。
昨夜は冷え込んだ。
雨が降った後満点の星空のようないい天気になったので放射冷却で冷え込んだと思う。
テントの中のペットボトルの水がシャーベット状ではあるが凍った。
寝るのにはありったけの物を着て寝たので差し支えなかった。
朝食を食べ7時過ぎに釣りに出かける。
今日はテントより下流の本流を釣る。
昨年はその前の年の台風で流されていて全然釣れなくボウズであった。
今年は戻ってきたかを調べることにする。
最初の立派な落ち込みを釣る。
粘ったが来ない。戻ってはいない。
というのもすぐ下流に二つ砂防ダムがある。
魚道がないために戻れないと分かる。
すぐ下流の砂防ダムを見るが居そうな雰囲気であるがこの下流にある砂防ダムは落ち込みが岩でできている。
これでは簡単に上れない。居ないと判断する。
下流にある落ち込みが岩で滝つぼはないがすぐ下流に深みがある。
今まで釣りに降りたことはない。
見ると下流に大岩が有り、昨年帰るときにイワナが泳いでいた場所である。
釣ってみることにして降りていく。
深みを見たがすり鉢に近いような場所でイワナが隠れる場所がない。
餌を取る時期になると居ると思うが冬場は居ないと思った。
でも、折角降りてきたからと釣ることにした。
30分粘ったが来なかった。
大岩の所を釣りながら下る。
下流に昨年の帰りにやはりイワナが泳いでいたところがあるのでそこを釣ることにした。
ところがそこに行くと先人が釣っている。
釣れましたかと聞くと寄っては来るがいくらを食べないという。
解禁日前にここにも釣り人が入ったのかなと思う。
その人がいなくなれば釣るつもりだったがその人は粘っている。
何処から降りたんですかと聞くとすぐ下流だという。
がんばってくださいと挨拶をして林道に上がる。
そして降りたというさらに下流にある昨年も釣った大岩まで下る。
大岩の所は昨年と様子が少し変わりイワナ好みの場所になってきている。
岩陰や洞窟のようになった奥へ提灯釣りを突っ込み釣ってみるが来ない。
最初の所でさらに粘っているとリリースサイズのイワナが来た。
子どもがいるということは親も居ると思う。
ここまでは戻ってきていると思った。
その後も粘ったが来ないので12時半に終わりにする。
昼食を食べ昼寝をしたのは15時近くなっていた。
16時半に起きたき火をして晩酌を始める。
気が付いたら持ってきていたウイスキーが無くなっている。
四日間で700ml飲んだことになる。
ウイスキーを少し残し、イワナの供養をするために川に降りていく。
安全に釣りを楽しめたことに感謝し、イワナを殺傷したことを詫び、イワナの繁殖を願って祈りを捧げ、ウイスキーを川に流す。
これで今回の釣りはおしまいですと天地自然の神様にお礼のお祈りをする。
そしてこの夜変わった夢を見ることになる。

最初の立派な追い込み来なかった。
MAH01473(1).jpg
2カ所目の砂防ダムの下流にある深みを釣るが来なかった。
MAH01476(1).jpg
最後に大岩の陰を釣る。
20210302232247(2).jpg
洞窟のようになった場所に突っ込んで釣る。
20210302232247(5).jpg
大岩の陰で粘っているとやっと小さいイワナが来た。
DSCF4629.JPG
最後の夜に乾杯する。
MAH01478(1).jpg
反省と今後の計画を考える。
MAH01478(3).jpg

at:隠居宅

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント