のべ竿でイトウを釣る

今朝もまだ寒い。今日は海アメマスを釣ることにしていた。
朝食後海に行くと冷たい東風が強く海はあれている。
河口のほうには土曜日とあって釣り人が居る。
普段働いている人達であろう。
毎日がサンデイのワシは遠慮することにして風も影響の少ない山の中に入ことにした。
サロベツ川の上流に向かう。後で釣ることにしていたところである。
目指したところに1時間くらいかかって着いた。岩の下流にえぐられてできた結構広い深みがある。7時半から釣り始める。
大物でイトウ、ドナルドソンニジマス、ウグイ狙いである。
本流竿を使う。ハリスは3号の通しである。
1時間ばかり粘っていると来た。
グングン引き込む。大きい。
新しく買った本流竿、デングスの3号を考えながら竿を操る。
上げてみると60cmのイトウである。
のべ竿でイトウを釣ったのは初めてである。
今回の一つの目標を達成した。
更に釣っていると下流から3人連れのルアーマンが上がって来る。川の中をじゃぶじゃぶ歩きながらである。あれでは釣れないなと思っていたらこともあろうにワシが釣っている深みにまで入ってルアーを振り始めた。それはないだろうと言おうとしたら止めた。
ルアーを振り込むのは良いとしても水中に入られては魚が逃げてしまう。
「水中では音の伝達が良い。したがって水中を歩けば魚はすぐ気が付く。ルアーやフライマンが水中に入り釣っているが先ず釣れないと思う。魚は水中を歩く音が聞こえるだけでなく人の足が見えるのである。」
3人連れが居なくなって1時間はだめだろうとあきらめた。
50分くらいすると小魚が餌を取り始めた。やっと自然に戻ったと釣る。
そして1時間後に来たのである。
ものすごい引きである。
右に左に走る。
上げてみると50cmのドナルドソンニジマスである。
11時まで釣って今日は終わりにする。
豊富の町に買い物に行く。不便であったがホームセンターで折りたたみの椅子を買った。
豊富温泉に入る。380円である。
明日は日曜日なので山の中にいることにする。

来たぞ!タモに入りきらない。浅瀬に寄せ手でつかむ。
画像
画像

タモに入りきらない60cmのイトウである。
画像
画像

ポーズを撮る。丁寧にリリースする。
画像

また大きい当たりが来た。ドナルドソンニジマスである。
画像
画像


at:サロベツ川

"のべ竿でイトウを釣る" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント