イトウを釣った

昨夜は風雨が続き朝もまだ降っている。
車内温度は8℃である。
外を見ると東風が吹いている。
昨夜かなり雨が降ったので河川は増水、濁っている。
などを考えどこを釣るか検討する。
クッチャロ川を釣ることにした。予定に入っているところである。
上流にクッチャロ湖があるが流れ込む河川はそんなに大きいのがない。したがって増水はするが濁りはないと判断した。
7時頃着いて川を見ると予想通り増水はしているが濁りがない。
かなりの増水である。通常の倍くらいあるのではないかと思うほどである。
普段は流れはあまりないがかなりの速さで流れている。
釣る場所に背丈以上のイタドリが生えている。
雨が降る中釜で釣る場所を作る。東風なのでイタドリの陰に入れば風には当たらない。
増水で川の流れが速い。流されないように三角錘に仕掛けを直す。
そしてサンマで釣り始める。
ところがポイントと思われる流れに入れると三角錘でも流される。止まったと思うが多分どこかに引っかかったと思い上げてみ見ると案の定根係して仕掛けが切れてしまう。
仕掛けを作り直し少し流れの緩いところにする。
他の2本も根係し、やっと釣り始めたのは9時になっていた。
5つも仕掛けを失ってしまった。
1時間半ばかり待つと一番手前に来た。
上げてみると65cmと小さいが肌のきれいなイトウである。
更に11時頃同じ竿にあたりが来た。
今度は大きい。簡単には上がらない。
タモに取り込んでみるとどっしりと重いピンクの婚姻色の残る雄の90cmのイトウである。
潮カレンダーを見ると14時が満潮である。
流れが少し緩やかになってきた。
まだ釣れると思うが12時まで釣り濡れて寒くなったので終わりにした。
これから浜頓別の町中にある風呂に入り風が止んだので町の駐車場に泊まる。
明日は天気を見てから決める。

65cmのイトウである。
画像
画像

二匹目は90cmのイトウである。暴れるので抱っこした。肌が少しあれている。老体なのである。
画像
画像

イタドリを刈り取って釣り場を作る。下流側と上流側。上流側の奥にクッチャロ湖がある。
画像
画像

イタドリで風よけとはいえ隙間風で寒い。傘で風邪をよける。
画像


at:クッチャロ川

"イトウを釣った" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント