海アメマス、イトウは来ず、カレイが来た

天塩川の河口から1kmくらいのところの海で海アメマスを狙った。
風が斜め前から吹いている。
ウキで釣るのはむつかしいが釣ってみる。ウキを投げ込み潮の流れに合わせてテングスを緩めるのであるがそのテングスは波にもまれるのである。
7時~10時まで釣ったがアメマスか来ず、餌のキビナゴが無くなった。
終わりにして天塩川のほうに移動して11時頃からイトウを釣る。
しばらくして少し鈴が鳴る。イトウではないなと思いながら上げてみると35cmのカワカレイである。
続けてまたカワカレイが来た今度は45cmと大きい。
タモに2匹になった。キープすることにした。
しかしその後数回あたりが来たが合わせられなかった。小さかったようである。
14時に終わりにする。
カレイのはらわたを取り自宅に送ることにした。
スーパーで食料、ホームセンターでウエーダーに穴が開いたのでふさぐための用具を買う。
ヤマト宅急便に行く。
頼んでおいたキビナゴがまだ届いていない。15日の夕方頼んだがまだである。高知県の宿毛から取り寄せるので田舎から田舎までなので日数がかかるようである。
カレイを送る。
キビナゴが来ればまた遠別町の海でアメマスを釣る予定であったが駄目なのでイトウを釣ることにした。
しかし、天塩町には餌のサンマを売っているところがない。遠別町まで車を走らせ買いに行く。
そして引き返し、天塩川の左岸側を釣ることにして釣る場所を探し、19時頃ここで釣ろうというところに着いた。
晩酌すると昼寝をしなかったので眠くなった。ちょっと横になり寝てから日記を書いている。

釣りに入って行くスタイルである。やっと背負うくらいの重さである。
画像

天塩川の河口近くの海でアメマスを釣るが来なかった。
画像
画像

天塩川でイトウを釣る。
画像

35cmと45cmのカワカレイである。
画像
画像

天塩川で釣る場所を探しているとキタキツネの子どもがいた。怖がりもせずこちらを見ているまるで子犬のようである。
画像


at:天塩川河川敷
午後から少し雨が降りだしたが今は本格的な雨となっている。

"海アメマス、イトウは来ず、カレイが来た" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント