イトウの103cmとカワカレイ9匹

昨日探しておいた天塩川の河口から300m位の所の川で釣った。
釣り始めると重りの沈み具合で手前は3m程度であるが少し沖合になると5~6mと深い。
深すぎると思った。
しかし釣ってみないと分からない。
7時から釣り始める。
しばらくするとカワカレイが来出した。
イトウ狙いの仕掛けなのでなかなか合わせられない餌のサンマだけ取られる。
小さい仕掛けにしてカレイ専用にしようかと思ったが小さい仕掛けではイトウが来ては釣り上げられない。
初心貫徹で大きな仕掛けでイトウを釣り続ける。
それでも時々カレイを釣り上げる。
用意した10匹のサンマがカレイを相手にしていて少なくなってきた。3切れに切っていたのを4切れにする。
そしてついに昼過ぎにイトウが来たのである。
またカレイかと思って竿を持つと様子が違う、イトウだとわかる。
グングン引く川は広いのでドラッグを緩め泳がしながら弱って来るのを待つ。
タモに取り込む。
ずっしりと重い。
103cmの雄である。
その後もカレイが来たが14時にサンマが無くなったので終わりにした。
カワカレイも30~45cmで9匹釣っていた。
カワカレイは自宅に送った。
明日は河口で海アメマスを一本竿で釣ることを考えている。

103cmのイトウである。
画像
画像

寒くはないがイトウが暴れるので抱っこして写真を撮るため合羽を着る。
画像

丁寧にリリースする。もっと大きくなれと声をかける。
画像
画像

カワカレイである。30~45cm。
画像
画像

9匹釣った。
画像

立っていたり座ったりしながら釣った。
画像


at:天塩川

"イトウの103cmとカワカレイ9匹" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント