釣る場所の失敗

昨夜は別寒辺牛川の下流にあるカヌーの中間地点の発着場に泊った。
朝起きると発着場所を見る。潮が引いていて浅くなってきている。
矢張り厚岸湖に流れ込むところに行くことにした。
釣り仕掛けを見ると使いっぱなしで仕舞うものだから針がさびてきている。
イトウの釣り仕掛けを作り直す。
準備ができると釣る場所を探す。川沿いを鉄道が走っているが国道44号線からは遠い。
草が伸び放題の上湿地帯である。
鉄道敷を歩いて下流に行こうと思ったが線路敷を歩くのは危険のため禁止との看板がある。
歩くのが大変と、国道が川に近いところを選び、釜だけ持って線路を横断し入って行く。
背丈より伸びた草をかき分けたどり着いたが濁っているため深さが見えない。
草をかき分け移動しながら川幅が狭くなっている場所を選んだ。
川の流れは対岸近くである。ちょっと気になる。
車に帰り仕掛けを背負って入って行く。
サンマの切り身を使ってイトウを狙う。
先ず岸辺の深さを調べる。浅い。ちょっと沖も浅い。
投げ込んでみる。浅いかなと思う。
沖合だから深くなっているだろうと3本投げ込んだ。
そしてウキ釣りでアメマスを釣ろうとしたらウキを持ってきていない。
車に取りに行く。
キビナゴを使いウキを投げ込む。
ウキ下50cmとしたが川底についている。
30cmに直して投げ込む。やっとウキが立って流れ始める。
しかしすぐ止まる。
なんと30cmで重りが引っかかってしまうのである。
川幅の手前半分は浅いのではないかと判明する。
すぐ釣るのを中止した。
厚岸湖で釣ることにして移動する。
町の中の護岸から厚岸湖を見て驚いた。
引き潮のせいもあるがかなり広い範囲で砂地が見えているのである。
湖全体も浅いということが分かった。
既に9時を過ぎており釣りの戦力を失った。
湿地帯を歩いたせいもあり疲れたのである。
釣るのを止め車で横になると1時間ばかり寝てしまった。
昼前に起きたが釣る気がしない。
明日釣る場所を探すことにした。

カヌーの中間点の発着場を見るがカヌーの出入りの後もあり浅いようである。
画像

浅いかなと思いながらも釣り始める。ウキ釣りを始めて川の中ほどまで浅いことが分かる。
中止する。
画像
画像

厚岸湖を見る。左の映像は川が流れこんでくるところで水が濁っていてよくわからないが深そうである。しかし、右の映像は海への出口の方であるが分かりにくいが半分くらい地面が出ている。
画像
画像


at:厚岸湖

"釣る場所の失敗" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント