折れた竿でイワナ

昨夜は宮川の源流にある支流に入って19時を過ぎたので入り口に泊まった。
朝起きると源流を目指す。
いつものように止まっては釣る場所がないか探す。どんどん入っていくといつのまにか水が少なくなっている。
支流があったのでそこから水が少なくなったんだと来すぎたかと下る。
下りながらも釣り場所を探していると道から見えるところにポイントがある。
車から降りてみていると結構良い型のイワナが泳いでいる。
良し釣るぞとそーっと近づき釣り始めると岩陰に隠れてしまった。
ワシに気が付いたのであろう。
見えているイワナは釣れないになってしまった。
支流に着く支流を見るとまずまずである。
ただし、ブッシュで覆われている。
覚悟のうえで降りてゆき釣り始める。
来ない。
釣りあがっていると砂防ダムが見え始めた。
ところが河原を歩いていると踏んだ石が崩れて転んでしまった。
転んだ瞬間に竿を離すようになっている。
昔はつかんだまま転び良く竿を折った。
竿を離したのは良かったが離した竿の上に手をついてしまい、竿が折れてしまった。
リュックにたき火の時の着火剤としてガムテープを持ってきているのでガムテープで添え木をあてがい修理する。
竿の出し入れができなくなったが釣るのには問題ない。
砂防ダムで釣り始め、粘っているとイワナが来たのである。
砂防ダムの上流に行ってみることにする。
結構高い砂防ダムであるが、高巻くところを探すが誰も通った形跡がない。
何とか上流に上がる。ブッシュがなおひどくなる。
釣り人が入った形跡はない。
しかし、ポイントを釣りあがるが来ない。
11時まで釣って終わりにする。
何故いないのかなと考える。
〇昔は居たと思うが釣り切られてしまい、居なくなったので釣り人が入らなくなった。砂防ダムに居たのは本流のイワナが上ってきたのであり、高い砂防ダムを上れなくとどまっていたということになる。
〇もし居るとなるともっと源流に上っていると思う。水量はまだ多いのでこの水量の三分の一くらいになるところまで行けば居るかもしれない。
下ってきて本流のポイントをちょっと釣ってみた。
来ない。水が多い上に流れが早すぎると判断した。
釣っていると2台車が通った。結構釣り人が入っているようである。

折れた竿で砂防ダムを釣る。
DSCF0880.JPG
イワナを釣ったぞ。
DSCF0879.JPGDSCF0874.JPGDSCF0875.JPGDSCF0876.JPG
折れた竿、ガムテープで修理した。
DSCF0871.JPGDSCF0873.JPG
砂防ダムの上流を釣りあがるが来ない。
DSCF0869.JPGDSCF0882.JPG
ここに居なければイワナは居ないというポイントを釣ったが来ないので終わりにする。
20190906221936(2).jpg20190906221936(3).jpg

at:富山市道の駅「細入」

ボウズと白川郷

昨夜は庄川の源流にそのまま泊まった。
起きると下流にある御母衣湖に向かう。
昔この湖に流れ込む支流でイワナを釣ったのを思いだしたからである。
7時について支度して支流に入っていく。目指すはちょっと奥に入ったところにあった滝の落ち込みである。
着いてみると流れが変わり滝つぼが変わっている。
小さく、深くなっているのである。
流れが早すぎるかなと思いながらも釣り始める。
3カ所を1時間半ばかり釣ったが来なかったのである。
アマゴらしきものが流れてくる餌を捕っているが来ないのである。
入りやすい場所なので釣り人が入っていると思う。
下流にあるポイントを釣ったがこなかった。
9時半に終わりにして白川郷を見ることにした。
白川郷の脇は2度ばかり通っているが釣の方に夢中で見たことが無かったのである。
今度で最後になるかもしれないので見ることにした。
平日と言うのに沢山の見学者が居る。駐車場が観光バスを始め乗用車で満杯に近い。
ほとんどが言葉を聞いてもわからない外国人である。
見てもすぐ忘れるのでビデオに収めた。後ほど整理してYouTubeにアップすることを考えて居る。
11時頃から見始めて13時に終わる。
今日は久しぶりに晴れになり30℃近くまで上がったようで暑かった。
今後の予定を変更することにした。
中部地方の釣は9月10日までとし、11日に移動日にして12~14日にかけて神奈川県、山梨県にある管理釣り場に行くことにする。
中部、北陸で皆さんへの土産用のイワナを釣ることを考えて居たがまるっきり釣れない。
そのために管理釣り場で釣って帰ることにしたのである。

御母衣湖に流れ込む支流に有る滝つぼを釣るが来なかった。
20190905200143(3).jpg20190905200143(2).jpg20190905200143(1).jpg
白川郷は後ほどビデオを整理するが一部を掲載する。白川郷である。
DSCF0842.JPGDSCF0838.JPG
明善寺と言う寺がある。
DSCF0803.JPGDSCF0804.JPG
その隣に住職の住まいを利用した明善寺資料館がある。お寺で使っていたものと言う。懐かしものが沢山ある。
DSCF0815.JPGDSCF0817.JPGDSCF0813.JPG
住職が使っているという囲炉裏に座らしてもらった。
DSCF0836.JPG
水路があちこちを流れているが60㎝くらいの大きいニジマスが泳いでいるところがある。
DSCF0846.JPG
展望台まで上がってみた。全景が見える。
DSCF0853.JPGDSCF0856.JPG

at:道の駅「白川郷」

たまたまの一匹イワナ

9月5日の日記
昨日は高山で買い物をして釣りは庄川にしようと移動をした。
中部縦貫道(高山清美道路)の無料区間を使う。
途中19時半になったので道の駅「ななもり清見」に泊まった。
朝起きると庄川の源流に向かう。
源流に着いたと思ったら1台、また1台と車が止まっている。
釣り人だと思う。
その先に進む、1kmくらい進んだところで舗装工事のため通行止めになっている。
1km離れているからここから釣ることにして支度をしていると車が一台入ってきた。
釣り人だと思うがワシが居たので話もせずに直ぐ引き返していった。
平日でこれだけ釣り人が入るという事はかなり釣り人が入っていると思った。
イワナは居ないかもと思いながらすぐのところから釣り始める。
ポイントをちょっと粘っているとイワナが来たのである。
あれー居るのかなと期待する。
しかし、その後ポイントを釣りあがるが来ないのである。
矢張り釣られていると上流に行くことにした。
9時である。
弁当を持って来なかった。昼までの3時間、片道1時間歩いて釣りを1時間と考えて歩き始める。
歩きながら川を見る。道はなだらかなので川もなだらかである。
ところどころに落ち込みが見える。
30分くらい歩くと支流があった。
本流と支流の水量は同じくらいである。
本流をあと30分歩くよりは釣り人が入らないだろうと思われる道のない支流に入ることにする。
直ぐのポイントを釣る。川底が見えている。
餌を流すが来ない。
ちょっと動いて他を釣ろうとしたらなんと今釣った岩陰からイワナが逃げたのである。
すれているのが分かる。餌を見破っているのである。一番は流れが弱いので重りが付いた餌が自然ではなかったからと思う。
釣りあがるが来ない。釣り人が入っているなと思う。
ポイントから下流にまで流す。下流の岩陰から結構大きいイワナが出てきたと思ったら逃げてしまった。
餌をポイントに入れようとすると小さいイワナが飛びついてきた。
来るかと粘ったが来ない。おかしいと気づいたようである。
すれて居なければ来るはずである。
11時になったので終わりにする。
入渓しやすく、遡行しやすいのでかなり釣り人が入っているなと思う。
通行止めも簡易的なものなので入ろうと思えば入れる。
工事をやっているような感じではない。
最初釣ったのはたまたま居たということになる。

出だし良く良型のイワナが来た。
DSCF0789.JPGDSCF0790.JPGDSCF0791.JPG
その後は来ない。渓相はまずまずである。
DSCF0792.JPG
支流を釣りあがる。魚影は時々あるが見向きもしてくれない。
DSCF0795.JPGDSCF0798.JPG

at:庄川源流記す
道の駅「白川郷」アップ

ボウズ

昨日は釣り終えてから今日釣るための場所を探した。
御嶽山から流れ出る川を探すことにした。
木曽街道ぞいにある幕岩川の源流を目指す。
県道463号線の橋から見る何とかなるかな程度である。
別の所を調べようと走る。布川という川の源流がある。
継子岳への登山口になっている。
ところが奥が深いのに水が少ないのである。
地下を流れているのかなと思った。
これでは釣りにならないと次を目指す。
すると今度はまるっきり水が流れていないのである。
溶岩の下を流れているんだと分かる。
「北海道の利尻島にサケを釣りに行って分かったことであるが利尻島には川がないのである。すべて溶岩で出来た地下を流れており海に湧き出ている。」
どの川も同じである。
濁河川まで来た。飛騨川支流の小坂川の上流である。
この川は温泉が流れているので居ないことは昔釣ってわかっている。
折角来たのだから濁河温泉に入ることにした。
市営の露天温泉がある。500円なり、中はかなり広いし、湯加減も良い。
貸し切りで入る。
管理人と話をする。冬場は閉鎖するという。
一晩で1mくらい雪が降るときがあるという。
道路はほかに旅館などがあるため除雪をするという。
昔は着替え用の小屋が男女別にあっただけで混浴だったという。
標高1,700mに有り日本一高いところにある温泉となっている。
近くにある市営の駐車場に泊まった。
朝起きると下流の方にある所に移動始めたが高度が下がりすぎる。
行ってもアマゴしかいないと思いやめにして引き返し、昨日見た幕岩川を釣ることにした。
ところが幕岩川に降りていくとなだらかでイワナ好みではない上に釣り人の足跡が付いている。
直ぐに終わりにした。
車に帰り地図を調べる。
高山市街地に近くにある青屋川の源流にイワナの表示が出ている。
移動する。
目指したところに着いたのはすでに10時になっている。
小さい支流である。でもイワナは居そうな渓相である。
ところが釣り始めると釣り人の足跡がある。
こんなところにも釣り人が入っているのかと思う。
嬉しいような(釣り人が多い)悲しいような(イワナが釣れない)気分になる。
立派なポイントを釣るが来ない。
一度小さいイワナが来たと思ったが逃げてしまった。
もう一度は釣りあがった途端小さいイワナが手前の浅いところから深みに逃げてしまった。
深みでなく浅いポイントで餌を捕っていることが分かる。
11時半になったので終わりにした。

幕岩川の源流、なだらか過ぎる。
DSCF0777.JPGDSCF0778.JPG
青屋川の支流、良いポイントだが来ない。
DSCF0781.JPGDSCF0782.JPGDSCF0784.JPG
高い砂防ダムがある。落ち込みがない。ここで終わりにする。
DSCF0787.JPGDSCF0786.JPG
昨日調べた河川であるがことごとく水が流れていない。
DSCF0748_edited-1.jpgDSCF0752.JPGDSCF0759.JPGDSCF0761.JPG
御嶽山が見える川も水がない。
DSCF0756.JPGDSCF0758.JPG
反対側には乗鞍岳が垣間見られる。
DSCF0776.JPG
良いところに行こうと思うと通行止めである。
DSCF0751.JPG
濁河川の源流である。温泉が流れており魚は居ない。
DSCF0762.JPG
濁河温泉の市営露天温泉である。広々として立派である。しかし、入り口はちょっと見おとりがする。
DSCF0765.JPGDSCF0769.JPG

at:道の駅「ひだ朝日村」

今日もやっと一匹のイワナ

昨夜は歩き疲れたのか移動する気にならずインターネットもつながるのでそのまま続けて泊まった。
朝起きると別の支流を釣ることにしてどこを釣るか探す。
道のないほうが釣り人が入らないと思い選ぶ。
道がないと釣り終わって下ってくるのは釣りあがったところとなることを覚悟する。
選んだ支流に降りていく。遡行できるかが選定理由になる。
降りられるところには釣り人の足跡がないから期待する。
雨の影響で水量が多い。
そして落ち込みを釣る。
生憎ちょうどよいポイントに倒木がある。
ちょっとずれして釣るが流れが速い。
イワナは居られないなとアマゴ狙いで下流を釣る。
すると流れ出しの中からアマゴが来たのである。
これから下流はアマゴだなと上流に向かう。
しばらく釣りあがるとちょっとしたポイントでイワナが来たのである。
釣り人が入っていないなと喜んだのもつかの間、すぐ上流から釣り人のピンクの目印がある。
そしてなぜか来ないのである。
普段のポイントと思うところは水があふれていて釣りにならない。
退避していると思うところを釣るが来ないのである。
居ればどこかに退避していると釣りあがる。
両岸が岩のところに来た。高巻かなくてはいけないかなと思ったが行けるところまで行く。
するともう一歩届かないところがある。
なんとそこにロープが張ってある。結構ベテランが入っているなと気づく。
釣り人の足跡である。
さらに上流を釣るが上流に行けば行くほど川幅が狭くなり落ち込みは増えるが水があふれている。退避する場所もない。
10時まで釣って終わりにする。
帰りをどうするかを考える。
釣り人が入っているところを考えるとどこかに下るルートがあるはずである。
探してみるが見つからない。
釣りあがって来たところを下るかとも考えたが山が意外となだらかなので山に登り山を下ることにした。高巻くのと同じである。
始めはなだらかだったが急峻なところに来た。
失敗したかと思いながらも引き返すわけにはいかない。
上がったり下がったり滑らないようにするために木のある所を選びながら少しずつ進む。
自分の体を引き上げたり、押し上げたり、ぶら下がったり良い運動である。
そしてやっと平らなところに出た。
車を止めたとき見たところだと思い。下を調べると車の近くだと分かる。
ゆっくりと降りる。そして車に着いた。40分かかっている。釣りあがったところを下っても同じくらいの時間である。
明日もう一日飛騨川の支流を釣る。

ちょっとした淀みを釣る。
DSCF0746.JPG
イワナが来たのである。
DSCF0745.JPGDSCF0742.JPGDSCF0743.JPGDSCF0744.JPG
降りてすぐの落ち込みではアマゴが来た。
DSCF0740.JPGDSCF0741.JPG
落ち込みは水があふれている。真ん中に見える砂地はいつもは出ているところである。
DSCF0747.JPG

at:高根乗鞍湖湖畔

やっと一匹のイワナ

昨日は飛騨川の源流を目指してやって来た。
ところが源流は禁漁区になっているのである。
これで木曽川の源流と共に禁漁区になってしまい釣りが出来なくなってしまった。
揖斐川と長良川の源流は釣れるがイワナが居なくなっており、岐阜県は面白みがなくなってきた。
しかたないので昔釣ったことのある支流を釣ることにして空き地に泊まる。
朝起きると支流を目指すまず10分くらい歩いて釣り始めるが来ない。
釣られているなと思いもっと上流に行くことにして林道を歩く。
車が通れるのだが入り口で通行止めになっている。
1時間歩く。
渓流らしくなったところに降りていき釣り始める。
来ない。
しばらくして退避していると思われる小さい流れを釣ると小さいイワナが出てきた。
ところがイクラを見たら逃げてしまったのである。
すれている。小さいイワナにバカにされてしまう。
更に釣っているとアマゴが来たのである。
こんな源流にまでアマゴが上ってきている。昔はイワナしか居なかった場所である。
イワナが居なくなったのでアマゴが上ってきたのか、アマゴが上ってきたのでイワナはもっと源流に行ったのかとなるが両方の理由だと思う。
いったんやめてまたイワナ好みの場所に歩く。
そして釣っているとやっとイワナが来た。
それも頭のところにまだら模様がある。
中国地方だけではないようである。
帰ってから考察するがアメマスもマダラ模様があるのである。
そしてアマゴも来たのである。段差のある所が所どころあるのでアマゴが上るような渓流ではないと思うが、アマゴの放流でもしたのかなと思うほどである。
釣りあがるが来るのはアマゴである。やはりアマゴを放流したのではないかと思う。
となるとイワナはもっと源流に上っていることになる。
12時になったので弁当を食べて終わりにした。
終って下っていると下流の方で釣り人が居る。
釣れますかと聞くと来ないという。
お互いにだめですねとなる。がんばってくださいと下ってきた。

ポイントを釣るとアマゴが来た。
DSCF0734.JPGDSCF0735.JPG
上流に歩いてやっとイワナが来た。
DSCF0725.JPGDSCF0729.JPGDSCF0726.JPGDSCF0727.JPGDSCF0728.JPG
同じところでアマゴも来た。
DSCF0724.JPGDSCF0722.JPGDSCF0723.JPG
釣りあがっても来るのはアマゴである。
DSCF0730.JPGDSCF0732.JPG

at:飛騨川源流支流

立派な渓流でボウズ

昨夜は無数河川の上流にあるあららぎ湖畔に泊まった。
朝起きると雨がぱらついている。
地図を見て近くにある宮川の源流に入ることにした。
宮川はてっきり飛騨川の支流と思っていたが釣り終わって再度地図を見ると日本海に流れる神通川の支流であった。
入る道は地図上では市道かと思ったがカーナビには県道の表示が出た。格上げされたようである。
ところが上流にある宮川ダムの所で通行止めになっている。
しかたないので途中にある支流に入ることにした。
林道があるようだと入っていくと通行止めである。
しかたなしに入り口に車を止め入っていく。
直ぐのところに大きい砂防ダムがある。
さもイワナが居そうな感じである。
ビデオをセットして釣り始めるが何も来ない。
3カ所を1時間半かけて隈なく釣ったが来なかった。
大雨で流されたのかな、釣り切られたのかなと不思議に思う。
砂防ダムの上流を釣ることにして高巻く。
上流はイワナ好みの良い渓相である。
ところがどこを釣っても来ないのである。
これは釣り切られているか、もっと源流に上ったかだと思ったがすでに10時になったので終わりにした。
終えて林道があるはずだと山に上がる。運悪く熊笹が生い茂る所だった。
熊笹をかき分け林道に上がる。
そして下ってくると通行止めになっているところに車が2台止まっている。
今日は日曜日釣り人かなと思った。
これではいないはずだと思った。
段々と山が深くなる。町まで買出しが大変になる。
高山市内で買い物をして明日は一気に飛騨川の源流に行くことにする。

大きい砂防ダムを釣る。3個所を1時間半釣った。
20190831194055(2).jpg20190831194055(3).jpg20190831194055(4).jpg
釣るのに邪魔な木の枝は取った。
20190831194055(1).jpg
立派な渓相であるが何も来ない。
DSCF0717.JPGDSCF0718.JPG

at:道の駅「モンデウス飛騨位山」

久しぶりにイワナ釣りを楽しむ

8月31日の日記
昨日は下呂市内で買い物をした後飛騨川を上りながら釣る場所を探した。
飛騨川は一昨日までは濁っていなかったが連続の雨で濁流になってきた。
いかに雨が降ったかである。
したがって目指す小さい支流まで濁流になっている。
落ち込みから水があふれ出るように流れている。
イワナはどこに避難するのであろうか。
これを見ても岩のない落ち込みは隠れようがない。
したがってすり鉢状の落ち込みにはイワナは居ないのである。
3か所ばかり見に行ったがすべてだめで、まだ雨が降り続いているので山の中に居ても危険なので降りてきて道の駅「飛騨海道なぎさ」に泊まった。
夜もかなり降った。しかし、夜中頃から雨は止んで朝起きると青空が見えている。
20万分の一の地図を見て釣る場所を探す。河川は書いていないが等高線の具合から調べる。
近くに無数河川と言うのがある。
この源流に行くことにした。
ところがあららぎ湖と言うダム湖の所で通行止めになっていては入れない。
しかたないので途中にあった支流を釣ることにした。
地図ではほとんど気が付かない位の場所であるが水の量はまずまずだし,渓相も良さそうなので降りていく。
先ず橋の下にある。コンクリートでできた落ち込みを釣る。
すぐ来たのは20㎝ばかりのアマゴである。
小さいアマゴが来る。
アマゴ領域かと釣っているとイワナ(今後天然は省略する)が来たのである。
しかし、それっきりで後はアマゴである。
終わりにする。
本流まで釣り下るか、上流に釣りあがるか考えた。
多分下流はアマゴしかいないと判断し釣りあがることにした。
釣りあがるが見た目よりはポイントが良くない。
落ち込みに岩があるので流れが複雑になっているところが多い。
餌取が難しいのである。
それでもイワナが来出した。
イワナ好みの場所がある。
あの岩に隠れているなとイクラを流すとガツンと来た。大きい。
しかし周りは岩が多い。またもや岩に潜られてハリスが切れてしまった。
提灯釣りの欠点である。
10時まで釣って終わりにする。
イワナを4匹、アマゴを5~6匹確認した。
雨も止んだし、水は減ってくれると思う。

コンクリートでできた落ち込みを釣る。
MAH00553(1).jpg
最初来たのは20㎝のアマゴである。
MAH00553(2).jpgMAH00553(3).jpg
DSCF0705.JPGDSCF0706.JPGDSCF0707.JPG
何匹目かにイワナが来た。
MAH00554(3).jpgMAH00554(4).jpgMAH00554(5).jpg
DSCF0709.JPGDSCF0710.JPG
ポイントでイワナが来る。
DSCF0711.JPGDSCF0712.JPGDSCF0713.JPG
こんな小さいのも来た。子供が居ると安心する。
DSCF0714.JPGDSCF0715.JPG
地図上では気が付かなかったがまずまずの渓相である。
DSCF0716.JPG

at:無数河川あららぎ湖畔記す
道の駅「モンデウス飛騨位山」アップ

やっとイワナに会える

昨夜は道の駅「南飛騨小坂はなもも」に泊まった。
雨はほとんど降らなかった。
朝起きて小坂川の流れを見ると少なくなっている。
今日も大洞川の支流を釣ることにして入って行く。
目指した支流の入り口に車を止めて周りを調べると、川の水を引いているホースが沢山ある。下流にある集落で使うためと思う。
点検のためにあるのか道が出来ている。釣り人かなとも思う。
釣り始めるが来ない。
竿をしまって登る。
かなり上流まで続いている。
水を引くホースが無くなったあたりから再度釣り始める。
来ないのである。
まだ足跡が付いている。釣り人と思われる。それも沢山歩いている。
また、少し上流に歩く。
釣り始める。
落ち込みは水の流れが速いので避難していると思うところを釣ると小さいイワナが来た。
普通は大きいイワナが餌を捕る場所である。
という事は親はすでに釣られているということになる。
このままではイワナは釣れないかもしれないと記念写真を撮る。
これが正解である。
後は避難していると思う場所を釣るが来なかったのである。
雨がかなり降っているし、このまま少しくら釣りあがっても来ないと判断し9時に終わりにした。
下りに釣り人の足跡を下っているともっと立派な山道があったのである。
これでは釣り人が入るわけだと思った。
下呂市内に買い物に来たが朝から雨が降りっぱなしである。それも時々激しい雨になる。
減ってきた水がまた増える。釣りにならない。

かなり上流に歩いてやっと小さいイワナが来た。
DSCF0694.JPG
10㎝ほどであるが生まれて2~3年は経っていると思う。
DSCF0691.JPGDSCF0692.JPGDSCF0693.JPG
支流とは思えないほどの水量である。
DSCF0695.JPG

at:大洞川支流記す
下呂市内アップ

激流からやっとイワナをゲット

昨夜は道の駅「南飛騨小坂はなもも」に泊まった。
昨日は釣りの後下呂市により、コインランドリ、買い物を済ませる。
下呂温泉は有馬、草津と共に日本三名泉と言われるので入ることにする。
公衆浴場を聞き、三つある内の駐車場があり、庶民的と言われるところに入った。
料金は370円である。
ただし、入浴料だけなのでシャンプーなどは持ち込みである。
古ぼけた感じはするがサウナまである。
サウナで汗を流すのが好きである。
さっぱりはしたが市内には泊まるところがない。
山に入るには雨が降る予想で心配である。
したがって道の駅にした。
泊まっていると夜通しの雨である。
連日の雨、雨である。
朝すぐわきを流れる小坂川を見ると濁ってはいないがかなり増水して激流になっている。
川の水は減るどころか増水している。
釣りは厳しいと思いながら近くにある大洞川に入っていく。
源流に向かって川を見ながら入って行くが激流が続く。
途中にある支流も見ながらであるが、小さい支流まで激流になっている。
このまま本流を奥に入って行っても水が少なくなる所はないと判断する。
途中のこれくらいなら釣れるかなと思うところの支流を釣ることにする。
小さい支流で増水によりポイントが見えない。
下流の方に少しあるので降りていく。
釣ってみると流れが早すぎる。
3か所ばかり釣ると本流に出た。
本流への流れ込みを釣るとアマゴが来た。
本流を釣ってみるとこにする。
4.5mの仕掛けで重りを多く、ハリも大きいのにして釣り始める。
大物を期待したのである。
直ぐに20㎝ばかりのアマゴが来た。
その後は小さいアマゴが来る。
別のポイントを釣るとやはりアマゴが来た。
イワナは居ないと判断し終わりにする。
支流を釣りあがることにした。
元に戻り山側に釣りあがる。
増水していなければなんてことはない川であるが増水で激流になっているので川を渡れないのである。
ポイントと思うところを釣るが流れが早すぎる。
二つに分流しているところがある。水が少ないほうが普段のポイントのようになっている。
水が少ない時は釣らない場所であるが釣ってみると来たのである。
23㎝の天然イワナである。
本流が激流なので避難していたようである。
雨が降る中、遡行もままならないところでやっと釣った一匹、元気づけにキープして刺身にすることにした。
今回の釣り遠征で初めての刺身になるかな。
釣りあがるがポイントがないので11時に終わりにした。
本来はこのまま山の中に泊まるのであるが雨が降る予想なので道の駅「南飛騨小坂はなもも」まで下りてきた。

本流への流れ込みを釣るとアマゴが来た。
DSCF0682.JPGDSCF0680.JPG
本流を釣ると20㎝くらいのアマゴが来た。
DSCF0683.JPGDSCF0684.JPG
こんなに小さいアマゴが何匹か来る。
DSCF0687.JPG
別の場所を釣ると20㎝足らずのアマゴが来た。
DSCF0690.JPGDSCF0689.JPG
支流を釣りあがる。
MAH00551(1).jpg
支流と言っても激流である。ちょっとの隙間を釣るも来ない。
DSCF0676.JPGDSCF0673.JPG
二つに流れが分かれている水が少ないほうを釣るとイワナが来たのである。
DSCF0671.JPG
23㎝ほどの天然イワナである。
DSCF0668.JPGDSCF0669.JPGDSCF0670.JPG
晩酌の刺身にした。
DSCF0677.JPG
道の駅の脇の小坂川である。激流になっている。
DSCF0664.JPG

at:道の駅「南飛騨小坂はなもも」